ゴールドスポットメディア、国内最大規模の動画広告プラットフォームの一つ「TubeMogul」と配信連携

~スマートフォンの動画広告・リッチメディア広告配信在庫拡大~

マルチデバイス向けリッチメディア広告制作・配信プラットフォームを提供する株式会社ゴールドスポットメディア(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、日本法人代表取締役:三谷 幸洋、以下「GSM」)は、新たに配信先として株式会社チューブモーグル(本社:米国カリフォルニア州エメリービル、日本法人代表取締役社長:ブレット・ウィルソン、以下「TubeMogul」)が運営する国内最大規模の動画広告プラットフォームの一つTubeMogulと連携を開始しました。
main image
従来各アドネットワーク事業者様、DSP事業者様、純広告媒体社様と連携を行い、配信できるインベントリーの幅広さを強みにしてきたGSMですが、今回の連携により更に配信先を拡大、リーチ数を増加させました。
この連携により、TubeMogulがグローバルで保有する月間23.6億の動画広告の配信枠に対して、GSMが保有するリッチメディア広告及び動画広告の制作・配信ソリューションを活用し各種動画広告フォーマットに対応した動画広告の配信が可能になります。


■ 株式会社ゴールドスポットメディアについて

ゴールドスポットメディアは、マルチデバイス向けリッチメディア広告及び動画広告の制作・配信ソリューションを提供するアドテクノロジーベンダーです。
HTML5やJavaScriptを使用した多種多様なリッチメディア広告で広告主様のブランドイメージを高め、ユーザーとのエンゲージメント最大化に貢献致します。現在日本国内で20社を越える広告配信事業社様、その他複数のアドテクベンダー様との連携により実現した豊富なインベントリーを強みに、エンタメ・一般消費財・自動車をはじめとした多くのナショナルクライアント様に当社サービスをご活用いただいております。

日本法人 :株式会社ゴールドスポットメディア
代表取締役 :三谷 幸洋
事業内容 :リッチメディア広告制作・配信プラットフォーム事業
所在地 :〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町16-9 DK渋谷ビル6F



■TubeMogul について

TubeMogul社(URL:http://www.tubemogul.com/)は、2007年に創業、2010年には独自の動画ネットワークを展開し、2011年にDSPをベースとしたRTBによる動画広告のターゲティング、最適化、エリア配信、分析検証できるプラットフォームを開発しました。このプラットフォームは、インストリーム動画広告、視聴者のクリック・トゥ・プレイが可能なイン・ディスプレイ・ユニット、スマホやタブレットなど日本におけるヘビーユースに耐えうるアプリ内インタースティシャル広告(ロードされている間に現れる広告)からモバイルWebフォーマットまでを含む各種広告フォーマットに対応します。動画広告配信時には通常通り的確なサイトとリーチしたい視聴者を選択しターゲティングを明確にします。そのバックグラウンドでTubeMogulのブランドセーフティが作動し、不適切なコンテンツページやオートプレイをブロックし、ブランド価値を保護します。
2014年7月にTubeMogul Inc. はNASDAQに上場いたしました。

日本法人 :株式会社チューブモーグル
代表取締役社長 :ブレット・ウィルソン
事業内容 :動画広告事業
所在地 :〒100-6510 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F EGG JAPAN


■本リリースに関するお問い合わせ:
株式会社ゴールドスポットメディア 担当 :望月
Email :sales@goldspotmedia.co.jp
WEB :http://www.goldspotmedia.com/

株式会社チューブモーグル  担当 :近藤
Email :sales_japan@tubemogul.com
WEB :http://www.tubemogul.com/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ゴールドスポットメディア
  4. >
  5. ゴールドスポットメディア、国内最大規模の動画広告プラットフォームの一つ「TubeMogul」と配信連携