CO2ニュートラルやカーボンフットプリントはCO2削減をサポートできる「ポジティブ(社会貢献型)消費!」

~カストロール、みんなでできるポジティブ消費 インフォグラフィクス第2弾を発表〜

◆ インフォグラフィックス:ふだんの買い物で世界を“ちょっと”よくできるポジティブ(社会貢献型)消費
第2弾「みんなでできるポジティブ消費」
http://www.castrol.jp/neutral

<TOPICS>​​

  • ​BPカストロールが、ふだんの買い物で、自然環境の保全や発展途上国の労働環境の改善などをサポートできる社会貢献型消費として「ポジティブ消費」を紹介するインフォグラフィックス第2弾を発表。
  • URL: http://www.castrol.jp/neutral
  • 第2弾は、「みんなでできるポジティブ消費」と題して、CO2削減の取り組みであるカーボンフットプリントとCO2ニュートラルを紹介。
  • BPカストロールは、エンジンオイルとして、世界で初めてCO2ニュートラル認定を受けた「カストロール プロフェッショナル」エンジンオイル(カーディーラー専用製品)の国内販売を2015年8月より開始。

  BPカストロール株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:小石孝之)は、ふだんの買い物で、自然環境の保全や発展途上国の労働環境の改善などをサポートできる社会貢献型消費として「ポジティブ消費」を紹介するインフォグラフィックス第2弾を発表しました。
 第1弾では、フェアトレード、レインフォレスト・アライアンス、そしてCO2ニュートラルをサポートすることは、自然環境保全や子どもたちの未来をサポートできる「ポジティブ消費」として紹介しました。
 第2弾では、「みんなでできるポジティブ消費」と題して、CO2ニュートラル認定商品やカーボンフットプリントに参加している商品を購入することは、ふだんの買い物で世界を“ちょっと”よくできる「ポジティブ消費」として紹介します。
 

◆ インフォグラフィックス:ふだんの買い物で世界を“ちょっと”よくできるポジティブ(社会貢献型)消費
第2弾「みんなでできるポジティブ消費」http://www.castrol.jp/neutral
 

 昨年11月、フランス、パリで開催された国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)でも、温室効果ガス排出量の削減に向けての話し合いが進められました。
 BPカストロールは、エンジンオイルとして、世界で初めてCO2ニュートラル認定を受けた「カストロール プロフェッショナル」(カーディーラー専用製品)を2015年8月より販売していますが、温室効果ガスのひとつであるCO2削減のためには、私たち一人一人の小さな行動が重要であると考え、ふだんの買い物で地球環境の保全をサポートできる社会貢献型消費として「ポジティブ消費」の理解向上を図っていきたいと考えています。


「ポジティブ(社会貢献型)消費」とは
 私たちは、様々な物を毎日購入しています。ふだんの買い物で自分たちの生活や心を満たすだけでなく、地球環境の保全をサポートできたり、商品を生産している発展途上国の人々や子どもたちの労働環境の改善をサポートできたりすることで、自分以外の人や地球の未来へちょっとだけハッピーのお裾分けができる買い物のことを「ポジティブ消費」と名づけました。

◆ インフォグラフィックス: ふだんの買い物で世界を“ちょっと”よくできるポジティブ(社会貢献型)消費
第2弾「みんなでできるポジティブ消費」 http://www.castrol.jp/neutral

カーボンフットプリント: CO2排出量を意識できる!

 CO2削減をサポートできることは、地球環境の保全につながる「ポジティブ消費」と言えます。その第1歩として、まずは、CO2排出量を意識することから始めましょう。
 原材料の調達、商品生産、商品運搬、そして、生活者による商品購入後の管理(冷蔵庫などでの保管)や調理、最終的な破棄もしくはリサイクルされるまでの全工程で排出されるCO2量をカーボンフットプリントと言います
 インフォグラフィックスでは、カーボンフットプリントの一例として、日本ハム「森の薫り あらびきウインナー(90g)」を紹介しています。








カーボンフットプリント:日本ハム「森の薫り あらびきウインナー(90g)」の場合
●商品が作られて、廃棄またはリサイクルされるまでの全工程で410gのCO2を排出。各工程での排出量は、以下の通りです。
①    原材料調達(原料・梱包資材などの生産・運搬など)時に排出されるCO2量は240g
②    生産(商品の生産や廃棄物の処理など)時に排出されるCO2量は77g
③    流通(商品輸送、輸送資材の廃棄物処理など)時に排出されるCO2量は21g
④    商品使用(商品の調理・冷蔵庫での保管など)時に排出されるCO2量は58g
⑤    破棄・リサイクル(パッケージを廃棄、およびリサイクルする場所まで輸送や処分など)時に排出されるCO2量は14g

 
CO2ニュートラル: 製造時のCO2排出をゼロ(ニュートラル)にできる!

 製品の全ライフサイクルを通じて排出されるCO2をゼロ(ニュートラル)にする取り組みをCO2ニュートラルと言います。CO2削減をサポートできることは、地球環境の保全につながる「ポジティブ消費」と言えます。
 インフォグラフィックスでは、エンジンオイルとして、世界で初めてCO2ニュートラル認定を受けた「カストロール プロフェッショナル」(カーディーラー専用製品)をCO2ニュートラルの一例として紹介しています。









カストロール プロフェッショナル」では、どのようにして、CO2排出量をゼロにしているの?
①    CO2削減活動: 原材料調達、製品製造工程から使用後の廃棄にわたる製品の全ライフサイクルにおけるCO2排出量(カーボンフットプリント)を把握し、技術革新や製造方法の改善などにより、大気中に排出されるCO2量の削減に取り組みます。
②    CO2排出削減プロジェクトへ参加: CO2の削減活動にプラスして、植樹、ケニアの森林保全活動、中国のクリーンエネルギー事業などのCO2排出削減プロジェクトに参加することで、CO2削減活動で消しきれないCO2を実質、ゼロ(ニュートラル)にしています。
 このように、カーボンフットプリント活動に参加している商品やCO2ニュートラルなどの認証・認定製品を購入することは、地球環境の保全をサポートできるため、「ポジティブ消費」と言うことができます。


カストロールの「カストロール プロフェッショナル」は、8㎏のCO2をゼロ(ニュートラル)に!

 カストロールでは、従来より、製品のライフサイクルを通じ排出されるCO2の削減に積極的に取り組んでいます。今回、販売を開始したエンジンオイル「カストロール プロフェッショナル」(カーディーラー専用製品)は、生産・技術革新やCO2削減活動においてさらに一歩踏み込むことにより、エンジンオイルでは世界初のCO2ニュートラル認定を受けました。 

 「カストロール プロフェッショナル」エンジンオイルを4ℓ(1回のオイル交換に必要な平均量)の商品ライフサイクルにおいて、8kgのCO2が排出されます。O2削減活動だけでは削減できずに残るCO2を世界のCO2削減事業(ケニアの森林保全、中国のバイオマス発電、ニューカレドニアの風力発電などの厳選した6つの事業)へ投資することで、実質的なCO2排出量をゼロ(ニュートラル)にしています。具体的には、1 回のエンジンオイル交換(4ℓ)ごとに、1 本の木を植えるに相当する環境貢献活動をカストロールが購入者に代わり実施するということになります。




 



「カストロール プロフェッショナル」の新たなパッケージには、CO2ニュートラル認定を証明する「フットプリント(足跡)※ロゴ」(「カストロール プロフェッショナル」用オリジナルロゴマーク)を施しました。

詳細はhttp://www.castrol.jp/neutral をご参照ください。

※フットプリント:フットプリントマークを通じ、自ら排出するCO2の量を把握し、全量をゼロ(ニュートラル)にしていることを宣言するものです。

ケニアの森林保全

 中国のバイオマス発電

ニューカレドニアの風力発電

 







【一般の読者のお問い合わせ先】
カストロール カスタマーセンター フリーダイアル:0120-05-9617
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. BPカストロール株式会社
  4. >
  5. CO2ニュートラルやカーボンフットプリントはCO2削減をサポートできる「ポジティブ(社会貢献型)消費!」