「モバイルファースト」の営業支援システム新登場。アクションコックピット®から

株式会社ビジネスラボ(代表:大西宏 大阪府吹田市)は、企業導入が進み始めたスマートフォンやタブレットに向け「モバイルファースト」をコンセプトにしたSFA営業支援システム”アクションコックピット®”の新バージョンをリリースいたしました。「モバイルファースト」を追求したことで、モバイルでの利用環境で、ユーザーフレンドリーな仕様となり、アクションコックピット®が、営業にとっては最も重要な情報ツールである「営業手帳」としても十分に活用できるようになりました。

 

モバイル活用が営業の効率化の鍵に
モバイルコンピューティング推進コンソーシアムが昨年秋に行なった調査では、スマートフォンやタブレットの導入を行なった企業が3割を超え、スマートフォンやタブレットの企業での活用が進んできています。

「企業におけるスマホ・タブレット利用動向とBYODの実態」
http://www.mcpc-jp.org/news/pdf/201301127_fair_c-1.pdf

スマートフォンやタブレットの活用目的がまだよくわからないと導入をためらう企業も多いようですが、同調査によれば、導入部門は役員と営業部門がトップで、また今後の導入意向もそれぞれの部門が高くなっています
また、一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会の発表でも、IT投資における中期的な重点投資分野のトップが「顧客情報・営業支援(SFA、CRM等)」となっています。こういったニーズを最大に引き出す鍵がクラウドを使ったモバイルでのシステム活用です。

「企業IT動向調査2014」(PDF)
http://www.juas.or.jp/servey/it14/it14_yosan.pdf

モバイルの活用で、帰社してPCに向かわなくとも、外出先で顧客情報や商談履歴の確認も行え、また商談結果の報告や情報の共有が可能になってきます。情報共有が進めば、無駄な営業会議や打ち合わせも激減し、顧客接触活動により専念できるようになります。モバイルの活用は営業の情報化や効率化の鍵を握ってくることはいうまでもありません。

 



利用目的・シーンに合わせたユーザー体験重視の設計

今回の新バージョンは、PC、スマートフォン、タブレットそれぞれの利用目的、また活用シーンを想定し、ユーザーの行動の流れに最適化したユーザーインターフェイスと機能を追求したものとなっています。
いつでも、どこでも目的にあわせて、気軽に利用できる仕様となっています。出先で担当者、連絡先、所在地や地図などの顧客情報や商談履歴も即座に確認して商談に望めます。また帰社しなくとも商談結果の報告や、商談結果にもとづく社内とのコミュニケーション、またタイムラインによってさまざまな社内とのやりとりもスムーズになりました。
またPCとスマートフォン、さらにタブレットそれぞれの機器の特性、利用目的を想定して、それぞれの仕様の最適化をはかりました。とくにタブレットがメインの利用機器とできるように、機能の充実とモバイル利用でもとめられる操作のシンプルさが両立したものになっています。

「営業手帳」が変わる
「モバイルファースト」にもとづく設計によって、顧客管理や情報共有のシステムのSFA営業支援システムが、ひとりひとりのための仕事効率化ツール、パワーアップツールともなってきます。さらに、スケジュール管理や、結果の記録、それがそのまま情報として共有されデータベースとして蓄積されていきます。いわばこれまでの「営業手帳」にはない新しい機能をもった「営業手帳」としての活用がも可能となりました。

冊子「モバイルが営業を変える」をプレゼント

今回のアクションコクピット®新バージョンのリリースにあわせて、営業部門のモバイル導入状況、またモバイルで営業活動がどのように変化してくるかなどをまとめた冊子をご希望の方にプレゼントいたします。ホームページからお申込みいただけます。









詳細はホームページを御覧ください
http://www.bizlabo.co.jp/

ご質問は
info@bizlabo.co.jp
フリーダイヤル
0120-70-8075まで
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ビジネスラボ
  4. >
  5. 「モバイルファースト」の営業支援システム新登場。アクションコックピット®から