尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が「教育の未来」をテーマに講演

~全労済協会が東京シンポジウム「教育の未来を考える」の参加者400名を募集!~

全労済協会(一般財団法人 全国勤労者福祉・共済振興協会 理事長:髙木 剛)では、来る2014年10月18日(土)、13時より、「教育の未来を考える ~将来を担う子どもと若者のために~」をテーマに、全労済ホール/スペース・ゼロ(東京・代々木)においてシンポジウムを開催します。このシンポジウムへの参加申込みを9月1日から受け付けます。
私たちの生活は世代間格差や少子化・労働力人口の減少など先行きが不透明な状況であり、今後は労働の質の向上が今以上に求められ、教育の果たす役割や教育環境の改善・充実が重要になると考えます。
昨今、子ども・若者の教育において、「子どもの貧困(負の連鎖)」、「教育格差」といった言葉が多く聞かれます。健全な子ども・若者育成、バランスのとれた社会人の創出・労働の質の向上,思いやりのある社会づくりといった循環を形成し、将来の日本社会全体の活力向上、ひいては勤労者の生活向上につながる新たな施策が必要ではないでしょうか。
本シンポジウムは、将来の日本社会を担う「子ども」と「若者世代」に焦点をあて、教育現場の現状
や若者を取り巻く環境を把握し課題を明らかにしたうえで、その改善に向けて家庭や地域社会で何ができるのかを皆さんと考え、希望の持てる将来への展望を見出すためのきっかけづくりの場とします。
多くの方からの参加お申込みをお待ちしています。

            - 記 -
テーマ 「教育の未来を考える ~将来を担う子どもと若者のために~」
開催日時  2014年10月18日(土)13:00~16:30
会  場 全労済ホール/スペース・ゼロ 東京都渋谷区代々木2-12-10(新宿駅南口より徒歩5分)
開催内容  第Ⅰ部 「基調講演」  時間 70分
       演 題:「グローバル化時代の子どもと教育」
       講 師:尾木 直樹氏(教育評論家、法政大学教職課程センター長・教授)
      第Ⅱ部 「鼎談」    時間 100分
       演 題:「生きづらい若者 ~学校教育から社会への道~」
       鼎談者:宮本 みち子氏(放送大学副学長、教養学部教授)
           本田 由紀 氏(東京大学大学院教育学研究科教授)
           大山 典宏 氏(社会福祉士)
主 催 等  【主催】一般財団法人 全労済協会 【共催】全労済、日本再共済連
     【後援】連合、中央労福協、退職者連合、(公社)教育文化協会、(一社)日本共済協会、
        (一社)全福センター
参加募集 勤労者などの一般市民 400名 *参加無料、先着順で申込みをお受けいたします。
参加お申込みは、9月1日より下記の全労済協会ホームページで受け付けます。

<参加お申し込み方法>
全労済協会シンクタンク事業  http://www.zenrosaikyokai.or.jp/think_tank/
*申込み受付後に「参加証」をメールにて返信します。「参加証」は印刷して、当日会場にご持参ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般財団法人全国勤労者福祉・共済振興協会
  4. >
  5. 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏が「教育の未来」をテーマに講演