農家の方も“ほぼ野菜”と認めた!?カップヌードル 野菜直売所でも、販売開始。

特設サイトURL:http://www.cupnoodle.jp/vegeta

~2016年1月25(月)より練馬区の野菜直売所で実際に販売~
日清食品株式会社 (社長:安藤 徳隆)は、日頃の食生活で不足しがちな野菜を、手軽にたくさんおいしく食べられる、「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を、東京都練馬区にある8箇所の野菜直売所でも販売しています。

 

■「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を、練馬区の野菜直売所にて“野菜”のつもりで販売!!

「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」は、厚生労働省が推奨する1日に必要な量の3分の1の野菜*を摂取することが出来ます。今回の企画は、この“キャベツが多すぎる”カップヌードルを、都内一のキャベツ出荷量を誇る練馬区にある8箇所の野菜直売所において“野菜”のつもりで販売するプロモーションです。特設サイトでは、「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を“ほぼ野菜”として認めた!?農家の方々へのインタビューや、実際に販売している野菜直売所の写真に絡めて、野菜にこだわった商品の特長をご紹介しています。

■商品名:「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」
■特設サイトオープン日:2016年1月27日(水)
■URL: http://www.cupnoodle.jp/vegeta 

■「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」特設サイト概要

 

▼「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を“野菜”のつもりで販売した理由とは?!
野菜を育てる農家の方々に負けないくらい野菜に愛情と根気を持って向き合い、キャベツの量と味にこだわりをもっているからこそ、「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を“ほぼ野菜”として、都内一のキャベツ出荷量を誇る練馬区の野菜直売所で販売します。

▼特設サイトでは「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を販売する農家に質問するコーナーも

特設サイトには、「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を野菜直売所で販売する農家の方への質問コーナーやインタビューを掲載しています。栄養満点の野菜作りを作るための信念や、「カップヌードル ベジータ  豚キャベツとんこつ」をなぜ販売しているのか?といった秘密を探ることができます。

 

▼まさに採れたて?!「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を“ほぼ野菜”として購入できる直売所はここ!!
都内一のキャベツ出荷量を誇る練馬区。まさに“採れたて”の野菜を購入するような気持ちで、「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」を手に入れることができる、8箇所の野菜直売所を紹介。
※野菜直売所での販売は雨天中止となる場合がございます。また各農家のご事情により、野菜直売所が急遽お休みとなる場合がございます。ご了承ください。

【野菜直売所サイト紹介イメージ】

 

▼日清食品「カップヌードル ベジータ 豚キャベツとんこつ」商品概要

 

日頃の食生活で不足しがちな野菜を調理の手間をかけずに手軽に摂取することができ、たくさんの野菜を手軽においしく食べることができる、“キャベツが多すぎる”「カップヌードル」の新商品です。具材にはシャキシャキとした食感と炒めたような風味が特徴のキャベツに加え、彩り豊かな野菜がたっぷり入り、1食で1日に必要な量の3分の1の野菜 (生野菜換算で120g)* をとることができます。また、ジンジャーとガーリックをしっかり利かせたとんこつスープは、具材の野菜から溶け出した旨みが加わり、濃厚でコク深い味わいです。
 *厚生労働省が推奨する成人1日あたりの野菜摂取量である350gのうちの3分の1 (生野菜換算)。

【商品特徴】
1. 麺
太めでつるみのある「カップヌードル ベジータ」シリーズオリジナルの麺。
2. スープ
ジンジャーとガーリックをしっかりと利かせた濃厚なとんこつスープ。
3. 具材
シャキシャキとした食感と炒めたような風味が特徴のキャベツ、ネギ、ニンジン、コーン、ガーリックチップ、ダイスミンチ。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日清食品株式会社
  4. >
  5. 農家の方も“ほぼ野菜”と認めた!?カップヌードル 野菜直売所でも、販売開始。