資格スクエアに確実な記憶定着へ導く「脳科学ラーニング」(特許出願中)が追加

~個人に合わせた人工知能型サポートサービス~

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営する株式会社サイトビジット(本社:東京都品川区、代表取締役:鬼頭政人、以下「資格スクエア」)は、脳研究者・池谷裕二氏監修のもと、人工知能を活用した脳科学ラーニング(問題演習機能)を2016年3月15日にリリースいたしました。
独自のアルゴリズムにより、個人の理解度に合わせた問題が提示でき、従来よりも確実な記憶定着が実現します。このサービスは司法試験講座、行政書士講座を皮切りに、順次提供を開始いたします。
<脳科学ラーニング(問題演習機能)の特長>
 

①「学習者の理解度×全体の正答率」による問題提示

解答を「もちろんO」「たぶんO」「たぶん×」「もちろん×」の4択にすることで、記憶が曖昧な状態で正解した問題も判別可能です。
それにより復習時には、「学習者の理解度×全体の正答率」をもとに出題順位が選別され、繰り返すごとに学習者の理解度に沿った問題提示が可能です。

 

② 3種類の問題演習を搭載
脳科学ラーニングには、講義ごとにO×形式の問題を出題する「理解度チェック」、その理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」、受講者全員が共通した問題を解くテスト形式の「総復習テスト」の3種類の問題演習があります。

(左)理解度チェック (右)確認テスト


③成績・進捗管理機能の「見える化」で学習モチベーションもサポート

脳科学ラーニングの成績や講義の視聴進行度は、成績・進捗管理機能で閲覧可能です。合格ラインまでにはあとどのくらいなのか、自分の学習はどれくらい進んでいるのかを可視化することにより、合格までの見通しを明確に位置づけられます。今後、他受講者との比較も可能になります。

 ※脳科学ラーニングの詳細はこちらからご確認頂けます。https://www.shikaku-square.com/cloud/about/

<池谷裕二氏 プロフィール>
東京大学・薬学部・教授
神経科学および薬理学を専門に、脳と記憶に関わる研究を行う。

1995年 日本学術振興会・特別研究員
1998年 東京大学・大学院薬学系研究科にて薬学博士号取得
            東京大学・薬学部・助手
2002年~2005年 米・コロンビア大学・生物科学講座・客員研究員
2006年 東京大学・薬学部・講師
2007年 東京大学・薬学部・准教授
2014年 東京大学・薬学部・教授

 ・著書
『ココロの盲点』『単純な脳、複雑な「私」』『脳はこんなに悩ましい(中村うさぎ共著)』
『記憶力を強くする』『受験脳の作り方』『進化しすぎた脳』『怖いくらい通じるカタカナ英語の法則』『脳はなにかと言い訳する』『脳には妙なクセがある』

 ■株式会社サイトビジット概要
会社名:株式会社サイトビジット
会社サイト:https://www.shikaku-square.com/
代表者:代表取締役 鬼頭 政人
資本金:116,620,000円(資本準備金含む)
本店所在地: 東京都品川区西五反田8-1-2 第2平森ビル4階
(オフィスは2016年3月13日より東京都品川区東五反田1-22-6 岡田ビル4階へ移転いたしました)

 <「資格スクエア」について>
「資格スクエア」は2013年12月の開講以来、大手予備校で豊富な経験のある講師陣を中心に、質の高い授業を従来よりも圧倒的な低価格でオンライン上で提供しております。
業界初の試験対策のクラウド化を実現する新しい学習システム「資格スクエアクラウド」(特許申請中)では、オンライン上でのレジュメの編集や条文・判例へのリンク機能の追加、過去の質問や各自の単語帳がユーザー間で共有可能となり、更なる勉強の効率化が可能となりました。このサービスは、司法試験、行政書士、宅建士、司法書士など難関資格を皮切りに順次提供を開始しております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社サイトビジット
  4. >
  5. 資格スクエアに確実な記憶定着へ導く「脳科学ラーニング」(特許出願中)が追加