電子記録債権・債務管理「SuperStream-NX電債オプション」を販売開始

電子債権記録機関「でんさいネット」、「JEMCO」に標準対応

キヤノンMJ ITグループのスーパーストリーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:梅澤英之、以下スーパーストリーム)は、株式会社シーアイエス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:後藤雅彦)の電子記録債権・債務管理「SuperStream-NX 電債オプション」の販売を本日より開始します。
電子記録債権は、手形・売掛債権等の問題点を克服した新しい類型の金銭債権です。電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件であり、昨今、手形に代わる新たな決済手段として、電子記録債権を利用する企業が増加しています。

「SuperStream-NX 電債オプション」は、電子記録債権・債務の発生から決済までの管理を行うシステムです。顛末処理としては「譲渡」「分割譲渡」「割引」「分割割引」「取消」といった各処理に対応しています。発生した仕訳データはSuperStream-NX統合会計にシームレスに連携することが可能です。電子記録債務の支払データについては、SuperStream-NX統合会計の支払管理から抽出します。
また、電子債権記録機関「でんさいネット」、「JEMCO」にアップロードする発生記録請求データなどを作成することも可能です。

スーパーストリームは当製品を、SuperStreamパートナーとともに新規・既存ユーザ向けに提案し、2020年までにSuperStreamの累計導入社数1万社を目指します。

注)前提条件
SuperStream-NX 電債オプションの利用は、SuperStream-NX統合会計およびSuperStream-NX 手形管理システムが必要になります。

■販売価格
                  種類 価格(税別)
SuperStream-NX電債オプション Base User License(5 Standard User) (5ユーザ)
100万円~

 

■製品ロードマップ
   時期  
2016年1月 SuperStream-NX 統合会計 「支払管理(AP)」連携対応
2016年4月 SuperStream-NX 統合会計 「債権管理(AR)」連携対応


■株式会社シーアイエスについて (http://www.cisjp.com/index.html
 株式会社シーアイエスは、中部地区を主たるテリトリーにして、真のパートナーを目指して会計業務全般の
 システム構築を中心に、お客様の経営課題に取り組んでおります。

■SuperStream-NXについて (http://www.superstream.co.jp/
 SuperStream-NXはスーパーストリーム株式会社が提供する経営基盤ソリューションです。
 1995年6月の提供開始以来、国内の中堅・大手企業を中心に、累計で7,700社(2015年3月末時点)を超え
 る導入実績があり、機能の充実度や顧客満足度について特に高い評価をいただいています。
 さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフ
 ィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。


■SuperStream-NX統合会計について
 SuperStrean-NX統合会計は、「財務会計・管理会計(GL)」「支払管理・経費精算管理(AP)」「債権管理(AR)」の各機能を統合した製品です。 

■SuperStream-NX 手形管理システム
 SuperStrean-NX手形管理システムは、手形決済・顛末等の状態管理や手形の現物情報を管理できるシステム
 です。

 *文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スーパーストリーム株式会社
  4. >
  5. 電子記録債権・債務管理「SuperStream-NX電債オプション」を販売開始