トリナ・ソーラー、2014 年第 2 四半期の業績を発表

2014 年 8 月 26 日、常州(中国)発/PRNewswire/ -- 太陽光電池(「PV」)のモジュール、ソリューションおよびサービスにおいて世界の PV 業界をリードする Trina Solar Limited(NYSE:TSL)(「トリナ・ソーラー」または「当社」)は、2014 年第 2 四半期の決算報告(未監査)を発表しました。

2014 年第 2 四半期の財務・業績のハイライト

• 太陽光電池モジュールの出荷量は 943.3MW で、前四半期(558.0MW)比 69.1%増
• 純収入は 519.4 百万ドルで、前四半期比 16.8%増
• 売上原価は 439.2 百万ドルで、前四半期比 24.3%増
• 粗利益は 80.2 百万ドルで、前四半期比 12.3%減
• 粗利益率は 15.4%(前四半期は 20.6%)
• 営業利益は 15.7 百万ドルで、前四半期比 59.0%減
• 営業利益率は 3.0%(前四半期は 8.6%)
• 純利益は 10.3 百万ドルで、前四半期比 61.1%減
• 完全希薄後の米国預託株式(「ADS」、ADS 1 株が当社の普通株式 50 株に相当する)1 株当たり利益は 0.14 ドル(前四半期は 0.37 ドル)

トリナ・ソーラーの会長兼最高経営責任者の高紀凡(Mr. Jifan Gao)は、次のようにコメントしました。
「2014 年第 2 四半期は堅調な業績をあげることができました。当社が有する世界的な販売ネットワークと強力なブランド力により、進出している複数の市場にわたってビジネスチャンスを捉えることができ、その結果当社の主力であるモジュール事業の出荷量が前四半期に比べて大幅に伸びました。同時に、下流部門業務の開発に注力するという当社の成長戦略も順調に進んでいます。

モジュール事業では、中国市場および海外市場からの需要が劇的に好転しました。とりわけ、トリナ・ソーラーの確立したマーケットポジションおよび優れた製品提供により、米国内の長年にわたる多くのお得意様から、当社製品に対する旺盛な需要を引き続きいただいています。前四半期に比較的低調だった中国においても、第 2 四半期にトリナ・ソーラーの製品に対する需要が目覚ましく伸びました。

当社の下流部門業務の可能性にも期待しており、十分に練られたプロジェクト供給ルート構築への投資を続ける予定です。投資対象としている主要市場において、順調に新たな機会が生まれています。当四半期に、中国新疆ウイグル自治区で 90MW の発電所の建設を予定通り開始しました。さらに、中国で多数の分散型電源(「DG」)プロジェクトを完成させ、現在開発中の新規プロジェクトも多数あります。8 月には、英国で 49.9MW のプロジェクトを獲得しました。英国は市場が確立し投資環境も成熟していることから、好適な投資対象国と私達は考えています。今後も当社は成長を続け、とりわけ下流部門業務において成長すると私達は楽観視しています。2014 年の下半期を通して、中国国内の DG プロジェクトのオンライン化がますます進むと私達は期待しています。

これらの構想を支援し、成長機会を捉えるために、先頃当社は米国預託株式の追加公募およびそれと同時に実施した優先転換社債の募集により、純手取金 222.7 百万ドルを資金調達致しました。この資金調達により、下流部門の成長を加速させるための柔軟性が増し、モジュール生産能力が戦略的に拡大します。

最後に、最近の米国のアンチダンピングおよび相殺関税(「AD」および「CVD」)の暫定的判断ならびに米国市場での当社の戦略に関しては、当社の高品質の製品およびサービスに対する長年にわたる確固たる評判、当社の競争力のあるコスト構造、強力な製造能力、トリナ・ソーラーが中国のすべての太陽光製品製造業者の中で 2014 年および 2012 年のAD および CVD 関税率が最低であるという事実により、私達は、トリナ・ソーラーが引き続き米国で重要な役割を果た、主要なマーケットポジションを維持すると信じています。」

2014 年第 2 四半期(以下「当四半期」という)の業績

純収入

当四半期の純収入は 519.4 百万ドルで、前四半期比 16.8%増、前年同期比 17.9%増でした。総出荷量は 943.3MW(前四半期は 558.0MW、前年同期は 646.6MW)で、そのうちの 148.7MW は、中国国内および英国の当社自身の下流部門発電所への出荷でした。収入には、米国一般会計原則(米国 GAAP)の定めるところにより、社内出荷分の148.7MWは識されていません。収入および出荷量の前四半期比増の主な理由は、中国および米国からの需要が増加したことによるものです。出荷量および収入の前年同期比増は、主要な地理的領域、特に中国、日本および米国における需要増大による出荷量の上昇が主な推進力となりました。

粗利益および粗利益率

当四半期の粗利益は 80.2 百万ドルで、前四半期は 91.5 百万ドル、前年同期は 51.2 百万ドルでした。

当四半期の粗利益率は 15.4%で、前四半期は 20.6%、前年同期は 11.6%でした。前期比減の主な理由は、価格設定の比較的高い他の市場に比べて中国向けの販売高が多かったこと、ならびに 1 ワット当たりのポリシリコンの原価がわずかに値上がりしたことによるものです。このことに加えて、第 1 四半期に比べて、当社の下流部門業務が収入および粗利益にわずかながらも貢献したことも、予想した利益率の低下の一因となりました。粗利益率の前年同期比増は、主に ASPの増加によるものです。

営業費用、営業利益(損失)および営業利益率

当四半期の営業費用は 64.5 百万ドルで、前四半期比 21.2%増、前年同期比 14.0%減でした。前四半期比増の第一の原因は、販売費、特に出荷量の増加による出荷費用の増加です。当社の第 2 四半期の純収入に対する営業費用は12.4%であり、前四半期の 12.0%に比べて増加し、前年同期の 17.0%に比べて低下しています。当四半期の営業費用には、0.9 百万ドルの貸倒引当金戻入額(前四半期は 1.2 百万ドル、前年同期は 8.7 百万ドル)が含まれています。

結果として、当四半期の営業利益は 15.7 百万ドルで、前四半期は 38.2 百万ドルの営業利益、前年同期は 23.9 百万ドルの営業損失でした。当四半期の営業利益率は 3.0%で、前四半期は 8.6%、前年同期は 5.4%のマイナスでした。

純支払利息

当四半期の純支払利息は 8.1 百万ドルで、前四半期は 8.7 百万ドル、前年同期は 11.0 百万ドルでした。純支払利息の前期比減は、当四半期に銀行借入金が減少したことによるものです。

為替差益(差損)

当四半期の当社の為替差益は 3.3 百万ドルで、これには外国為替デリバティブ商品の公正価額の変更による差益1.2 百万ドルが含まれています。前四半期は 0.8 百万ドルの為替差益、前年同期は 2.2 百万ドルの為替差損でした。

法人所得税費用(ベネフィット)

当四半期の法人所得税費用は 2.2 百万ドルで、前四半期は 6.4 百万ドル、前年同期は 0.9 百万ドルでした。

純利益(損失)および ADS 一株当たり利益(損失)

従って、当四半期の純利益は 10.3 百万ドルで、前四半期は 26.5 百万ドルの純利益、前年同期は 33.7 百万ドルの純損失でした。

純利益率は、当四半期が 2.0%、前四半期は 6.0%、前年同期はマイナス 7.6%でした。

完全希薄化後の ADS 一株当たり利益は、当四半期が 0.14 ドル、前四半期は 0.37 ドル、前年同期は 0.47 ドルの損失でした。

財務状態

2014 年 6 月 30 日現在、当社が保有している現金および現金同等物ならびに拘束預金は 562.7 百万ドルでした。銀行借入金総額は、774.7 百万ドルで、そのうち 669.5 百万ドルは短期借入金(1 年以内に返済予定の長期借入金を含む)でした。

当四半期末の貸倒引当金控除後の売掛金は 457.8 百万ドル、前四半期末は 347.4 百万ドルでした。

2014 年 6 月 30 日現在、当社の運転資金の残高は 150.9 百万ドル、2014 年 3 月 31 日現在は 23.8 百万ドルでした。

2014 年 6 月 30 日現在の株主資本は 912.9 百万ドルで、前四半期末の 848.0 百万ドルから増加しました。

プロジェクト開発
中国のプロジェクト
ユーティリティ用

6 月に、当社は中国新疆ウイグル自治区で 90MW の太陽光発電所の建設を予定通り開始しました。これは、2013 年12 月にトルファン地区の地方自治体と調印した 4 年間の投資枠組契約に基づく建設の第 1 段階を記すものです。同契約では、計画されている複数の太陽光発電所(総容量 1GW)が、複数の段階に分けて建設されることになっています。

当社は、当四半期に中国江蘇省で 120MW のユーティリティ規模の太陽光プロジェクトの建設を開始しました。本年末頃の完成を見込んでいます。

分散型電源

当社は、中国湖南省にある会社のカーポートに 13MW の太陽光パネルを設置するためのエネルギー管理契約を同社と調印しました。その会社は、そのプロジェクトの建設が 2014 年 11 月に開始することを期待しています。

当社はまた、江蘇省常州の会社 2 社と、2 社の常州にある製造施設の屋根に合計 7.4MW の太陽光パネルを設置する 25 年間の DG エネルギー管理契約(「EMC」)にも調印しました。両プロジェクトともに、本年 9 月に建設を開始する予定です。

国際 プロジェクト

英国において、当社は、2014 年 3 月にグリッドに接続された総容量 23.8MW の 2 つの太陽光発電所を 2014 年第 3四半期に売却する予定です。他の地域のプロジェクトと同様に、このほかにもヨーロッパで複数のプロジェクトを開発しています。その一つとして、49.9MW のユーティリティ規模の発電プロジェクトを英国で開発する予定であることを最近発表しました。当社は、このプロジェクトの建設を 2014 年第 3 四半期に開始し、グリッド接続を 2015 年 3 月に完了する予定です。

トリナ・ソーラーは、中国内外でのプロジェクトの開発を続けています。新規の太陽光発電プロジェクトに関するリスクファクターの評価を行うときには、立地、現地の政策および規制環境、当社および見込み購入者の資金調達の可能性、ならびに見込まれる内部収益率など、多数の要因を引き続き慎重に検討して参ります。プロジェクトの開始およびグリッド接続は、多数の要因による影響を受け、その中には、ネットワーク伝送および相互接続施設を利用可能かどうか、関係規制当局からのプロジェクト許認可など、当社が制御できないものもあります。

営業および事業開発および見通し

2014 年の製造能力

2014 年 6 月 30 日現在、年間の当社内のインゴットおよびウエハの生産能力はそれぞれ 2.0GW および 1.6GW であり、PV セルおよびモジュールの生産能力はそれぞれ 2.7GW および 3.6GW です。

当社は、2014 年 12 月 31 現在の年間の当社内の生産能力は、インゴットは 2.2GW、ウエハは 1.7GW、PV セルは約3.0GW、モジュールは約 3.8GW と予想しています。

第 3 四半期および 2014 年度に関するご案内

2014 年第 3 四半期に、当社は、1,060MW から 1,120MW の PV モジュールを出荷し、その内の 130MW から 150MWまでは当社の下流部門の PV プロジェクトに出荷されると見込んでいます。自社開発プロジェクトに出荷されたモジュールは、米国 GAAP の定めるところにより、収入が認識されません。それを加味した 2014 年の粗利益率は、2014 年第 3 四半期の予想粗利益率がわずかに低下することから、10%台半ばになると予想しています。

2014 年度に関するご案内を繰り返すと、PV モジュールの総出荷量が 3.6GW から 3.8GW で、その内の 400MW から500MW の PV モジュールは、当社自身の下流部門プロジェクトに出荷される予定です。米国 GAAP の定めるところにより、自社プロジェクトに出荷されるモジュールは認識されません。当社は、2014 年に完了する下流部門の PV プロジェクトについてのご案内を 400MW から 500MW に維持します。

【本件に関するお問合せ】
トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社 プレス担当:春日(マーケティング)
TEL.03-3437-7000 (受付時間:月~金 ※祝日を除く 9:00~18:00)
e-mail: Yuko.kasuga@trinasolar.com

■Trina Solar Limited (トリナ・ソーラー)
トリナ・ソーラー(NY証券取引所:TSL)は、太陽電池モジュールおよび太陽光発電システムインテグレーションのグローバルリーダーです。1997年に太陽光システムインテグレーターとして設立以来、 トリナ・ソーラーは、世界中の施工、販売、ディベロッパーなどのパートナーの皆様と共に、 “Smart Energy Together”(「みんなでスマートエネルギー」)を推進しています。優れた革新性、高品質、垂直統合による一貫生産体制、環境責任を軸にトリナ・ソーラーはより良い社会づくりに取り組んでいます。詳しくは、http://www.trinasolar.comをご覧ください。

英文リリース:http://ir.trinasolar.com/phoenix.zhtml?c=206405&p=irol-newsArticle_print&ID=1960890&highlight=
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社
  4. >
  5. トリナ・ソーラー、2014 年第 2 四半期の業績を発表