「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」、名称を「東急プラザ銀座」に決定 銀座・数寄屋橋の新たなランドマークに125店舗が出店 ~2016年3月31日開業~

 東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:植村 仁)は、この度、銀座・数寄屋橋交差点に建設中の「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」の施設名称、出店店舗及び開業日が決定しましたのでお知らせいたします。

<外観イメージ(昼)> 

<外観イメージ(夜)>

 銀座・数寄屋橋交差点に誕生する銀座エリア最大級の当商業施設の名称は「東急プラザ銀座」、開業日は2016年3月31日(木)に決定いたしました。

 日本の商業・文化をリードする街「銀座」に新たに誕生する当施設は、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」という開発コンセプトのもと、伝統工芸である江戸切子をモチーフに取り入れた外観デザインをはじめ、高い格式と最新のトレンドを兼ね備えた出店店舗等、伝統と革新が共存する銀座エリアの魅力を受け継いだ銀座の新たなランドマークとなります。
 施設の6階及び屋上部分には、来街者がパブリックに使用できるスペースを設置し、銀座の街に新たな「都市の広場=プラザ」を創出します。また、全13フロア(店舗部分)には、上質で多彩な、ファッション、雑貨、レストランに加え、都内最大の市中空港型免税店も導入。国内外のお客様に向けた新しい店舗構成の商業施設となります。
 「東急プラザ銀座」は、次世代型の新たなライフスタイル・プレイスとして、世界に誇れる商業施設となることを目指します。

■コンセプト・ターゲット
 開発コンセプトは、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」です。“銀座らしさ”とは、時代を超えて受け継がれた品格と、最先端のトレンドを独自の感覚で取り入れるフロンティア・スピリットであると捉え、その“銀座らしさ”に磨きをかけようと掲げたコンセプトが、この「Creative Japan」。キーワードは、「伝統と革新」です。
 また、建物外観は、日本の伝統工芸である「江戸切子」をモチーフに、「光の器」というコンセプトでデザインしました。江戸切子は、江戸の硝子技術と西洋のカット技術の融合で生まれたといわれ、まさに「伝統」と「革新」の融合の象徴といえます。この建物の外観から溢れ出す光たちが、さまざまな文化を受けいれながら新しい情報を創り発信していく「光の器」を表現しています。
 「東急プラザ銀座」のターゲットは「GINZA Connoisseur(ギンザ コノシュア:目利き、玄人の意味)」です。年齢に関わらず自分のライフスタイルと本質を見極める目を持ち、生活を楽しむ余裕がある「大人」をイメージしています。

<外観イメージ(西銀座通り側)>

■施設計画

 地下5階、地上11階からなるこの施設のメインエントランスは、多くの人々が行き交う数寄屋橋交差点側に設置しました。交差点側に3階へ直接アクセス可能なエスカレーターを設け、お客様を上層階に誘引いたします。また、みゆき通り側にもエントランスを設け、利便性、回遊性を高めます。地下2階はトラフィックの多い東京メトロ銀座駅コンコースと直結し、天候に左右されずご来館頂けます。さらに、建物地下に約170台の駐車場を完備、約800台収容可能な西銀座駐車場とも接続し、快適なカーアクセス環境となります。

<数寄屋橋交差点側 3階直通エスカレーター>

<地下2階 地下コンコース直結エントランス>

■フロア構成

 「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」という開発コンセプトのもと、本施設には、「伝統」と「革新」を体験・体感させる125店舗が出店いたします。
 1階~2階には路面店が立ち並び、B2階そして10階~11階は食物販・飲食フロア、B1階・3階~9階のメインは物販フロアとなります。 また、6階と屋上には施設のシンボルとなるパブリックスペースを設け、ショッピングの合間の休憩や待ち合わせの場所としてご利用頂けます。

 「東急プラザ銀座」には高い格式と最新のトレンドを兼ね備えたバラエティ豊かなショップが揃い、時代や国境を超えた「本物」に出会える場所となります。また「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」というコンセプトを体感して頂ける情報・文化の発信スペースも設置し、Bunkamura(株式会社東急文化村)等と連携し様々なコンテンツをここ銀座から発信してまいります。


■出店店舗概要
 出店店舗は、銀座エリアならではの上質で多彩なブランドに加え、高い格式と最新のトレンドも兼ね備えた店舗構成となっています。
  エリアで希少な大規模開発ならではの全13フロア(店舗部分)には、ファッション、雑貨、レストラン、カフェに加え、東急百貨店の新セレクトストアや東急ハンズの新業態が出店。また、都内最大の市中空港型免税店も導入し、国内外のお客様のアーバンショッピングライフスタイルを満たす次世代型のラインアップとなっています。

【B2階~B1階】GINCHIKA MARCHE
 B2階~B1階は約30店舗が出店する、見て選んで楽しい雑貨と、テイクアウト・イートインにもご利用頂けるバラエティ豊かなマルシェです。

B2階
 銀座駅地下鉄コンコースと直結するB2階には、ニューヨーカーに絶大な人気の老舗ベーカリー「THE CITY BAKERY」をはじめとしたフード&イートインショップが出店。海外の主要空港でシーフードバーを展開するキャビアハウス&プルニエが、ラグジュアリーサンドイッチのコンセプトで人気の「キャビアハウス&プルニエ サンドイッチハウス」を日本初出店。京都で人気の出来立てアイスクリームの「ハンデルスベーゲン」も東京に初出店します。また、株式会社ジュンの展開する「SALON adam et ropé」も出店し、新業態となる和ビストロ「SALON GINZA SABOU」を併設。Farm to Tableをコンセプトに、ジャパニーズモダンのフードや雑貨を取り揃えます。

B1階
  B1階には、人気のギフトセレクトショップ「BIRTHDAY BAR」の新業態、「BIRTHDAY BAR TOKYO」やハンカチ専門店「swimmie」が出店する他、上質な暮らしを発見できる、大人感性のステーショナリーショップ「TOUCH & FLOW」が東京に初出店します。また、クリエイター作品を通して日本のものづくりを提案する「「+S」Spiral Market 銀座」やオーガニックコスメのパイオニアブランド「WELEDA」等が出店し、銀座に新しくバラエティ豊かな雑貨の集積ゾーンが登場します。
 また、新業態「タリーズコーヒープライムファイブ」は、タリーズコーヒー初のバールスタイルで、約100席と都内最大です。プレミアムコーヒーとワイン、スイーツを提供、銀座の地下に便利で思わず立ち寄りたくなる大型カフェが登場します。

【1階~2階】 フラッグシップストア
 伝統を受け継ぎながらも、革新的なスタイルを提案する、上質で多彩なブランドのグローバル旗艦店が集結し、銀座に新たなブランドストリートが誕生します。

 西銀座通り(外堀通り)に面した約110mからなる路面部分には、伝統あるラグジュアリーブランドの世界的旗艦店をはじめ、こだわりの審美眼で世界から最高のアイテムを提案するセレクトショップやイベントスクエア&カフェ等、約10店舗が並びます。数寄屋橋交差点側には、世界的建築家がデザインしたファサードを構えるBALLY、イタリアンラグジュアリーブランドのKitonが新たな一角を彩り、CRUCIANI、EDWARD GREENも花を添えます。続くEMPORIO ARMANIから、HACKETT LONDON、STRASBURGO、HUNTER、GLOBE-TROTTERの並びでは、各々が2層メゾネットにわたる印象的なファサードとユニークな店舗デザインでブランドの世界観を余すところなく表現すると共に、ビスポークサービスなど最上級のおもてなしを提供します。また、みゆき通りの角には、三菱電機が体験型イベントを定期的に開催するイベントスクエア「METoA Ginza」を開設。1階にはカフェレストランも併設し、まちに賑わいと憩いの場を提供します。さらに、数寄屋橋公園側には大人向けの本格クレープで人気の「PÄRLA」が出店。公園周辺に新たな賑わいを生みだします。
※「METoA Ginza」は、3層メゾネットでの出店となります。

【3階~5階】ファッション、服飾・ライフスタイル雑貨、カフェ
本物志向の大人の男女に向けた約40店舗が出店。上質で洗練されたこだわりのファッションアイテムが揃います。

3階
 数寄屋橋交差点から直接アクセス可能なエントランスを設けた3階は、上質で高感度なファッションが揃うフロアです。イギリスから上陸する、上質でモダンなライフスタイルを提案する「SUNSPEL」の日本1号店をはじめ、1901年創業の老舗染色工場が伝統とあたらしさを融合させたストールブランド「marumasu」が初店舗を出店します。また、ニューヨークを拠点に活躍するフラワーデザイナーKenji Takenaka氏によるフラワーショップ「SIKIRO NEW YORK」が日本初上陸します。

4階
 4階には、日本初上陸となるイタリアのレディスファッション「ottod’Ame」をはじめ、「FIGARO Paris」や「essence of ANAYI」、「CASA VIA BUS STOP」等のトレンドを発信するレディスセレクトショップが出店。また、同フロアにはピエール・エルメ、ジョエル・ロブション等を経て、レストランESqUISSEのシェフ・パティシエを務める成田一世氏による新業態カフェ「La nouvelle boutique ESqUISSE」も出店し、本物志向の女性に向けた上質で高感度なショップが揃います。

5階
 5階は、大人の男女に向けたファッションライフスタイル雑貨のフロアです。レディスファッションに加え新たにメンズも展開する「MARcourt DESIGN EYE」や、独自の編集とアイデアで衣食住すべてを提案するライフスタイルブランド「SLOW HOUSE」が出店。日本製にこだわった高品質のファッションを提供する「quadro/sot」や、本物を求め続ける人に変わらない価値観をご提案するナイジェル・ケーボン初のウィメンズ中心のストア「Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM」等が出店します。

 また、3階から5階の一部には約600坪の東急百貨店の新セレクトストア「HINKA RINKA」が出店。バイヤーの目利きにより国内外からセレクトされた旬&高感度なアイテムを取り揃え、今までになかった「新しい大人のファッション」を提案します。3階は多彩な雑貨アイテムが並ぶ自主編集売場や「タイムレストウキョウ」などを展開。4階は1,000足以上を超える品揃えのレディースシューズやセレクトアパレルの「ザ シークレットクロゼット」等が並び、自分だけのスタイルが見つかる充実のラインアップです。5階には、「東京から発信するスタンダード」をキーワードに編集したブロックと、関東初出店となるチョコレートブティック&カフェの「カカオ マーケット バイ マリベル」が登場します。

【6階~7階】FIND JAPAN MARKET
 世界に誇る日本の“本物”に出会えるフロア。 “こだわり”を持った本物志向な大人に向けたファッション・雑貨のマーケットです。

6階
 6階には、現代のライフスタイルに、江戸の「粋」を取り入れた東京・下町「すみだ」発「和モダン」のメンズファッションブランド「IKIJI」や、「日本」をテーマに逸品を「モノ語り」と共に紹介していく通販サイト「藤巻百貨店」のリアル店舗1号店が出店。「遊び心溢れる新しい和」のてぬぐい専門店「濱文様 きめ」や、紙の可能性を広げるブランド「SIWA|紙和」の初店舗「SIWA Collection」、都内初出店となる刺繍専門店「京東都」等、日本の「職人技」「繊細さ」「編集力」を「伝統と革新」で表現した19店舗が揃います。

7階
 7階には、東急ハンズの新業態「HANDS EXPO」とライトアップショッピングクラブの「LightUp/Zekoo」が出店。ハンズエキスポは「カルチャーをつなぎ、カルチャーを育む」をコンセプトとして、「和・都・知・美・食」の5つのゾーンで構成されます。複数のテーマからなる各ゾーンはお互いが溶け合い、また化学反応を起こし、訪れる人々を刺激します。また、「参加し、味わい、出会いがある」ステージを設けたカフェも併設します。

【8階~9階】免税店

 都内最大となる市中空港型免税店「ロッテ免税店銀座」が出店。洗練されたラグジュアリーブランドを中心とした、ファッション、ジュエリー、時計、化粧品等を取り揃えた免税店です。

 8 階には世界のラグジュアリーブランドのブティックや時計ショップ。9階は国内外の化粧品や宝飾品、香水、時計など最大規模ならではのバラエティ豊かな免税商品が揃います。 「市中空港型免税店」ならではの、訪日外国人や出国日本人に向けた、関税、消費税、酒税、タバコ税を免税した商品を取り揃え、お客様にゆとりのある時間の中でお買い物を楽しんで頂ける環境をご提供します。

<免税店店内環境イメージ>

<免税店店内環境イメージ>

 

【10階~11階】GINMACHI DINING
 20店舗のレストランが出店。銀座に新たな“バラエティ豊かで選ぶ楽しみがあるレストラン&ダイニングゾーン”が誕生します。

10階
 10階は、銀座の煉瓦街をイメージしたオープンテラスを中心に新たな“大人

 

の社交場”を演出。四季折々の旬な魚を厳選したグルメ回転寿司「根室 花まる」や、N.Y.発のオーガニックのグルメバーガーとして圧倒的な支持を得ている「ベアバーガー」が出店。タイのビールメーカー「SINGHA」が届けるビアレストラン「SINGDEE TERRACE」が日本初出店。ハワイ島から「Guy & Jo's Hawaiian Style Cafe」も日本初上陸します。また、つるとんたんの新業態「つるとんたん UDON NOODLE Brasserie」は、約140坪の店内で新しいBrasserieスタイルを提案し、国内外のお客様にお楽しみ頂けるレストランです。

11階
 最上階に位置する11階には、数々の話題店を手掛けるトランジットジェネラルオフィスが日本初上陸させる、シドニー発のモダンギリシャレストラン「THE APOLLO」が出店。個人ブランド牛として注目の「尾崎牛」を使用した焼肉店「尾崎牛焼肉 銀座ひむか」も初店舗を出店。また、放送作家の小山薫堂氏が経営する京都の老舗料亭「下鴨茶寮」が、新業態「のまえ/下鴨茶寮 東のはなれ」を東京に初出店します。
 ここ銀座から日本の誇る多様な食文化や本物のおもてなしを世界へ向けて発信します。

■パブリックスペース
 6階と屋上には、訪れた方に自由にくつろいで頂けるパブリックスペースを設置。両スペース内から江戸切子モチーフのガラス越しに銀座の街の景色を楽しむことができます。本スペースは「都市の広場=プラザ」として、様々な出会い、発見を提供する銀座の街の新たな憩いの場となることを目指します。

【6階 KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)】
 約27mの大吹き抜け空間には昼夜通してご利用頂けるラウンジカフェ「数寄屋橋茶房」を設け、また、文化・情報発信イベントも定期開催してまいります。

<KIRIKO LOUNGEイメージ>

◆Bunkamuraとのコラボレーション

 KIRIKO LOUNGEでは、渋谷の複合文化施設Bunkamuraと連携した文化イベントを定期的に開催します。イベントの年間シリーズのテーマは、「四季」「春夏秋冬」。四季折々の美の表現を、音楽・伝統芸能・アートをはじめとする様々なジャンルの文化芸術でご紹介していく予定です。
 「Creative Japan」を体現するアーティストや新しい才能の紹介、銀座に集う本質を見極める“大人”の嗜好に合った多彩なジャンルの文化芸術の提供、またジャンルを超えたコラボレーション企画等を通して、「東急プラザ銀座」ならではの新しい文化発信を目指します。   

【屋上 KIRIKO TERRACE(キリコテラス)】
 屋上のオープンテラス「KIRIKO TERRACE」には、豊かな緑を配した「GREEN SIDE」と、広い水盤が特徴の「WATER SIDE」の2つのゾーンが登場します。中でも「GREEN SIDE」には、日本の四季を表現したいという思いを込め、しだれ桜のシンボルツリーを植樹しました。またカフェ「櫻ノ茶屋」も併設され、軽飲食をお楽しみ頂けます。

<KIRIKO TERRACE GREEN SIDEイメージ>

<KIRIKO TERRACE WATER SIDEイメージ>

 

■周辺の環境整備
 本施設の開業と合わせ、施設周辺環境の整備にも取り組みました。隣接する「数寄屋橋公園」の再整備や、地下コンコースを整備。銀座を訪れる方々の利便性・回遊性向上を図りました。

<数寄屋橋公園イメージ>

 「東急プラザ銀座」はブランドのグローバル旗艦店の出店をはじめ、市中空港型免税店の導入他、パブリックスペース等も兼ね備えた新しい構成の都市型商業施設です。

 東急不動産ではこの「東急プラザ銀座」を、東急プラザのフラッグシップと位置づけ、東急プラザの中で最も先鋭的で情報発信力が高い施設として、新しいライフスタイルをお客様に提案してまいります。
 「東急プラザ銀座」が東京・銀座の新たなランドマークとなり、銀座と日本、日本と世界をつなぐゲートウェイとなることを目指します。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 東急不動産株式会社
  4. >
  5. 「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」、名称を「東急プラザ銀座」に決定 銀座・数寄屋橋の新たなランドマークに125店舗が出店 ~2016年3月31日開業~