『創業手帳』のビズシードが大阪営業所を開設。創業わずか1年で海外・地方に展開

『創業手帳』は全国の創業者に必ず届く「会社の母子手帳」です。

『創業手帳』を発行するビズシード株式会社(本社:東京都中央区京橋、代表:大久保幸世)が2015年7月1日付より大阪営業所を開設。

 

ビズシード株式会社は日本の創業成功率を上げることをミッションとして2014年4月10日に創業。『創業手帳』を発行し全国の創業者に必ず届く経営ガイドブックとして月間15,000部発行、紙媒体だけでなくWEB版、Facebook版のファン数は27,000人と大手経済誌を凌ぐ規模に成長しました。また海外・セブ島にも進出し海外メディアの展開も行っており北米向け創業メディア「Founders Guide」は日本発のベンチャーとしては異例の成功をおさめています。
創業手帳Web:http://sogyotecho.jp/

日本国内のローカル展開としては、地元の行政、経済界と組み、各地の創業活性化のため、起業後のノウハウを無料で教える「創業手帳セミナー」を全国14都市で開催。
7月1日より、関西地方での活動を強化するため、大阪に営業所を開設しスタッフを常駐させ全国のエリア展開を開始します。

■大阪営業所 概要
名称    :ビズシード株式会社 大阪営業所
所在地   :大阪府大阪市中央区本町 2-3-4 アソルティ本町 4階
営業開始日 :2015年7月1日
お問い合わせ:https://bizceed.jp/inquiry
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ビズシード株式会社
  4. >
  5. 『創業手帳』のビズシードが大阪営業所を開設。創業わずか1年で海外・地方に展開