「働く人の悩みホットライン」前年比24%増の5,323件の相談受付、30~40代の悩みは「職場の問題」50.1%、「自分自身のこと」16.0%

産業カウンセラーへの相談、全体の約6割は30代・40代の働き盛りの世代からの相談が占める

一般社団法人日本産業カウンセラー協会(代表理事:河野慶三)では、2014年度(2014年4月1日から2015年3月31日までの1年間)における全国の相談室(対面相談)および通年無料電話相談「働く人の悩みホットライン」の相談件数と相談内容の統計結果をまとめました。
一般社団法人日本産業カウンセラー協会(代表理事:河野慶三)では、2014年度(2014年4月1日から2015年3月31日までの1年間)における全国の相談室(対面相談)および通年無料電話相談「働く人の悩みホットライン」の相談件数と相談内容の統計結果をまとめました。

http://www.counselor.or.jp/

その結果、2014年度における対面による相談件数は、総計4,454件(男性2,264件、女性2,190件、2013年度比4件減)となりました。また、通年無料電話相談「働く人の悩みホットライン」は、総計5,323件(男性2,234件、女性3,089件、2013年度比1,041件増)という結果で、前年度に比べて24%増加しました。
 

また、「対面による相談室」及び「働く人の悩みホットライン」のどちらにおいても30代、40代の企業中間管理職層にあたる年代の方々からの相談が全体の約6割を占める結果となりました。
 

 

30代及び40代の相談者からの相談内容について分野別割合を見てみると、産業カウンセラーとの対面による相談を利用した場合、そして無料電話相談「働く人の悩みホットライン」を利用した場合、いずれも「職場の問題」が最も多く、相談室32.6%、無料電話相談50.1%という結果になりました。さらに、この層からの「職場の問題」における相談内容の内訳は、「仕事のこと」(相談室40.7%、ホットライン26.4%)、「人間関係」(相談室36.2%、ホットライン46.1%)、「職場環境」(相談室11.4%、ホットライン7.8%)、「労働条件」(相談室0.6%、ホットライン5.8%)、「セクハラ・パワハラ」(相談室5.0%、ホットライン8.5%)、「いじめ」(相談室1.3%、ホットライン2.9%)などとなっています。
 

 



○電話相談 男性は前年比33%増、女性は前年比19%増
通年無料電話相談「働く人の悩みホットライン」を利用した相談は、総計5,323件(男性2,234件、女性3,089件、2013年度比1,041件増)という結果で、前年度に比べて男性が33.0%増、女性が18.7%増と大幅に伸長しました。

分野別の相談内容では、「職場の問題」が、男性(864件、38.7%)、女性(1,664件、53.9%)で、もっとも相談の多い分野となりました。この「職場の問題」に関する相談内訳を男女別で見てみると、男性の場合は「仕事のこと」(358件、41.4%)が最も多く、女性の場合は「人間関係」(799件、48.0%)が最も多いという結果となりました。

また、2010年度の885件から、3.5倍に増加している女性からの相談者(2014年度3,089件)について掘り下げてみると、女性からの相談は40代が最も多く938件(30.4%)となっており、次いで30代が813件(26.3%)、20代と50代が同数で559件(18.1%)となっています。さらに「働く人の悩みホットライン」を利用した女性のうち、「職場の問題」について悩みを抱えている方は、3,089名中1,664名(53.9%)にのぼり、その相談内容の上位は、「人間関係」(799件、48.0%)、「仕事のこと」(415件、24.9%)、「セクハラ・パワハラ」(145件、8.7%)、「職場環境」(122件、7.3%)などとなっています。女性の相談者は、「職場の問題」で同じように悩んでいる男性と比べても、件数、割合ともに「人間関係」について悩んでいる人が多いということが分かります。
 

 

相談内容の実数ならびにその比率など、本統計結果の詳細については、別添の参考資料をご参照ください。
また、統計データの詳細については、一般社団法人日本産業カウンセラー協会ホームページ(http://www.counselor.or.jp/press/tabid/205/Default.aspx)をご参照ください。

http://www.counselor.or.jp/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般社団法人日本産業カウンセラー協会
  4. >
  5. 「働く人の悩みホットライン」前年比24%増の5,323件の相談受付、30~40代の悩みは「職場の問題」50.1%、「自分自身のこと」16.0%