【パシフィコ横浜×横浜髙島屋】訪日外国人向け『MICEおもてなしプログラム/日本文化体験+免税ショッピングツアー』実施レポート

アジアからの会議参加者にショッピングや日本文化体験が好評!

2015年5月15日(金) ~17(日)の3日間、日本最大級の複合コンベンション施設であるパシフィコ横浜(所在地:横浜市西区、代表取締役社長:鈴木隆 正式名称:株式会社横浜国際平和会議場)は、訪日外国人向け『MICEおもてなしプログラム』として『日本文化体験+免税ショッピングツアー』を横浜髙島屋(所在地:横浜市西区 店長:堀口 建治)と共同企画し、試験的に提供しました。プログラムはいずれも好評でした。

このプログラムは、『第12回アジア栄養学会議(2015年5月14日~18日開催)』において提供いたしました。食品や雑貨から高級ブランド品までとりそろえ、神奈川県内の百貨店において最大の売上規模である横浜髙島屋を会場として、「免税ショッピング」に「日本文化体験」「送迎サービス」などを組み合わせたもので、会議参加者が日本滞在を満喫できるプログラムとなりました。
今回の結果を踏まえ、パシフィコ横浜と横浜髙島屋は、今後、より充実したイベント・プログラムを企画し、パシフィコ横浜の『MICEおもてなしプログラム』として本格的な導入を目指す予定です。

1.『日本文化体験+免税ショッピングツアー』実施結果について
(1)参加者数    150人
<参加者の主な国籍>

シンガポール、フィリピン、ベトナム、インドネシアをはじめ、11ヵ国より参加がありました。
今回の会議の前後に日本の各地を観光して帰るという参加者もいました。
 

2.参加者アンケート結果より

<ショッピングと日本文化体験はいずれも人気>

 

茶道と着物の着付を体験
ショッピングを、一番の目的とした参加者も多く、アジア人のショッピングに対する人気の高さが伺えました。
「横浜髙島屋の品揃えが豊富で良かった」という感想もありました。
日本伝統文化体験として紹介した「きもの着付け体験」、「折り紙教室」、「茶道や香道」は、全てのプログラムにて人気がありました。また、8階催会場で開催していた『バラ展』や、「デパ地下体験」も好評でした。
一方、「体験プログラムの実施回数を増やして欲しい」との要望もあり、本プログラムに対する支持が高かった結果であると推察されます。

<バス送迎は欠かせない要素>
 

パシフィコとのシャトルバス送迎

バス送迎により、ダイレクトに来店することができたことも、滞在期間・時間が決して長くない会議参加者にとっては、利便性が高く、当プログラムへの参加者が増える結果となりました。一方、「より長くショッピングを楽しみたかった」「もっとバスの送迎時間を夜遅くまで伸ばしてほしい」という声もありました。


 

(3)今後の本格導入に向けて
会場での案内や口コミ効果による参加が中心でしたが、今後は、事前案内の充実や要望を踏まえて運営方法を見直すなど、より充実したイベント・プログラムの企画を行うことで、本格導入を進めていきたいと考えております。


2.『日本文化体験+免税ショッピングツアー』実施概要

【日時】  2015年5月15日(金)~17日(日) 14:00~18:00
【会場】 横浜髙島屋
【対象】 『第12回アジア栄養学会議・第69回日本栄養・食糧学会大会』参加者
【定員】 なし(着物着付け体験は、事前予約制(1日2回×各回10人))
【参加費】 無料
【内容】
「免税ショッピング」「割引サービス」(3,000円以上で5%割引)
「日本文化体験」(着物着付け、芸子フォトサービス、茶道・香道、折り紙)
「デパ地下体験」(当プログラム限定割引クーポン発行)
「送迎シャトルバスサービス」 (6往復/日×3日間)(パシフィコ横浜・横浜髙島屋(天理ビル前)間、横浜市営バス貸切) 

*MICEとは
Meeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、 Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パシフィコ横浜
  4. >
  5. 【パシフィコ横浜×横浜髙島屋】訪日外国人向け『MICEおもてなしプログラム/日本文化体験+免税ショッピングツアー』実施レポート