映画字幕を語りつくす! トークイベントを開催

~濱田岳さん主演の全編英語・日本語字幕の話題作『サケボム』公開記念~

映像翻訳家 アンゼたかしさん × 同映画エグゼクティブプロデューサー 汐巻裕子さんによるトークセッション
main image
プロ翻訳家の育成を目的とする翻訳の専門校フェロー・アカデミー(運営会社:株式会社アメリア・ネットワーク、代表取締役社長:室田陽子)は、濱田岳さん主演、ハリウッドを拠点に活躍する新鋭、サキノジュンヤ監督の話題作『サケボム』の公開(5月24日、新宿シネマカリテ)を記念し、新宿シネマカリテにて、6月7日(土)15時30分上映回の上映後に“映画字幕を語りつくす”トークイベントを開催します。

「字幕」は海外作品を観る上で日本人にとって欠かせないものです。「字幕」は画面上に文字を重ねるので、セリフを読みながら画面を見ることになります。したがって、一目見て理解できるセリフにすることが重要になってきます。原則、話者の口が動いている間だけ字幕を表示しますので、セリフ1秒につき日本語で表現できるのは4文字というルールがあります。

映像翻訳家は、そういった制限の中、作品の種類やテンポによっても工夫を加え、セリフを作っていきます。高いスキルが必要で、まさに職人技といえるでしょう。

今回のトークショーでは、映像翻訳家 アンゼたかし氏と『サケボム』エグゼクティブプロデューサー 汐巻裕子さんに登壇いただき、「字幕」という違った視点から作品の魅力をお伝えしていきます。
フェロー・アカデミーでは、他業種とのコラボレーションにより、翻訳の奥深さと面白さを伝えるとともに、異文化コミュニケーターとしての翻訳者の認知度向上に努めていきたいと考えています。


【開催概要】
■日時:2014 年 6 月 7 日(土)15:30~17:30
■会場:新宿シネマカリテ
(住所)東京都新宿区3丁目37−12新宿NOWAビルB1F
(Webサイト)http://qualite.musashino-k.jp
■費用:一般:1,500円
■内容
15:30~ 『サケボム』上映(82分)
17:10~ 上映終了後、トークイベント(20分)

【作品情報】
映画『サケボム』公式サイト:http://sake-bomb.com

【トークイベント登壇者】
アンゼ たかし
大学卒業後、翻訳学校フェロー・アカデミーに入学。同校で矢田尚氏に師事し、29歳のときにフリーの映像翻訳家として活動を開始。近年は「ホビット」シリーズ、『ゼロ・グラビティ』(字幕)、『トータルリコール』(吹替)、「シャーロック・ホームズ」シリーズ、『ダークナイト ライジング』、『インセプション』(吹替・字幕)などの超大作も担当。

汐巻 裕子
クズイエンタープライズ国際部、パルコ/シネクイント創設期より番組編成、配給&PRを担当、スタイルジャム国際部を経て、2009年6月、株式会社ピクチャーズデプトを設立。劇場配給宣伝、邦画の海外セールス、フジテレビ「ゲームセンターCX」の海外戦略を手がけるほか、海外共同製作作品を企画プロデュース。


<株式会社アメリア・ネットワークについて>
1975年創立の翻訳の専門校フェロー・アカデミーと、1985年設立の翻訳者ネットワーク「アメリア」を運営。
フェロー・アカデミーは、通学・通信合わせて年間約200講座を開講し、翻訳の3大分野といわれる実務・出版・映像の各分野で基礎からプロレベルまでの豊富なラインナップを用意。翻訳経験豊かなプロ翻訳家である講師が教材作成や指導にあたる。また日本で唯一の全日制コースも備える。 翻訳者ネットワーク「アメリア」には500社以上の翻訳関連会社が登録しており、翻訳者、翻訳学習者に仕事のチャンスを幅広く提供している。

◆会社概要
本社:東京都港区赤坂8-5-6
代表取締役:室田 陽子
設立:2001年1月
資本金:1億円
事業内容:翻訳の専門校 フェロー・アカデミーの運営(Webサイト URL:http://www.fellow-academy.com
翻訳者ネットワーク「アメリア」の企画運営(Webサイト URL:http://www.amelia.ne.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アメリア・ネットワーク
  4. >
  5. 映画字幕を語りつくす! トークイベントを開催