ドローンを活用した施設保守点検サービスの開始

空撮映像のリアルタイム配信と高画質映像による施設点検作業の効率化と記録化

~ ドローン空撮映像を施設保守点検作業に活用 ~
株式会社テレインフォ(本社:神奈川県横浜市、社長:小澤広士)は、ドローン (drone)を活用して、橋梁・プラント・建物等の施設や自然環境・災害現場の状況を遠隔地からリアルタイムに指示を受けながら撮影と高画質映像の録画を行う空撮サービスを開始しました。

このドローン活用サービスは、撮影現場のドローンカメラマンから遠隔地へ映像と音声を配信し、遠隔地から細かな撮影箇所の指示を受けながら空撮作業を行います。録画は4K等の高画質で録画を行い、遠隔地へのリアルタイム映像は画質を落とし確実に映像と音声を配信させます。また、配信映像は同時に複数拠点から確認することも可能で、空撮撮影された高画質の映像は、撮影終了後にインターネットのファイル転送や記録媒体にして納品します。
サービスのメリットは、人が直接点検や確認することが難しい箇所でドローンを活用することで安全の向上と作業の効率化を実現させ、さらに空撮撮影現場に居なくても遠隔地から撮影箇所の確認と指示を行うことが出来るところです。
サービスの活用範囲は、施設保守から自然保護管理業務まで広範囲となり、今まで実現が難しかった業務まで適用可能です。ドローンを操作し撮影作業を行うカメラマンは、ドローン活用のプロ写真家ですので、撮影が厳しい現場でも安定した撮影作業が可能となります。

■サービスの特長
・遠隔地からリアルタイムでの空撮映像確認と撮影箇所の指示可能。
・プロ写真家による高品質のドローン空撮作業。
・映像と音声配信は携帯電話網を利用。
・遠隔地用の通信機能付きのタブレットはテレインフォから貸出。
・高画質で録画された空撮データは作業終了後に速やかに納品。

■サービスで使用する機材
・空撮用ドローン:

ドローン本体

・空撮現場用の防水・防塵の映像・音声配信装置:

映像伝送装置

・遠隔地用のタブレットPC と防水・防塵ペリカンケース:
 

遠隔地用タブレット

 

■サービス概要図
 

サービス概要

 

■ドローン操作・撮影作業

ドローン空撮1

ドローン空撮2

■空撮デモ映像




○テレインフォについて

株式会社テレインフォ(本社:神奈川県横浜市、社長:小澤広士)は、2009年2月に設立された届出電気通信事業者(A-25-13286)です。ウエアラブル小型映像配信装置を活用したウエアラブル伝送のソリューションをはじめ衛星通信のソリューションにおいて豊富な実績があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社テレインフォ
  4. >
  5. ドローンを活用した施設保守点検サービスの開始