2020年に向けて進化のスピードを上げ続ける位置情報サービス!

ニッポンの未来は、オモシロイ。最先端技術を見て、触れて、学べる3日間

G空間EXPO2014
11/13(木)より日本科学未来館にて開催!

G空間EXPO2014運営協議会(国土交通省国土政策局、国土地理院 ほか産学官で構成)は、11月13日(木)~15日(土)の3日間、日本科学未来館(東京・お台場)にて「G空間EXPO2014」を開催致します。

過去3回開催されてきたG空間EXPOは、昨年から会場を日本科学未来館に移し、子供から大人まで幅広く楽しめるイベントになりました。「G空間社会(地理空間情報高度活用社会)とは?」を、展示を中心とした内容で解説するとともに、さらに、子供向けには体験型アクティビティを通して、大人向けには研修プログラムや講演などを通して見応え、聞き応えありのプログラム構成で実施致します。

さらに今年のG空間EXPOでは、現在(株)日立製作所が開発している搭載型移動支援ロボット「ROPITS®」が、つくばモビリティロボット実験特区以外で初めて自律走行デモを行うほか、今最も注目を集めるウェアラブルデバイスの体験コーナー、Wi-Fi測位を利用した実証実験、東日本大震災の際に記録された様々なデータ『震災ビッグデータ』によって見えてくる日本の姿など、未来を想像することのできるコンテンツが充実しています。

今年のG空間EXPOのキャッチコピーは「ニッポンの未来は、オモシロイ。」2020年に向けて進化のスピードを更に上げ続ける位置情報サービスといった、今や生活に欠かすことができなくなっている位置情報に関する最先端技術を一堂に集結させた「G空間EXPO2014」に是非、ご来場ください。

【主な開催コンテンツ】
  • 【G空間体験が、オモシロイ!】 G空間EXPOメッセージゾーン
  • 【最新のテクノロジーが、オモシロイ!】 地理空間情報フォーラム
  • 【未来につながるアイデアが、オモシロイ!】  Geoアクティビティフェスタ
  • 【未来の学びと暮らしも、オモシロイ!】  Geoエデュケーションプログラム
  • 【G空間社会を支える技術探求と動向が、オモシロイ!】 講演・シンポジウム

【開催概要】
<イベント名称> G空間EXPO2014
         ●テーマ:地理空間情報科学で未来をつくる
         ●コピー:ニッポンの未来は、オモシロイ。
< 開 催 会 場 > 日本科学未来館
          〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6 TEL:03-3570-9151
< 開 催 日 程 > 2014年11月13日(木)~15日(土)
          開催時間 10:00~17:00
< 入 場 料 > 無料(常設展示をご覧頂くには入場料が必要です。)
<  主  催  > G空間EXPO2014運営協議会
<  共 催  > 日本科学未来館、臨海副都心まちづくり協議会
< 後 援 > 東京都港湾局
<公式Webサイト>http://www.g-expo.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. G空間EXPO2015運営協議会事務局
  4. >
  5. 2020年に向けて進化のスピードを上げ続ける位置情報サービス!