漢検協会が、初めて提供する漢字・日本語の検索サイト『漢字ペディア®』2015年11月4日(水)11時よりサービス提供開始(登録不要・無料)

日本漢字能力検定協会が、初めてウェブ上でサービスを提供する登録不要・利用料無料の漢字・日本語の検索ウェブサイト『漢字ペディア®』を開始します。
公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市下京区/代表理事 理事長:久保浩史)は、11月4日(水)より、漢字・日本語の検索Webサイト『漢字ペディア』を開始します。
 


『漢字ペディア』は、「日本漢字能力検定(漢検)」を主催する当協会が初めてウェブ上でサービスを提供する登録不要・利用料無料の漢字・日本語の検索ウェブサイトで、主な特長は以下のとおりです。

1.最新の辞典(※)にある意味・使い方をウェブで検索できます
サイトに収録されている漢字・語彙は、累計発行部数134,500部である『漢検漢字辞典』の最新版・第二版に収録されている言葉であり、スマートフォンやパソコンからウェブ上で気軽に漢字・語彙の意味や使い方を検索することができます。
※当協会発行の最新漢字辞典(2014年11月発行)

2.漢字一文字から複数の語彙・熟語まで幅広く検索できます
このサイトの最大の特徴は、漢字一字の情報を中心に、その漢字から始まる熟語や当て字・熟字訓、故事ことわざなどを一挙に調べることができる点です。今まで提供されている辞典サイトの多くは、国語や言葉の辞典を元にしていますが、当協会の提供するサイトは「漢字辞典」を元に製作していることから、日本語の中心でもある「漢字」への理解をより深めることができ、小中高生の漢字学習のサポートや、会社での企画書・提案書の作成や赤ちゃんの名付けまで幅広く活用しやすくなっています。

3.登録不要・利用料無料のサービスです
当協会は、日本語・漢字を学ぶ楽しさを提供するための活動を日々行っています。このサービスを多くの方々が無料で利用いただくことにより、より豊かな社会の実現に貢献していきたいと考えています。

今後も『漢字ペディア®』は、提供するサービスを充実をさせるため、漢字の成り立ちについてのコラム、豆知識などの漢字に関する情報を順次掲載する予定です。

▼『漢字ペディア®』の概要
内容:漢字・日本語の検索ウェブサイト
URL:http://www.kanjipedia.jp/
収録字数:約6,300字
収録語彙数:約42,000語
利用料:無料 ※ 通信費・パケット料は利用者負担 ※スマートフォンからも利用可
サービス提供開始日:2015年11月4日(水)11:00予定

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  4. >
  5. 漢検協会が、初めて提供する漢字・日本語の検索サイト『漢字ペディア®』2015年11月4日(水)11時よりサービス提供開始(登録不要・無料)