ルー大柴、ご当地キャラ人気にライドオン!大柴ちゃんねルー ご当地キャラのホンネを調査

これからブレイクしそうなご当地キャラは「自分」が約3割 さらに斬る!回る!噛みつく?!ご当地キャラの素顔が明らかに

大柴ちゃんねルー制作チームは、8月4日(月)より、日本のご当地キャラ40体を対象に「これからブレイクしそうなご当地キャラ」や「ご当地キャラになり、大変だったこと」など、ご当地キャラの意識調査を実施しました。意識調査は大柴ちゃんねルー制作チームが手がけるWEB番組「100万Viewをプロミス!大柴ちゃんねルー」のご当地キャラ企画動画(本日公開)を制作するにあたり、企画の参考とすべく行われた調査です。ご当地キャラ自身が回答した貴重な調査結果を公開しますので、是非御覧ください。
main image
また本日YouTubeにて「100万Viewをプロミス!大柴ちゃんねルー」ご当地キャラ企画動画の配信を開始します。この番組はルー大柴さんがYouTuberとして様々なことにチャレンジし、再生回数100万回をプロミスする企画です。YouTubeで話題になっている“旬ネタ”に毎回チャレンジしていきます。本日公開の動画ではご当地キャラが登場し、様々なゲームに挑戦します。ご当地キャラの意外な一面を垣間見れる内容となっております。他にもルー大柴さんがご当地キャラの裏事情を聞き出すシーンなど、見所が満載です。

YouTubeの公式チャンネル:http://www.youtube.com/user/ooshibachannel

◇意識調査概要
有効回答数:40体/データ集計期間:2014年8月4日~8月19日
年齢(活動期間) :1年~14年 ※1~5年:80%、6年~10年:5%、11年〜:10%、未回答:5%
調査地域:全国(47都道府県)/調査対象:ご当地キャラ

◇ご当地キャラ意識調査結果

Q.これからブレイクしそうなご当地キャラを教えて下さい。

これからブレイクするご当地キャラは「自分」が約3割

これからブレイクするご当地キャラを聞いた所、約3割のキャラが「自分」と答えた。ブームの一方で競争が激しくなり、少しでも名前を売るのに必死なのだろう。ご当地キャラの「貪欲」さが垣間見れる結果だ。

Q.様々なご当地キャラの登場で自身が埋もれないか、将来不安になる時がありますか。

「将来に不安を感じているご当地キャラ」は30%

お茶の間を賑やかすご当地キャラだが、中には「将来について不安を感じる」ご当地キャラが約3割いることがわかった。ご当地キャラ争いはますます激しくなり、不安を感じるご当地キャラは増えるのだろうか。

Q.ご当地キャラとして、より人気になるために考えていることはありますか。

「人気になるために喋りたいと思うご当地キャラ」は約1割 中には「プロデューサーを変えたい」1体

ご当地キャラの中に「人気を出すために喋りたい」と思っているキャラが約1割いることがわかった。
やはりTVなどでも活躍する人気ご当地キャラが羨ましいのだろう。そういった影響なのか、中には「プロデューサーを変えたい」という声もあり、ご当地キャラの世界は、中々シビアなようだ。

◇その他の気になる回答を紹介

「目標」や「夢」は意外にも欲まみれ!?思っても言ってはいけないCM契約

ご当地キャラの「目標」や「夢」の多くは、地元をPRすることが大多数を占めていたが、中には「テレビ番組のレギュラーになりたい」、「TVCMの契約をしたい」など貪欲すぎるご当地キャラがいた。一方で、そこまで人気ではないキャラクターが「現状維持」を希望しており、キャラクターによって温度感は様々なことがわかった。

ご当地キャラで良かったことは「女性や子供に好かれる」!?

ご当地キャラで良かったことは、多くが「地域のPRができた」であるがキャラクターによって様々。中には「女性や子供に好かれる」という考え方によっては意味深な回答があった。「女性が好き」ということは…ご当地キャラは女性にも貪欲なのだろうか。

大変だったことは「イベントに行っても、お客様が一人もいない」

ご当地キャラ人気の裏側では人気の波に乗れずに「イベントに行っても、お客様がいない」といった苦痛を味わったご当地キャラがいた。イベントに行っても、観客ゼロという悲惨な現場は、まさにご当地キャラ戦国時代を表しているのだろう。

人気になるために考えていることは「キャラの確立」

人気になるために「キャラの確立」を考えているという回答があった。これは最初に考えるべきでは?と運営サイドに疑問が残る結果だ。

「大柴ちゃんねルー」ご当地キャラ企画 動画
2014年8月29日(金)よりYouTubeでオンエアスタート


大柴ちゃんねルー制作チームは、8月29日(金)よりYouTubeにて「100万Viewをプロミス!大柴ちゃんねルー」ご当地キャラ企画動画の配信を開始します。本企画はルー大柴さんがYouTuberとして様々なことにチャレンジし、再生回数100万回をプロミスする企画です。YouTubeで話題になっている“旬ネタ”に毎回チャレンジしていきます。本日公開の動画ではご当地キャラが登場し、様々なゲームに挑戦します。ご当地キャラの意外な一面を垣間見れる内容となっております。他にもルー大柴さんがご当地キャラの裏事情を聞き出すシーンなど、見所が満載です。

YouTubeの公式チャンネル:http://www.youtube.com/user/ooshibachannel

 


◇動画公開スケジュール(予定)

▼ご当地キャラ企画動画
ご当地キャラギリギリゲームバトル① 8/29(金)
ご当地キャラギリギリゲームバトル② 9/5(金)
ご当地キャラギリギリゲームバトル③ 9/12(金)
ご当地キャラ覆面(なし)座談会 9/26(金)

◇番組へ参加したご当地キャラクター
いまばりバリィさん(愛媛県)/イーサキング(鹿児島県)/うささま(茨城県)
夕張メロン熊(北海道)/ヨネギーズ(鳥取県)/わん丸君(愛知県)

◇撮影現場レポート

<ルー大柴さん、ご当地キャラの人気にライドオン!>

今回の企画を聞いたルーさんは、「ものすごいブームでしょ?ローカルキャラクター!ご当地キャラね。特にあのイエローのクイックにムーブするキャラ!ご当地キャラの人気にライドオンしちゃおう!ご当地キャラとトゥギャザーでゲーム」と、早くもルー語連発で大興奮のルーさん。

<足ツボマッサージバトル>

ルーさんは陸上競技の審判員のように白い帽子、赤いジャケット、白いパンツ姿に笛を首からぶら下げて登場。今回はゲームに参加する予定ではなかったが、番組側が観ている人に痛さを伝えるため、ということで、急遽、ルーさんも体験することに。「ウエイト!ウエイト!サドゥンリー、突然言われても審判だけって聞いてたのに、プロミスしてないよ」と、困惑のルーさん。マッサージを開始した與那嶺先生は、「胃が疲れてますねぇ~」と、グイグイと揉んでいく。ルーさんは苦悶の表情を浮かべながらが、顔がみるみる赤くなっていく。「スウェット、汗かいちゃったじゃない」と、スタッフ陣に怒りながらもルー語は欠かさない。

<ぐるぐるバット平均台>

きぐるみを着た状態なので動きが鈍く、ゆっくりと10回まわるのかと思ったら、「どのキャラたちもクイックリーにターンする」と、ルー審判も驚いていた。しかし、平均台までたどり着けない、平均台の高さまで足が上がらない、平均台に昇っても最後まで渡りきれないなど、「みんな全然、ダメじゃな~い!」(ルー審判)と、やはり企画自体にムリがあったのかと落胆気味。ゲームを終えた感想として、「だんだん愛着湧いてきましたよ。それぞれキャラが違っていて。」と、ルーさんも、キャラたちの魅力の虜になった。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マテリアル
  4. >
  5. ルー大柴、ご当地キャラ人気にライドオン!大柴ちゃんねルー ご当地キャラのホンネを調査