電気料金を見直している人はわずか・・・ その理由とは?

昨年末、5都道府県の20代~60代以上の方を対象に、電気料金プランに関する意識調査を実施しました! 料金プランを見直している人は、少ないようです。そこには、どんな理由があるのでしょうか。

●過去3年以内に電気料金を見直した人は、8%!

電力自由化がそれほど認知されていなかった昨年末に、電気料金プランの見直しについて独自のアンケート調査を実施しました。その結果を見ると、過去3年以内に料金プランを変更したのはわずか8%!ほとんどの方が料金プランを変更していないことがわかりました。(図1参照) もっとも高い40代でさえ11%と、年齢に関わらず料金プランへの関心は低いのが実態のようです。
 

 


●ネガティブなイメージが原因・・・

なぜ、電気料金プランを見直す人が少ないのか、その理由を調査すると、「さまざまなプランがあることを知らない」、「今の電気代と変わらないと思う」、「プランの検討、契約変更の手続きが面倒」といった回答が上位を占めました。「どれもおなじ」、「面倒」というイメージから、見直しに消極的になっているようです。
4月1日から、いよいよ電力自由化が始まります。ネガティブなイメージがあるなかで、価格はもちろんのこと、サービスの優位性をいかに創造し、消費者に認知してもらうのか。参入する企業には、大きなハードルとなりそうです。

 



電力自由化ポータルサイト「エネコン」
http://gsusignal.com/column/263/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ
  4. >
  5. 電気料金を見直している人はわずか・・・ その理由とは?