大阪国際大学枚方キャンパスで7月26日(土)正午から、 地域共生プロジェクトの実践授業「けやき市」を開催

「商品企画論」受講学生と地元小学生が考案した創作パンも販売

大阪国際大学グローバルビジネス学部の村井康真講師のゼミ生が中心となり、7月26日(土)正午から午後4時まで、枚方キャンパス(大阪府枚方市杉3-50-1)正門前にて、地域共生プロジェクトの実践授業として「けやき市」をひらく。
今年度2回目で、6月開催時には大学近隣の住民ら600人が訪れる盛況だった。
「けやき市」では、大学が包括提携を結ぶ京都府南山城村で栽培されたトマトをはじめとする夏野菜を販売する。
当日は南山城村の野菜で作った学食カレーも登場する。
さらに、村井講師の「商品企画論」を受講した学生たちが考えた創作パンも併せて販売される。
この企画には、大学に近接する菅原東小学校の児童も参加しており、小学生が考えたパンも同時に販売される予定。
近隣住民による手作り雑貨などの出店のほか、キャンパス内の芝生ではウオーターボールを使った水遊びなども楽しめる。

写真は学生が考案したパンの試作品。


6月に開催されたけやき市の様子はこちら
http://www.oiu.ac.jp/re-news/archives/2014/07/141000.html


【本件に関するお問い合わせ】

大阪国際大学 枚方キャンパスセンター

072-858-1616(代)

main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 学校法人大阪国際学園
  4. >
  5. 大阪国際大学枚方キャンパスで7月26日(土)正午から、 地域共生プロジェクトの実践授業「けやき市」を開催