飲食店向け『ebica(エビカ)予約台帳』の公式API連携、第三弾パートナーはスターツ出版株式会社運営の『OZmall』に決定!

—自店の台帳へ『OZmall』からの予約をリアルタイムに自動転記!—

O2Oサービスを展開する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰 以下、エビソル)が提供する飲食店向け予約台帳サービス「ebica(エビカ)予約台帳」のパートナー企業向けAPIを、スターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:菊地 修一 以下、スターツ出版)が運営する女性向けWEBサイト『OZmall』に公開し、正式連携したことを報告いたします。
APIのパートナー向け公開についてはエビソルが取り組むグルメサイトのリアルタイム予約促進の強化施策の一環であり、6月に発表済みのインターネットグルメ予約サービス「Yahoo!予約 飲食店」、7月発表のグルメ情報サイト「ヒトサラ」との公式連携に続く第三弾目となります。

 

本連携は『OZmall』の「OZのレストラン予約」から受け付けた予約がリアルタイムに『ebica予約台帳』へ自動転記される機能です。台帳への入力漏れやタイムラグによるオーバーブッキングなどの予約事故の予防、また、入力の手間の大幅削減を実現できる一方で「OZのレストラン予約」ならではのお客様からのこまかなご要望もすべて確認できるので、店舗はお客様へのおもてなしに集中することが可能となり、サービスレベルの向上につながります。

『OZmall』に参画の飲食店で『ebica予約台帳』をご利用の店舗は本連携機能を無料でご利用いただけます。

今後もエビソルはすべての飲食店にとってより良い予約/空席在庫管理機能の強化、またそれにつながるシステム連携に積極的に取り組んでまいります。


■「OZmall(オズモール)」について
「オズモール(http://www.ozmall.co.jp/)」は、1996年に⼥性ライフスタイル誌「OZmagazine」 のWEB版としてスタート。独⾃の編集⼒を活かした特集記事や、⾼級ホテル・レストラン・ヘアサロン・ウェディング会場などの贅沢なプランがお得に予約できるサービス、⼼理テストや占い、プレゼント企画などを掲載。ユーザーを“⼥友達”と考えたサイト展開で、現在会員数230万人を突破しています。

■「ebica(エビカ)予約台帳」について
「ebica(エビカ)予約台帳」は飲食店向けに開発されたクラウド型予約・顧客台帳システムです。導入時カスタマイズで多彩な機能を組み合わせることで、店舗の予約業務に応じた予約台帳のご提供が可能です。
また、媒体経由の予約を一元管理したり、インバウンド向けに外国語フォームを提供する等、web予約を活用した様々な集客施策もご好評頂いています。「ebica(エビカ)予約台帳」はカジュアルな居酒屋からファインダイニングまで、貴店のおもてなしと商売繁盛をサポートいたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エビソル
  4. >
  5. 飲食店向け『ebica(エビカ)予約台帳』の公式API連携、第三弾パートナーはスターツ出版株式会社運営の『OZmall』に決定!