日本証券業協会による「社債の取引情報の報告・発表制度」及び「見直し後の公社債店頭売買参考統計値制度」の実施、並びにこれらのシステム運営業務をブルームバーグが受託

社債市場の活性化と透明性向上のために

2015年11月2日、東京—日本証券業協会(協会)は、本日より、「社債の取引情報の報告・発表制度」及び「見直し後の公社債店頭売買参考統計値制度」を開始します。ブルームバーグL.P.(ブルームバーグ)は、協会による新制度のシステム運営業務を受託しました。
「社債の取引情報の報告・発表制度」の概要
日本で初めての取組みとして、協会が、実際に店頭取引が行われた社債の価格等を公表するものであり、発表対象は次の基準を満たす約1,200銘柄(2015年10月現在)です。
発表対象取引 : 取引数量が額面1億円以上の取引
発表対象銘柄 : 次の条件をすべて満たす銘柄
① 当該社債の格付がAA格相当以上
② 当該社債が格付を2以上取得、又は、発行体が発行体格付を2以上取得

「見直し後の公社債店頭売買参考統計値制度」の概要
社債の売買参考統計値の信頼性向上を図るため、協会は以下を柱とした公社債店頭売買参考統計値制度の見直しを行いました。
① 指定報告協会員の指定基準の厳格化
② 売買参考統計値の算出方法の見直し
③ 報告時限・公表時間の繰り下げ
④ 報告された気配値の確認態勢の充実・強化 等

ブルームバーグ在日代表の石橋邦裕は次のように述べています。「この度、日本証券業協会が新制度のもと提供する取引情報と売買参考統計値は市場参加者にとって公社債の投資判断や時価評価の規準として欠かせないデータです。我々はこれまで世界の債券市場で長年の実績があり、本邦公社債市場においても貢献できることを光栄に思います。この度、弊社が提供させていただく新しい算出システムは、市場の発展と更なる効率性・透明性に貢献すると信じています。」

新制度のシステム運営業務はブルームバーグの24時間対応のカスタマーサービスによりシームレスにサポートされ、ブルームバーグの基幹ビジネスであるブルームバーグ プロフェッショナル サービスを運用しているグローバルなクラウドシステムが活用されます。

社債の取引情報及び売買参考統計値は、日本証券業協会のウェブサイト(下記参照)、もしくはブルームバーグプロフェッショナルサービスのJSDA<GO>にて日次、ご覧になれます。
(社債の取引情報) http://market.jsda.or.jp/shiraberu/saiken/torihiki/index.html
(売買参考統計値) http://market.jsda.or.jp/shiraberu/saiken/baibai/index.html

ブルームバーグについて
ブルームバーグは資本市場の透明性を情報の提供を通じて高めることを主な使命として設立されました。今日ブルームバーグでは、世界192カ所、73カ国で15,500名の従業員が業務に携わっています。ブルームバーグの強みは、革新的テクノロジーを基盤として、データ、ニュース、分析機能を迅速かつ正確に配信することです。ブルームバーグ プロフェッショナル® サービスは、全世界で32万人を超えるユーザーの皆様に、リアルタイムの金融情報を提供しています。詳細に関してはhttp://about.bloomberg.co.jp/をご覧ください。

報道関係者 お問い合わせ
(ブルームバーグ):
•    アジアパシフィック 今泉有理  03-3201-2495, yimaizumi4@bloomberg.net
•    欧州 ナタリー ハーランド +44-20-7673-8820, nharland1@bloomberg.net
•    米国アラン ショーンバーグ +212-617-4787, aschoenberg@bloomberg.net
•    ラテンアメリカ パム スヌーク +212-617-7652, pamsnook@bloomberg.net
(協会):
•    日本証券業協会 公社債・金融商品部 03-3667-8456

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ブルームバーグ エル・ピー
  4. >
  5. 日本証券業協会による「社債の取引情報の報告・発表制度」及び「見直し後の公社債店頭売買参考統計値制度」の実施、並びにこれらのシステム運営業務をブルームバーグが受託