【DAC】LINE ビジネスコネクトでパーソナライズド動画によるOne to Oneコミュニケーションを実現

~LINE ビジネスコネクト対応ソリューション「DialogOne」と「livepass Catch」の連携によりユーザー毎に最適化された動画配信を開始~

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:矢嶋 弘毅、東証JASDAQ 証券コード:4281、以下 DAC)は、LINE ビジネスコネクトに対応した「DialogOne」において、livepass株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 向井典久、以下 livepass)の提供するパーソナライズド動画配信ソリューション「livepass Catch」と連携し、LINE上におけるOne to Oneでの動画配信サービスの提供を開始しました。
 本サービスにより、企業はLINE上でよりユーザーに密着したプロモーションを実現することが可能になり、ユーザーの満足度向上やLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)向上が期待できます。
■背景
 顧客一人ひとりにカスタマイズしたパーソナライズド動画の活用は2010年頃から欧米で開始されており、文章や図だけでは表現が難しい内容を映像化することにより、ユーザーの理解を促進し、顧客体験の向上が期待されています。日本国内でも昨今、CRM領域や営業支援用のツールとして、また動画広告として広く活用が進んでいます。国内外での利用ユーザーが急速に増加しているLINEのコミュニケーションにおいても、動画の活用が盛んになっています。
 DACはこれまで、「DialogOne」を通じLINE上でのOne to Oneコミュニケーションの支援に取り組んでおりましたが、今回livepassの提供するOne to One動画ソリューション「livepass Catch」と連携することにより、従来のテキストや画像だけではなく、LINE上で一人ひとりに合わせた情報を動画で配信することが可能となりました。

 
■実施イメージ
▼配信の流れ

①ユーザーがアンケートなどに回答することで、LINEを通じて動画作成のリクエスト送信。
②送信されたリクエスト情報を基に「DialogOne」内でこのユーザーに対応する情報をlivepass Catch側に送信。
③livepass Catchで受け取った情報を基に、ユーザー毎に動画を生成。
④DialogOneを通じ、ユーザーごとに最適化された動画を配信。
 
▼利用例
航空会社 :自社のフライトを利用した際、旅行先でどのような体験が出来るのか?の動画をユーザーの関心や嗜好に合わせて生成し提供。
不動産会社:ユーザーが建てたい家や求める生活のイメージを基に、実際に家を建てた際にどんな生活が待っているのかをイメージできるような動画を生成し提供。

▼ユーザーへの配信イメージ
ベースとなる動画に対して、テキスト、画像や動画をユーザー毎に変更し、最適化された動画の配信を行います。可変領域のテキストも含めて音声の読み上げを行うことも可能です。

 

 

 
■今後の展開について
 「DialogOne」はこれまで、人工知能による会話機能追加、マルチスクリーン/マルチデバイスのキャンペーンを一元管理するマーケティングプラットフォームとの機能連携、スマートフォン向け販促プラットフォームとの連携、そしてデジタルギフト流通プラットフォームとの連携など、各種ツールやソリューションとの提携を行い、継続的に機能を拡大してきました。今後も、広告主のマーケティングに必要な機能を充実させ、高度なコミュニケーションを実現できる、先進的メッセージ管理ソリューションを目指してまいります。


以  上
 

<会社概要>
■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者 : 代表取締役社長CEO 矢嶋 弘毅
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設立 : 1996年12月
事業内容 : インターネットメディアレップ事業、アドテクノロジー事業、オペレーション事業等


本件についてのお問い合わせ先
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
 担当: 戦略統括本部広報担当 TEL: 03-5449-6300 e-mail: ir_inf@dac.co.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
  4. >
  5. 【DAC】LINE ビジネスコネクトでパーソナライズド動画によるOne to Oneコミュニケーションを実現