スケルトン競技世界大会で活躍する髙橋弘篤選手のヘルメット&ソリのラッピングにCJV300を使用  

ヘルメットおよび競技用ソリのラッピングプリントに協力

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、スケルトン競技で全日本選手権をはじめ、世界的に活躍する日本のトップ選手・髙橋弘篤(たかはし ひろあつ)選手(株式会社システックス所属)が大会で使用するヘルメットおよび、競技用ソリのラッピングプリントに協力・提供いたしました。 
 スケルトン競技は、氷のコースを鉄製のソリで滑走し、タイムを競い合う競技です。特に欧米で盛んに行われており、オリンピックや世界選手権、ワールドカップといった大規模な大会が世界各地で開催されています。スケルトン競技の日本トップ選手として知られる髙橋弘篤選手は、当社が本社をおく長野県を拠点に活躍しています。この度、当社は髙橋選手が大会で使用する競技用ソリ、およびヘルメットのラッピングに協力、提供させていただきました。ラッピングシートは、当社のプリント&カットタイプのインクジェットプリンタ「CJV300 series」を使用してプリント、カットいたしました。ヘルメットのラッピングは、当社のプリンタユーザーでもあるMAXIL CREATORS(マクシル クリエーターズ 代表/森脇 尚護)様にご協力いただき、難しい曲線のラッピングも卓越した技術で美しく仕上げていただきました。また、デザインは、長野県千曲市出身の現代アーティスト・越ちひろさんの作品を使用しております。

■ラッピングを施したヘルメットとスケルトン競技専用ソリ

 


■使用したプリンタ

プリント&カットインクジェットプリンタ「CJV300 series」

 

プリントとカットを一台で行えるソルベントインクジェットプリンタ。ステッカー、ラベル、パッケージ用途で特にご要望が多いシルバーインクとオレンジインクを搭載でき、製作物に高い付加価値を与えます。当社の特許を含む画質コントロール技術が高画質を実現し、クラストップレベルの高い生産性を実現します。



選手プロフィール

髙橋 弘篤(たかはし ひろあつ) 
1984年4月13日生まれ(32歳)宮城県出身 長野県在住
株式会社システックス所属 競技歴14年
【主な戦績】
2014年ソチオリンピック12位、2011年~2013年全日本選手権3連覇
【髙橋選手大会出場スケジュール】
・2016/12/03 ワールドカップ第1戦ウィスラー大会(カナダ)
・2016/12/16 ワールドカップ第2戦レイクプラシッド大会(アメリカ)
・2017/01/07 ワールドカップ第3戦アルテンベルグ大会(ドイツ)
・2017/01/14 ワールドカップ第4戦ウィンターベルグ大会(ドイツ)
・2017/01/20 ワールドカップ第5戦サンモリッツ大会(スイス)
・2017/01/28 ワールドカップ第6戦ケニックゼー大会(ドイツ)
・2017/02/03 ワールドカップ第7戦イーグルス大会(オーストリア)
・2017/02/24・26 世界選手権ソチ大会(ロシア)
・2017/03/17 ワールドカップ第8戦ピョンチャン大会(韓国)
 
ヘルメット装飾
MAXIL CREATORS(マクシル クリエーターズ)
代表:森脇 尚護 会社所在地:三重県鈴鹿市

デザイン 越 ちひろ(こし ちひろ)

1980年長野県千曲市生まれ。2006年東京造形大学美術学科絵画専攻卒業。国内外での展覧会のほか、長野駅ビルや飲食店等の壁画、アーティストのCDジャケット作成、絵の具との身体表現から生命そのものにぶつかるライブペインティング、地域イベントへのアート提供など、キャンバスの枠を超えたアート表現の可能性を、地元千曲市から世界に展開している。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ミマキエンジニアリング
  4. >
  5. スケルトン競技世界大会で活躍する髙橋弘篤選手のヘルメット&ソリのラッピングにCJV300を使用