グラフが地域活性化事業の支援にデータベースマネジメントと人工知能を活用

地方の観光客取り込みや地域産業のネットワーク拡大など、地方創生を推進する県内企業と自治体のニーズに対し、株式会社グラフ(東京都港区)がアナリティクスサービスによる支援を開始

 ビッグデータ分析や独自のAI開発により事業収益化支援を行う株式会社グラフ(東京都港区)は、地域活性化を目指す企業と連携し、RESAS(地域経済分析システム)活用や位置情報連動データに基づく戦略設計を実施します。


具体的には、各社のデータベース活用を最大化する施策立案と開発実装を提供し、地方創生につながる各案件の成功を支援します。
現在は東北、新潟エリアの観光事業、通販事業、百貨店などの需要取り込みに向けた、地方自治体や地元企業との連携を始めています。
今後は各地方地域の商品・サービスへの、国内外の顧客創出、ブランドロイヤリティ向上に寄与する取り組みを進める予定です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社グラフ
  4. >
  5. グラフが地域活性化事業の支援にデータベースマネジメントと人工知能を活用