ビートレンド、立ち食いスタイルで人気のステーキ店『いきなり!ステーキ』の導入事例を掲載

スマートCRMプラットフォーム『betrend』を提供するビートレンド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上英昭、以下 ビートレンド)は、立ち食いスタイルでステーキを提供する人気店『いきなり!ステーキ』(株式会社ペッパーフードサービス)での『betrend』導入事例記事を掲載いたしました。

 

【導入事例:いきなり!ステーキ(株式会社ペッパーフードサービス)】
http://www.betrend.com/category/casestudy/

 『いきなり!ステーキ』を運営されている株式会社ペッパーフードサービス様は、『betrend』をご活用いただくことで、食べたステーキの量に応じてマイルが貯まる『肉マイレージカード』を中心としたスマートCRMを実施されています。

『肉マイレージカード』とスマートフォン・携帯電話との連携により、メールやスマートフォンアプリのプッシュ通知での情報配信や、スマートフォンアプリ上でのマイル数・ランキング・会員ランクの確認、更には電話でのマイル数・会員ランクの確認にも対応しており、お客様のご利用スタイルに合わせた多様なステータス確認手段を提供されています。 

【記事抜粋】

■肉好きの熱い想いに寄り添った会員制度“肉マイレージカード”
 立ち食いスタイルだけではない、いきなり!ステーキの魅力。

国内外で『ペッパーランチ』280店以上を展開する株式会社ペッパーフードサービスは、2013年、肉の計り売りと立ち食いスタイルでステーキを提供する新業態の『いきなり!ステーキ』を銀座に開業。前菜なしで文字通り“いきなり”分厚いステーキが堪能できるスタイルが人気を博し、首都圏や大阪、さらに地方都市へと出店を続けている。その勢いを支えているのは、肉が好きで店に通い続ける常連客の存在だ。

当初の話題性だけでなく、ずっと続く常連客との確かなつながりは、来店客の心と胃袋をつかんだ『肉マイレージカード』が大きく貢献している。この『肉マイレージカード』は同社社長・一瀬邦夫氏のアイデアによるものだ。同社の営業企画本部長の川野氏に「外食に新しい業態を創造した」と言われる『いきなり!ステーキ』の成功理由と『betrend』の果たした役割を伺った。

 

□■ ビートレンド株式会社について
ビートレンド株式会社は、スマートフォン・タブレット・携帯電話などを活用し、企業が顧客との接点を統合的に管理・運用可能なスマートCRMを実現するプラットフォーム『betrend』を開発。2000年の創業以来、流通業や飲食・サービス業を中心に2,500社35,000店舗以上の導入実績があります。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS(ISO27001))認証取得のシステム運用とプライバシーマーク取得の個人情報管理体制で安全で信頼性の高いシステムをご提供しています。

□■ 本リリースについてのお問い合わせ先
ビートレンド株式会社 企画本部 宮下
〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目22番24号 泉赤坂ビル3F
TEL:03-5549-2380
E-mail:press@betrend.net
URL:http://www.betrend.com/
Twitter:http://twitter.com/Betrend
Facebook:http://www.facebook.com/BetrendCorporation/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ビートレンド株式会社
  4. >
  5. ビートレンド、立ち食いスタイルで人気のステーキ店『いきなり!ステーキ』の導入事例を掲載