全英語カンファレンス「ad:tech tokyo international」 第1回、1,661名の参加者を迎え、盛況のうちに閉幕グローバルで活躍、挑戦するマーケッターの為のイベント

初開催全英語カンファレンス「ad:tech tokyo international」開催後リリース

ディーエムジー・イベンツ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武富正人)は7月15日(水)、16日(木)に東京ミッドタウンホールで今年初開催の「ad:tech tokyo international」(以下、アドテック東京インターナショナル)にて、2日間で延べ1,661名の来場者を記録しました。121名の公式スピーカーが、6つの基調講演と33のカンファレンスセッションに登壇しました。協賛・出展企業9社と、最大級の全英語マーケティングイベントとなりました。

初日は、isobarでAPACのRegional Director Mobile & Innovationを務めるErik Hallander氏による基調講演で幕を開けました。仮想現実の空間は、次世代のコミュニケーションにおけるもっとも重要な変化の1つとして考えられています。世界初の大規模な仮想空間体験「CoDriver」などの最新事例や、今後目指す未来についての講演は、参加者にとって有意義な情報となったことでしょう。公式セッションでは、マーケティング、テクノロジー、またクロスカルチャーという大きなテーマに沿って進められました。

受付対応からセッションまで、全て英語で行われた今回のアドテック東京インターナショナル。日本人同士も英語でコミュニケーションをとるという状況をみて、「これまで日本に何度か来たことがあるが、日本人がこんなに英語を話す環境はみたことがない。」とIsobarのErick Hallander氏はおっしゃっていました。日本でほぼ前例のない全英語カンファレンスは、国内外のトッププレーヤーの心を惹きつけたようです。来場者数、セッションランキングは、以下の通りです。

アドテック東京インターナショナル 来場者数
総来場者数:1,661名
ユニーク:1,144名

◆人気&満足度セッション・スピーカーランキング (敬称略)

[キーノートセッション(基調講演)人気&満足度ランキング]


第1位
【Keynote 1】Discovering a new medium
Erik Hallander (Isobar, Regional Director Mobile & Innovation, Asia-Pacific)

第2位
【Keynote 3】Why Storytelling Matters in 21st Century Presentations
Garr Reynolds (The Author of “Presentation Zen”)

第3位
【Keynote 5】Attention Matters
Jonah Goodhart (Moat Inc., Co-Founder & CEO)

[公式カンファレンスセッション人気&満足度ランキング]
第1位
【C-9】Re-thinking The Value of Digital Branding
パネリスト:
・    Hiroko Hoshino (Financial Times, Commercial Director, Asia Pacific)
・    Takeshi Oshima (Facebook, Head of Measurement, Japan)
モデレーター:
・    Ayako Yuki (Ys and Partners, Inc / Ys and Partners, Japan, SVP / Brand Strategist)

第2位
【B-3】Newest Usage Technique of Audience Data
パネリスト:
・    Cindy Deng (TURN, Managing Director, Asia-Pacific)
・    Jeff Crawford (JC Digital Consulting, Founder)
・    Norio Imai (Google Japan Inc., Head of Google Analytics Premium)
モデレーター:
・    Shigeyuki Tomomatsu (MarketShare KK, EVP, Managing Director)

第3位:
【B-2】Search Practice in the Future. How Will It Differ from The Way We Do It Today?
パネリスト:
・    Shingo Inoue (Yahoo Japan Corporation, Vice President, Business Development Division, Marketing Solutions Company)
・    Tomohiko Sugiura (NEXTAGE Dentsu Inc., President and COO)
・    Yoshihito Mizutani (Google Japan, Performance Solution Expert)
モデレーター:
・    Yuichi Arizono (ATARA, LLC, COO)

 [公式カンファレンススピーカー人気&満足度ランキング(個人別)]
第1位
Anis Uzzaman (Fenox Venture Capital, General Partner & CEO)
【B-7】What is IoT? Its New Opportunities and Markets

第2位
Ayako Yuki (Ys and Partners, Inc / Ys and Partners, Japan, SVP / Brand Strategist)
【C-9】Re-thinking The Value of Digital Branding

第3位
Cindy Deng (TURN, Managing Director, Asia-Pacific)
【B-3】Newest Usage Technique of Audience Data

第4位
Takeshi Oshima (Facebook, Head of Measurement, Japan)
【C-9】Re-thinking The Value of Digital Branding

第5位
Yuichi Arizono (ATARA, LLC, COO)
【B-2】Search Practice in the Future. How Will It Differ from The Way We Do It Today?

第6位
Yuji Hayashi (NIFTY Corporation, Creative planner)
【A-5】Going Beyond PR: To a Day When Any Communication Includes PR

第7位
Luciano Kohmura (AdRoll K.K., Managing Director)
【B-1】How Ad Tech differs between Japan and the Rest of the World

『アドテック東京インターナショナル』概要  
会期:2015年7月15日(水)-16日(木)
会場:東京ミッドタウンホール
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1
後援:全日本空輸株式会社、公益社団法人 全日本広告連盟、一般社団法人 日本広告業協会、
   公益社団法人 日本マーケティング協会、英国大使館、米国大使館、
   ニューバランスジャパン株式会社、Taipei Association of Advertising Agencies(TAAA) 他


 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. コムエクスポジアム・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 全英語カンファレンス「ad:tech tokyo international」 第1回、1,661名の参加者を迎え、盛況のうちに閉幕グローバルで活躍、挑戦するマーケッターの為のイベント