境界悪性腫瘍体験者であるタレント”麻美ゆま”さんの出演協力 シンガー”GILLE”さん「Try Again」楽曲提供のもと がんなどの病気と闘う人への応援ビデオを制作

10月6日(月)YouTubeにて動画公開 !!

 様々ながん情報の発信、がん疾患啓発を行うNPO法人キャンサーネットジャパンは、境界悪性腫瘍を体験したタレント”麻美ゆま”さんの出演協力と、YouTubeを席巻した奇跡のダイヤモンドヴォイスを持つ”GILLE”さんの「Try Again」楽曲提供のもと、がんなどの病気と闘う人への応援ビデオを制作しました。10月6日(月)YouTubeにて動画公開 !!


 様々ながん情報の発信、がん疾患啓発を行うNPO法人キャンサーネットジャパン(東京・理事長 岩瀬 哲:以下CNJ)は、境界悪性腫瘍を体験したタレント”麻美ゆま”さんの出演協力、またYouTubeを席巻した奇跡のダイヤモンドヴォイスを持つ”GILLE”さんの「Try Again」楽曲提供のもと、がんなどの病気と闘う人への応援ビデオを制作しました(企画:NPO法人キャンサーネットジャパン、制作:produce team SHINSEKI)。

 “麻美ゆま”さん、“GILLE”さんの出会いは、CNJが事務局を担当する樋口宗孝がん研究基金が主催する小児・AYA世代(15歳~29歳)のがん患者支援を目的とする6月6日(金)LIQUIDROOM(東京・恵比寿)で開催された「Rock Beats Cancer Vol.4 supported byチューリッヒ生命・Lilly Oncology」に共演したことがきっかけでした。

 提供された楽曲「Try Again」は、困難に直面しながらも"夢に向かう人たち"をフィーチャーした"Try Again Stories" として、これまで“村主章枝“さん、”テリー伊藤“さん、”芹那“さんなど、16作品が公開されています。今回の”麻美ゆま“さんを取り上げた作品は、GILLE(ジル) - Try Again [Try Again Stories #17麻美ゆま編]として、以下のURLで10月6日(月)より公開されます。

http://youtu.be/vaCS5QbfkkY

  NPO法人キャンサーネットジャパンでは、このビデオ公開を通じ、小児・AYA世代(15歳~29歳)のがん支援を目的とする啓発イベントの企画・運営、医療用ウィグの無償提供、支援団体への助成などのため、広く寄付を募集しています。

■「NPO法人キャンサーネットジャパン」について
 1991年二人の医師により米国における乳がん患者向け冊子を翻訳・出版・無償配布した事に始まります。その後、各種がん患者向け書籍の出版、NCIキャンサーファックスの翻訳提供(現在終了)、NCI PDQの翻訳Web公開(現在更新終了)、電話・手紙・メイル・ファックスでの「セカンドオピニオンコール」等のサービスを提供してきました。
 2002年には、東京都よりNPO法人格を取得し、同年、キャンサーネットジャパンホームページが日経インターネットアワードを受賞。2007年1月からは組織を一新し、専用事務局を開設し、がん医療情報の発信、がん医療セミナーの開催、がん情報教育事業、市民へのがん啓発活動を行なっています。
NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)公式ホームページ http://www.cancernet.jp/

■「小児がん」・「若年層世代(15~29歳)のがん」について
 日本では、毎年約2,000人の子供が「がん」と診断されており、子供の人口の約1万人に1人が小児がんにかかっているといわれています。近年、徐々に治療環境の整備などが進められていますが、まだ十分といえる水準ではなく、治療法や薬の臨床研究においても他のがんに比べて遅れています。また、がんを克服し大人になってもがんの治療による成長の遅れや身体的障害、後遺症を抱えている人も多く、就学や就労など社会で自立するための支援を必要としており、大人のがんと異なるさまざまな課題があります。
 また、若年層世代は、AYA(アヤ:Adolescent and young Adult(思春期と若年成人)の略)と呼ばれ、一般的に15歳~29歳の世代を指します。AYA世代のがん患者は、治療中やその後の生活の中で、就学、就労、恋愛、結婚、出産など人生のターニングポイントとなる様々な出来事と向き合う機会が想定され、高齢のがん患者とは異なるAYA世代特有の問題があると考えられています。

■アーティストについて(敬称略・順不同)

麻美ゆま

 セクシーアイドルとして絶大な人気を誇り、「恵比寿マスカッツ」ではアイドル歌手としても活躍し、バラエティ番組、 テレビドラマの出演も多く、最近では「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」、「桜姫」にも出演し、女優としても活躍の場を広げている。
 2013年6月、卵巣の境界性悪性腫瘍を患い、子宮・卵巣の摘出手術、抗がん剤治療中であることを自身のtwitterで告白。 闘病中から、自身の体験を伝えるためテレビ取材などにも応じている。小児・AYA世代(15歳~29歳)のがん患者支援を目的とするチャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES Vol.3」ではナレーションゲストとして、「Vol.4」ではアーティストとして出演し、GILLEさんと共演した。
 本年5月、病気をきっかけに、闘病・復帰までの半生を綴った自身初の自叙伝「Re Start ~どんな時も自分を信じて~」(講談社)を上梓した。麻美ゆま公式ホームページ http://yumaasami.jp/

GILLE

 1987年宮崎県出身。2010年に家族にエールを送るために作った曲「WILL」が話題となる。2012年2月にGILLEのアーティスト名でYouTube上にアップしたシルエットカバー動画がSNS上を中心に驚異的なスピードで話題となり、再生回数1ヶ月で180万回を突破、世界中から絶賛される。
 ユニバーサルミュージックから「春夏秋冬」デジタルシングルで緊急デビューを果たす。素性を明かさず純粋に音楽を届ける、というスタンスで活動をしてきたが、2012年7月18日メジャーデビューアルバム「I AM GILLE」のリリースを機に素性を明かし、以来GILLEとして活動中。
 精力的なライブ活動を行うと共に、2014.8.13には、New Album「TREASURES」をリリースし、2015年1月29日(木)浜離宮朝日ホール(東京)を皮切りに、神戸(2/7)、岡山(2/8)、宮崎(2/15)でのワンマンライブ開催が発表された。GILLE公式ホームページ http://www.universal-music.co.jp/gille

【このリリースに関する問い合わせ先】
NPO法人キャンサーネットジャパン 
〒113-0034 東京都文京区湯島1-10-2御茶ノ水K&Kビル2階
電話:03-5840-6072 ファックス:03-5840-6073 
E-mail:mhf4car@cancernet.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. NPO法人キャンサーネットジャパン
  4. >
  5. 境界悪性腫瘍体験者であるタレント”麻美ゆま”さんの出演協力 シンガー”GILLE”さん「Try Again」楽曲提供のもと がんなどの病気と闘う人への応援ビデオを制作