大光量多機能ストロボ“スピードライト430EX III-RT”を発売

キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラEOSシリーズ用(※1)の外部ストロボとして、ポートレート撮影に最適な“スピードライト430EX III-RT”を2015年10月下旬より発売します。

スピードライト430EX III-RT

 

“スピードライト430EX III-RT”は、外部ストロボ「スピードライト430EX II」(2008年7月発売)の後継機種で、ガイドナンバー43(※2)の大発光量および焦点距離24-105mm(※3)対応の、ポートレート撮影に最適な多機能ストロボです。

 
■   ポートレート撮影に最適な充実した機能

本機は、従来機種に対してバウンス可動範囲が左右方向に60°拡大しており、ストロボ撮影の自由度が向上しています。さらに、バウンス光を拡散させることで被写体に発生する影を抑え、より自然な描写を可能にするバウンスアダプターや、白熱電球下の撮影時に、ストロボ光と被写体の背景のタングステン光との色味を近づけるカラーフィルターを同梱(どうこん)するなど、ポートレート撮影に最適な機能を備えています。

 

■   ワイヤレスストロボ撮影機能による多彩なライティング(※4)

電波通信および光通信によるワイヤレスストロボ撮影を行うことができます。電波通信はマスター機能およびスレーブ機能を、光通信はスレーブ機能をそれぞれ搭載しています。これにより、ワイヤレスによる多灯撮影が可能となり、撮影の自由度が向上しています。

 

■   小型・軽量化の実現と優れた操作性・基本性能

本機は、ガイドナンバー43の大発光量を実現するとともに、従来機種と比べて幅1.5mm、高さ8.2mm、奥行き2.8mmの小型化と、約25gの軽量化を両立しています。また、従来機種に採用されていた「選択/設定ボタン」などを、十字キーを備えた電子ダイヤルに変更し、設定時の操作性が大幅に向上しています。また、フル充電前のストロボ撮影を可能にするクイック発光機能も搭載しています。

 

※ 1 キヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの一部にも装着可能。

※ 2 発光量を示す値。ガイドナンバーが大きいほど、より遠くの被写体を適正露出で撮影可能。

※ 3 フルサイズ35mm判換算。ワイドパネル使用時は焦点距離14mmに対応。

※ 4 電波通信ワイヤレスマスター/スレーブ機能を備えた機器および光通信ワイヤレスマスター機能を備えた機器が使用可能。

 
製品名 希望小売価格(税別) 発売日 生産台数


スピードライト
430EX III-RT



 
3万6,000円 2015年10月下旬 2万台/月
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. キヤノン株式会社
  4. >
  5. 大光量多機能ストロボ“スピードライト430EX III-RT”を発売