iPhoneの縦持ち撮影が前提のカメラアプリ『Verticam - 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ』が登場!

どんなサイズの写真やビデオでも、端末を“縦”に持って撮影できてしまいます。ライブフィルタや無音シャッターの機能も有。

ヴェアリー合同会社(東京都練馬区)は、端末を“縦”に持って横長写真を撮影できるカメラアプリ『Verticam - 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ』を2016年3月23日よりApp Storeにて提供開始しました。
Verticam(バーティカム)はどんなサイズの写真やビデオでも、端末を“縦”に持って撮影できるカメラアプリです。 端末の向きを持ち替える必要がないため、横長の写真やビデオを片手で簡単に撮影することができます。
 

サイズ(アスペクト比)変更は、画面を縦方向にスライドするだけ。


画像効果はリアルタイムで反映。ビデオでもフィルタをかけられます。

サイズ(アスペクト比)を変更する方法は画面上で指を縦にスライドするだけ。
シーンに合わせた補正やカラーフィルターなどの効果はリアルタイムに反映されます。
また、静かに撮影できるのでマナーに気を使うレストランなどでの使用に最適です。

縦持ちカメラの有用性をぜひ体験してください!


■『Verticam』の概要
  • タイトル:Verticam - 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ
  • プラットフォーム:App Store(iOS)
  • カテゴリ:写真/ビデオ
  • 互換性:iOS 8.0 以降のiPhone および iPod touch に対応
  • 配信開始日:2016年3月23日
  • 料金:無料
  • ダウンロードURL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1080573087
  • 企画・開発:ヴェアリー合同会社 http://vary-llc.com/

※ iPhone、App Store、Safari は、米国Apple Inc.の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ IOS は、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヴェアリー合同会社
  4. >
  5. iPhoneの縦持ち撮影が前提のカメラアプリ『Verticam - 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ』が登場!