グループス、中国ゲーム市場に初進出  Mobageで「奥丁戦紀」を提供開始

株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:川方 慎介:以下「グループス」)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功、以下「DeNA」)が運営するソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」を通じ、2013年1月正式リリースに向け、12月17日(月)より「奥丁戦紀」のOpenβ版をAndroid版にて、初の中国市場向けタイトルとして提供開始したことをお知らせいたします。iOS版についても順次、提供して参ります。

サンプル画像

 

サンプル画像

 

サンプル画像

グループスはDeNAと海外事業の包括契約を締結しており、本年10月にはMobageにて欧米市場向けに「Warriors of Odin」を提供しており、「奥丁戦紀」は中国市場へ配信する初のタイトルとなります。

「奥丁戦紀」は、日本国内で「大連携!!オーディンバトル」として140万人を超えるユーザーにお楽しみいただいている大人気ゲームの中国版です。北欧神話をベースにした世界観のゲームで、ユーザーが、主神オーディンの騎士となり、闇の軍勢との最終決戦『ラグナロク』へ向け、オーディン軍の選抜隊の座をギルド同士で競い合います。リアルタイム性の高いバトルシステムで、プレイヤー同士でギルドを組み他のギルドと戦う対抗戦やジョブチェンジシステムなど、魅力が満載です。また、オープニングのアニメーションを一新し、今後は中国のユーザーに浸透しやすい独自のキャラクターも登場予定。さらに、BGMが追加されたことで、バトル開催時は戦いの優劣が音楽で分かるようになっていることも特徴です。

コピーライト表記 © gloops, Inc.
本リリースの文章、提供した画像データ等を本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。

■株式会社gloops (グループス) について
グループスは、インターネット上で様々な人とコミュニケーションを取りながら遊ぶソーシャルゲームの開発・運営を行うソーシャルアプリケーションプロバイダです。現在までに、バトル系シリーズである「大乱闘シリーズ」、スポーツ系シリーズである「大熱狂シリーズ」などを中心としたソーシャルゲームの開発・運営を行っております。

設立:2005年8月2日
代表取締役社長:川方 慎介
従業員数:463名(2012年12月現在)
事業内容:SAP事業

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社gloops
  4. >
  5. グループス、中国ゲーム市場に初進出  Mobageで「奥丁戦紀」を提供開始