【株式会社 青幻舎】奇跡を引き寄せる写真家・いくしゅん、待望の初写真集発売!!

キングオブスナップショット!いくしゅんワールドへようこそ!!

株式会社青幻舎は、 写真家・いくしゅんの待望の初写真集『いくしゅん写真集 ですよねー』( http://amzn.to/21NEfU6 )を刊行しました。

 

いくしゅんの写真は、街を歩いて簡易なデジタルカメラで撮影された、いわゆるスナップ写真です。空港のベンチに隙間なくみっしり腰掛ける色とりどりの着流しを着た力士たち、マフィアのボスが葉巻を噛むように堂々と竹をかじるパンダ、すれ違いざまに自転車の荷台から写真家を見つめ続ける犬…。小さな奇跡的な一瞬が次々といくしゅんの行く先々に現れ、カメラに収められていきます。

いくしゅんは10年程前から趣味で写真を始め、当時も今もサラリーマンです。その前は、幼い頃から大学までラグビー漬けの日々を送っていました。その後ラグビーを辞め就職してから、何か新しいこと、今までやったことがないことをしようと思い立ったのが写真でした。

 

本書は、いくしゅんが今まで撮りためてきたスナップ写真群からベストと言えるものを選出し、いくしゅん自ら写真の組み合わせや順序などの構成を行いました。写真一枚一枚のおもしろさだけでなく、一瞬を逃さない瞬発力、数枚の連続する写真で構成されたストーリーの意外性など、書籍全体でいくしゅんの感覚を表現した初写真集です。

いくしゅんが捉える、全く何の関係もない、街ゆく人・モノ・動物などの間にゆるやかに生まれてくる不思議でぎこちない関係や思わぬ行動は、瞬間的に、あるいはじわじわと見る者の笑いを誘います。それこそがいくしゅんワールドの真骨頂です。
いくしゅんの写真の持つ、ゆるっと笑えて少しいじわるな感覚は、きっと私たちの毎日を少し鮮やかで、ちょっと笑えるものにしてくれるでしょう。
いつも心にいくしゅんを。
 

 

 

 


著者プロフィール
いくしゅん
1980年、奈良県生まれ。バンドマンと友達になりたくて写真をはじめ、現在に至る。
http://d.hatena.ne.jp/ikushun/

<受賞歴>
キヤノン写真新世紀佳作(2009年・飯沢耕太郎選、2011年・清水穣選)
<展覧会歴>
個展:「ですよねー」(LIXILギャラリー、2012年)、「愛。ただ愛」(fukugan gallery・大阪、2014年)
グループ展:写真新世紀東京展(東京都写真美術館、2009、2011年)ほか

書誌データ
発行日:2015年11月30日
書名:いくしゅん写真集 ですよねー
写真と構成:いくしゅん
判型:四六判・並製
総頁:240頁
定価:本体1,800円+税
ISBN:978-4-86152-524-7 C0072


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 青幻舎
  4. >
  5. 【株式会社 青幻舎】奇跡を引き寄せる写真家・いくしゅん、待望の初写真集発売!!