ドコモ・インサイトマーケティング、インテージ、ALBERTがDMP事業において提携

ドコモ・インサイトマーケティングとインテージが提供する大規模DMP「di-PiNK(ディーアイピンク)」は、ALBERTの「smarticA!DMP」と連携し、「di-PiNK for CRM(仮称)」を共同開発する。
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:大竹口勝、以下:ドコモ・インサイトマーケティング)は、株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃、以下:インテージ)、および株式会社ALBERT(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上村崇、以下:ALBERT)と、データ・マネジメント・プラットフォーム(以下:DMP)におけるCRM機能の共同開発・提供を目的とした、企業のビッグデータ活用をトータルに支援する事業において業務提携することに、本日、合意しました。

近年、生活者の行動とICT、そしてモバイル端末との関わりはより密接になり、生活者の行動を捉える膨大なデータ(以下:ビッグデータ)を蓄積できるようになりました。こうした環境の中、企業のマーケティング活動は変化し、これらのビッグデータを統合した「DMP」を活用したマーケティングを推進する動きが広まっています。

ドコモ・インサイトマーケティングとインテージは、インテージが保有する消費者パネルなどのリサーチデータ(個人特定性の高い情報を除きます)、NTTドコモが保有する携帯電話のご契約・ご利用に関する情報(別途個別に同意を得たお客様の情報に限るものとし、個人特定性の高い情報を除きます)等、さらに提携先から提供される3rdPartyデータを統合して利用するドコモ・インサイトマーケティングの大規模DMP「di-PiNK(ディーアイピンク)」を活用したサービスを、2014年7月から提供しています。「di-PiNK」では、幅広いデータを元にした高度な解析により、クライアント企業に対して、生活者の趣味嗜好や購買傾向等の解析データの提供、および企業の自社Webサイトや外部のメディアを用いた生活者へのコミュニケーション支援を行っています。
一方、ALBERTは、企業が保有する自社の大規模な情報の解析による顧客理解や販促活動の支援を行うプライベートDMP 「smarticA!DMP(スマーティカディーエムピー)」を独自に開発し、国内におけるプライベートDMPの黎明期より提供してきました。「smarticA!DMP」は、蓄積されたビッグデータを自動解析するデータマイニングエンジンとオムニチャネルに対応したキャンペーンマネジメントシステムを搭載しており、これを国内企業が導入しやすい形で提供することにより、企業のCRM活動を支援してきました。

今回の業務提携により、ドコモ・インサイトマーケティングとインテージが提供する「di-PiNK」と、ALBERTの「smarticA!DMP」を中心としたCRM領域におけるソリューション力・ノウハウ等を活かした「di-PiNK for CRM(仮称)」を共同開発することで、データ解析からCRM、広告最適化などのコミュニケーション支援まで、企業のマーケティング活動をトータルで支援する取組みを実施してまいります。
  • 業務提携の概要
以下に関して合意しております。
1. ドコモ・インサイトマーケティングが提供する「di-PiNK」におけるCRM機能の共同開発
2. 「di-PiNK」の販売連携
3. データ解析における相互連携
  • 各社の役割
■ドコモ・インサイトマーケティング
・di-PiNKの企画・販売活動
・di-PiNKのシステム構築・運用
■ALBERT
・di-PiNKに対するCRM機能の提供
・di-PiNKを活用した企業へのCRMソリューション提供業務
■インテージ
・di-PiNKを利用した商品・サービスの再販売活動
・di-PiNKを利用した商品・サービスに関するコンサルティング
main image
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ドコモ・インサイトマーケティング
  4. >
  5. ドコモ・インサイトマーケティング、インテージ、ALBERTがDMP事業において提携