話題を呼ぶ有明海の謎の生物「W・R・S・B」。佐賀市の観光プロモーションに一役。

佐賀市の秀島市長、学生や役者が総出演するプロモーションサイト、フィルム公開が大反響。再生回数は68,000回を越え、現在ワラスボグッズの販売なども検討され、様々な波及効果を生んでいる。

佐賀市が市の認知度アップを目的として、WEB用のムービーALIEN OF ARIAKE 「W・R・S・B」を制作し、同時に特設サイトを開設。ジオメトリー・グローバル・ジャパン合同会社(久保明彦 職務執行者、本社:東京都渋谷区 以下、GGJ)がその制作を担当しました。

佐賀市は、九州の北部に位置する佐賀県の県庁所在地です。同県の政治・経済・教育文化などの中心として発展する一方、有明の豊かな海、きれいな水と空気に恵まれた山々、どこまでも続くのどかな平野などの自然環境を活かし、農林水産業や観光にも力を入れています。また、昨年の4月に市の認知度やイメージの向上を目的としてシティプロモーション室を立ち上げ、積極的に佐賀市の魅力を発信しています。

プロモーションサイト、フィルム公開が大きな反響を呼び、再生回数は68,000回を越え、現在ワラスボグッズの販売なども検討され、様々な波及効果を生んでいます。

制作総指揮を務めたGGJのトップ・オブ・クリエイティブ 三寺雅人は、次の様に述べています。「佐賀市で初めてワラスボを見た時の衝撃を多くの人々に届けるために映像を制作しました。この映像をキッカケに佐賀市へ訪れワラスボと対峙する方が増えることを期待しています。」

このプロモーションビデオに出演し、自らも率先してPR活動を行う佐賀市の秀島敏行市長は、「最初にこの企画を聞いた時は、私たちにとってはあたりまえの存在であるワラスボで、本当に佐賀市をPRできるのかとびっくりしましたが、結果的にはとても面白いムービーに仕上がりました。これを観た人が、ちょっと佐賀に行ってみようかと思ってくれたらうれしいですね。」と述べ、この度のプロモーションビデオに込めた思いを述べています。

佐賀市は有明海の東与賀町の干潟のラムサール条約登録を目指しており、湿地の生態系を維持しつつそこから得られる恵みを持続的活用にも積極的に貢献するとともに、佐賀市ホームページのトップページにリンクをおき、ワラスボの貴重性、優位性をアピールしながら認知を高め、観光等の誘致につなげていきたい考えです。

佐賀市サイト: http://www.city.saga.lg.jp/
佐賀市PRムービー&特設サイト: http://www.saga-city.jp/wrsb/
備考: 本ムービーのロケ地はすべて佐賀市内で、また出演者もほとんどが佐賀市民です。

ジオメトリー・グローバル(GG)について
世界最大のアクティベーション・ネットワーク
世界最大のネットワークを誇るアクティベーション・エージェンシー。2013年6月にWPPグループのG2 Tokyoとオグルヴィ・アクション・ジャパンを統合し、“ジオメトリー・グローバル” をローンチ。データ、インサイト、そしてクリエイティブを結びつけ、購買意思決定の経路に沿ったスペース、タイミング、メッセージを適切、かつ正確に組合わせる「プレシジョン・アクティベーション」により、未だに満たされていないニーズへのユニークなソリューションを提供します。コンテキストとコンテンツの適切な融合に焦点を置き、その両面から消費者の行動に影響を及ぼし、さらに、実績あるコミュニケーション手法と優れたクリエイティブ・アイディアを効果的に融合し、ビジネスの推進力に変換します。世界56のマーケットにエキスパートを有し、高度に説得力のあるマーケティングプログラムを開発。- データとインサイトを活用しながら、人とブランドを的確なタイミング、場所、方法でつなぎ、クライアントのビジネスに測定可能な変化をもたらします。
ジオメトリー・グローバルは、世界最大手のコミュニケーション・サービス企業であるWPP Group (NASDAQ: WPPGY, www.wpp.com)の一員です。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Ogilvy & Mather Japan
  4. >
  5. 話題を呼ぶ有明海の謎の生物「W・R・S・B」。佐賀市の観光プロモーションに一役。