日本初!地域を自らの手で変えていくためのノウハウが学べる本格講座、厚生労働省認可法人「地域リーダー・インストラクター検定」募集開始しました

この度、財団法人職業技能振興会(東京都渋谷区、理事長:兵頭大輔 http://www.fos.or.jp/ )は、地域が抱えている課題を学習し、自らの経験を活かし同じ志を持つ仲間を集い、自らの手で地域おこしが出来る専門家を養成するための「地域リーダー・インストラクター(初級)検定」試験の応募受付を開始いたしました。試験は東京と大阪、二か所で2016年4月24日に開催されます。

石破 茂 地方創生担当大臣 衆議院議員

 我が国は世界に先駆けて「人口減少・超高齢社会」を迎えています。この大きな課題を克服して、日本を次の世代に引き継いでいくことは、先人の方々、将来の国民、そしてやがて同じ課題に直面するであろう世界の多くの国に対する責任でもあります。しかしながら、少子化や高齢化の状況は地域によって千差万別です。したがって、それを克服するための処方箋は、それぞれの地域にお考えいただく必要があります。このため、現在、すべての市町村と都道府県におい て「地方版総合戦略」を策定していただいています。 またその際、産・官・学・金・労・言(産業界・行政・学校・金融機関・労働団体・メディア)の方々、あるいは住民代表なども含めて、より多くの皆様に参画していただくことをお願いしているところです。


 財団法人職業技能振興会が監修・認定のもと、内閣府認証NPO法人「いきいきつながる会」が創設された「地域リーダー・インストラクター検定」 は、団塊の世代を中心とした世代の方が、長年にわたり仕事を通じて培っ てこられた知識と経験を活かし、地域再生の担い手として活躍していただ けるきっかけになるものだと思います。こうした方々にもぜひ「地方版総 合戦略」の策定・実施に関わっていただき、他人ごとではない地域づくり、 地域活性化を担っていただきたいと考えております。 この「地域リーダー・インストラクター検定」を契機として、さらに多 くの方々が地方創生に参画していただき、ひいては日本の創生が実現することを強く期待しております。

■ 地域リーダー・インストラクター検定とは? ■
 

1. 少子高齢化社会が進行する中、住まいする地域が自治機能を維持することが出来なくなる可能性があります。地域の行政に依存するのではなく、地域が抱えている課題を学習し、自らの経験を活かし同じ志を持つ仲間を集い、自らの手で 地域おこしが出来る専門家を養成するために創設された新検定。

 2. これからセカンドライフを迎える方、リタイアされたシニアを中心に、地域で発生する様々な課題を単なるボランティア活動の領域を超え、公益法人を設立するなど、新たな地域課題ビジネスを創生することを目指し、実施されます。

* 「地域リーダー・インストラクター検定」は、内閣府認証NPO法人いきいきつながる会と財団法人職業技能振興会が共同で実施する認定試験です。

第1回 地域リーダー・インストラクター(初級)検定試験概要

■試験日 平成28年4月24日(日) 14:00~15:10
■直前講習(任意受講) 試験日と同じ日に、同じ会場で行います。
日時:平成28年4月24日(日) 10:00~13:00
■試験会場 東京(トラック総合会館)/ 大阪(大阪科学技術センター)
■申込期間 1) 願書送付期限 平成28年4月8日(金) ※当日消印有効
2) 受験料振込期限 平成28年4月8日(金)
3) 直前講習受講料振込期限 平成28年4月8日(金)
* 2と3は合算で振込み可※期限厳守
(受験料振込および出願書類一式の到着で申込完了となります)
■受験料 受験料金 10,000円
直前講習+受験料 25,000円(直前講習の受講は任意です。)
※尚、合格者は別途2,000円の認定登録料が必要です。
*受験料は必ず本人の名前でお振込みください。*受験者の都合で受験を取りやめた場合、受験料の返却・試験の振替などは一切行いませんので予めご了承下さい。
■試験科目出題範囲 公式テキストの全範囲の内容を理解した上での応用問題及び最近の時事問題です。
1 地域リーダー・インストラクター
2 地方自治体が抱える課題
3 地域リーダー・インストラクターと「成年後見制度」
4 地域活動の担い手を育てるために
5 地域おこしの手法と国の政策について
6 地域における公共サービス
7 地域防災について
8 認知症についての知識
9 地域の高齢者を支える制度
10 高齢者の経済破綻問題
11 社会保障制度について
12 地域の子供とシングルマザーが抱える困難な問題
■試験形態 35問・マークシート方式
■合格基準 問題の総得点の7割を基準とします。(問題の難易度で補正あり)認定試験終了後、約6週間で郵送にて通知します。
■お申し込み方法 下記「第1回受験要項・願書」をダウンロードし、印刷の上、必要事項をご記入下さい。

第1回「地域リーダー・インストラクター」受験要項・受験願書
(http://bit.ly/gansho_201604)あるいは財団法人職業技能振興会にお電話、またはホームページから願書請求依頼をしてください。


■試験勉強 / 公式テキスト
 

試験は、テキスト「地域リーダー・インストラクター検定(初級)公式テキスト」(2,000円 税込)の内容に沿って出題されます。いきいきつながる会 (著), 職業技能振興会 (監修) 全国書店、Amazon・DMM通販などで販売中です。Amazon へのリンク(http://bit.ly/text_leader)


■ 受験対策講習のご案内(任意受講) ■
 

地域リーダー・インストラクー試験の講習を試験当日、試験前に同会場で受講することもできます。テキストの要点を分かりやすく説明しておりますので、独学が難しい方や試験前の最終チェックにお勧めです。

※講習のみのお申込みはできません。受講のお申込みは、試験のお申込みと一緒に行なって下さい。
●受講・受験費用 : 受験料(10,000円)+ 15,000円 合計 25,000円
●講習時間 : 約3時間。

 

■ 財団法人 職業技能振興会について ■
 

 


組織名:財団法人 職業技能振興会
理事長:兵頭 大輔
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-6パレ・ジュノ3階
設立:昭和23年6月
URL:http://www.fos.or.jp
沿革:昭和23年6月、労働省(現、厚生労働省)の認可団体として設立。
目的:技能労働者の養成を図り、我が国の労働環境の整備に協力する事を目的とする。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 財団法人 職業技能振興会
  4. >
  5. 日本初!地域を自らの手で変えていくためのノウハウが学べる本格講座、厚生労働省認可法人「地域リーダー・インストラクター検定」募集開始しました