デジタルCRMソリューションの Vizury Japan、非アクティブユーザーをアクティブに、さらに課金も促進させる「モバイルゲームアプリ・リターゲティング」を日本で開始

アジア太平洋圏のデジタルマーケティング業界をリードする、デジタルCRMソリューションの Vizury Interactive Solutions(本社:インド、CEO:チェタン・クルカルニ、以下Vizury)は、モバイルゲームアプリ・リターゲティングサービスの提供を日本で開始いたします。
Vizuryの共同創業者でCOO(最高執行責任者)のグーラブ・チンドルーは次のように述べています。

「業界トレンドによると、世界中のスマートフォンユーザーのうち、ゲームアプリのダウンロードから30日後も継続してそのゲームをプレーする人は25%未満だということが明らかになっています。
そのため、ゲーム会社はゲームユーザーに継続的に働きかけ、顧客エンゲージメントを次のステージへ導く必要があります。我々のゲーム用アプリ間のリターゲティング・ソリューションは、ゲームユーザーのオンライン行動履歴を利用し、彼らがスマートフォンやタブレット端末で他のアプリを利用する際に、最適化された個人ごとの広告を表示します。」

 Vizuryのゲーム用アプリ間のリターゲティングは以下3つの段階で機能します。

■新規ユーザー獲得
既存のゲームユーザーに対して新しいゲームアプリを宣伝することで、モバイルゲーム会社のマーケティングを支援します。

■顧客エンゲージメント
継続的にゲームをプレーしてもらうために、低頻度ユーザーや非アクティブユーザーに対して広告を表示します。

■収益化
ゲームのアクティブユーザーにアプリ内課金を促進します。

Vizury Japan日本法人代表の富松敬一朗は次のように述べています。

「このサービスはモバイルゲームの非アクティブユーザーをアクティブユーザーにし、さらに課金も促進させます。Vizuryの行動リターゲティングは正確にターゲットユーザーを特定し、関連性があり、価値の高いユーザーに対して、ゲームに再び戻ってくるよう働きかけます。
ゲーム会社は、Vizuryの幅広いモバイルパートナーネットワークによって、ゲームアプリやゲーム以外のアプリ上でターゲットユーザーにリーチ/アクセスすることができます。
事実、Vizuryは中国の大手ゲーム会社を対象としたベータテストにおいて、非アクティブユーザーの30%をアクティブ化している他、リターゲティングしたユーザーによるアプリ内課金を20%増加させることにも成功し、モバイルゲーム会社のマーケティングをサポートしています。
このソリューションはiOSとAndroid両方のデバイスに対応。多様なニーズを持っているゲームユーザーに対して的確にリターゲティングできるため、日本のような大規模なゲーム市場に最適です。」

【Vizuryのゲーム用アプリ間のリターゲティングの仕組み】



Vizury独自のSDKは、常にゲームユーザーの行動履歴を記録します。
ディープリンクは、広告をクリックしたユーザーが興味関心のあるホームページに直接リンクし、優れたユーザー体験を提供することを保証します。


【Vizuryについて】

Vizuryは、インターネットサイト内での行動履歴に基づき、最適な商品をリコメンド広告として配信することで購買を促進するデータマネジメントプラットフォームを提供しております。
2008年にインドのバンガロールで事業を開始後、東京、デリー、北京、上海、広州、シンガポール、ジャカルタ、台北、ドバイ、ソウル、シドニー、サンパウロ、メキシコなど、アジアを中心にグローバル展開を行って参りました。
eコマース、旅行、不動産、人材、教育、金融サービスなど、600以上の企業に対し、ソリューション提供を行っています。
2013年度のデロイト・アジア太平洋地域Fast500(急成長企業)では6位を獲得しており、アジア初のFacebook認定パートナー、Twitterリターゲティング・プラットフォーム・パートナーです。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Vizury Japan
  4. >
  5. デジタルCRMソリューションの Vizury Japan、非アクティブユーザーをアクティブに、さらに課金も促進させる「モバイルゲームアプリ・リターゲティング」を日本で開始