<参加者募集> 健康寿命を延ばすメタボ&ロコモ対策VOL.2 「長野県で解き明かす長寿日本一」開催

公益社団法人 長野県栄養士会(長野県長野市、会長: 園原規子)、公益社団法人 日本栄養士会(東京都千代田区、会長: 小松龍史)は、本年9/7(日)に健康寿命を延ばすメタボ&ロコモ対策VOL.2「長野県で解き明かす長寿日本一」をテーマにした専門職の食と栄養セミナーを実施します。
厚生労働省が進める国民の健康づくり運動「健康日本21」では、2013年からの10年間を対象にした第二次計画の目標に、日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる「健康寿命の延伸」が掲げられました。これを実践する上で重要なのは、「メタボ」そして「ロコモ」の流布はもちろんのこと、健康で長寿であるための生きがいの創出、よりよく生きるための多様な支援です。昨年、厚労省が発表した都道府県別の平均寿命ランキングで男女ともにトップに輝いたのは長野県でした。かつて脳卒中による死亡率がトップクラスだった長野県は、それ以降、長きにわたって生活習慣病対策に取り組み、がんや心疾患などの死亡率が他県よりも低くなりました。セミナーでは、有識者を迎え、長寿日本一の理由を解き明かし、その活動を全国に伝えていきます。

登壇者は公益社団法人 日本栄養士会名誉会長であり神奈川県立保健福祉大学学長の中村丁次氏、名古屋大学大学院教授の葛谷雅文氏、料理研究家の村上祥子氏、長野県健康福祉部 健康増進課長の吉沢正氏、公益社団法人 長野県栄養士会会長の園原規子氏、など、多彩な講師による講演や実技、パネルディスカッションを行います。

<セミナー概要>
専門職の食と栄養セミナー(公社 長野県栄養士会、公社日本栄養士会主催 味の素株式会社協賛)
日時 :2014年9月7日(日)13:00~17:00
場所 :JA長野県ビル アクティーホール
(長野市大字南長野北石堂町1177番地3 長野駅から徒歩約10分)

<セミナー内容>
【生活習慣病予防と長寿】公益社団法人 日本栄養士会名誉会長・中村丁次氏
【長寿のためのメタボ・ロコモ予防の食事】料理研究家・村上祥子氏
【長野県の長寿を支えてきた理由】長野県健康福祉部健康増進課長・吉沢正氏
【長野県栄養士会の活動】長野県栄養士会会長・園原規子氏
【健康寿命の延伸と栄養-2015年に改訂される「日本人の食事摂取基準」を中心に】名古屋大学大学院教授・葛谷雅文氏
【パネルディスカッション】登壇者すべての方による

<参加者募集>
先着順に受付、定員になり次第締め切ります。
FAXと郵送にて受け付け、9月5日(木)必着まで

<お申込み方法>
氏名、電話番号、住所を明記のうえ、下記宛先へお送りください。
[FAX]
026-235-0632
専門職の食と栄養セミナー係
(公社)長野県栄養士会
〒380-0836 長野県長野市南県町685-2 長野県食糧会館内

-本件に対するお問い合わせ先-

株式会社TNC 担当:村上・堀川
〒162-0833 東京都新宿区箪笥町1番地
TEL:03-6280-7193 FAX:03-6280-7194
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社TNC
  4. >
  5. <参加者募集> 健康寿命を延ばすメタボ&ロコモ対策VOL.2 「長野県で解き明かす長寿日本一」開催