Ancarが自動車整備工場との提携を進め、1都3県のカバー率が90%に拡充

サービス対応エリアの拡充に加え、査定システムの刷新、買取制度のオプション化を行い、出品がより気軽に!

車の個人売買プラットフォーム「Ancar(アンカー)」(現在はβ版)を運営する株式会社Ancar(本社:東京都新宿区 代表取締役CEO: 城一紘、以下 Ancar)は、整備工場との提携を推し進め、1都3県のカバー率が90%になりました。また、査定システムの刷新と買取制度のオプション化を行ったことにより、今までより気軽にご出品いただけます。

(こちら以外のエリアにつきましては、ご相談いただければ対応させていただけるケースもございます。お気軽にお問い合わせください。)
Ancarのサービス対応エリアが拡充し、一都三県のカバー率が90%に
 


Ancarの掲げる「車の個人売買の中で発生する整備業務を各地整備士にクラウドソーシングすることで安全性の担保を行い、それにより今まで中間で取られていた利益を整備業界に再配分する」というビジョンに賛同いただいた整備工場と提携させていただき、2016年2月初旬時点で東京、神奈川、千葉、埼玉のサービス対応エリアのカバー率が90%に到達いたしました。


(こちら以外のエリアにつきましては、ご相談いただければ対応させていただけるケースもございます。お気軽にお問い合わせください。)

また査定システムが刷新され、より精緻な査定額が短時間で取得可能に



Ancarに出品する際に、いくらで売ることが適正かを調べることができる「かんたん査定」のシステムが刷新され、今までの5分の1の時間でより精緻な査定額がメールにて受け取れるようになりました。これにより、売りたいと思った時に、より気軽に、より早くAncarではいくらで売れるのかがわかるようになりました。



買取制度がオプションで選べるように



 

これまでAncarにご出品いただく場合、掲載30日後の買取が必須となっておりましたが、Ancarに買取を依頼したい方がご選択いただけるオプションとなりました。またご出品いただくお車はご自宅に置いたままご出品いただけるため、Ancarに出品したからといってお車がなくなってしまうということはありません。このため、より気軽にAncarで高価格での売却をお試しいただけるようになりました。


関東圏全域へと対応エリアを順次拡大へ

今後、Ancarは営業人員・開発人員を増員し、注力エリア内での実績拡大・サービス改善を行ない、順次関東圏全域へと対応エリアを拡大していく予定です。早期にこれを達成し全国展開できるよう、引き続き整備ネットワーク構築に注力して参ります。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社Ancar
  4. >
  5. Ancarが自動車整備工場との提携を進め、1都3県のカバー率が90%に拡充