2015年夏休みの旅行先は円安で国内が人気!? 人気の国内旅行先、1位は「北海道」

「マネーゲームではない資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)」を提案する株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)(URL:http://www.m2j.co.jp/ 本社:東京都港区 代表取締役社長:相葉 斉)は、企業メッセージである“Harmoney”をコンセプトに運営する、人とお金が響きあう資産運用ポータル「Harmoney.jp」の会員を対象に、『夏休みの旅事情に関するアンケート調査』を行いました。また、その調査結果をインフォグラフィック(http://www.harmoney.jp/column/news/325)で公開しました。
※“Harmoney”とは…
人とお金が上手に付き合えば、きっとその人の人生に新しい可能性が生まれる、という考え方を、「人とお金(money)のハーモニー(Harmony)」を表す造語である“Harmoney”という言葉に込めました。

<調査概要>
■ 調査タイトル :夏休みの旅行はどこに行く?
■ 調査対象     :Harmoney.jp会員
■ 調査期間     :2015年7月3日~7月14日
■ 調査方法     :インターネットリサーチ
■ 調査地域     :全国
■ 有効回答数   :380サンプル
■ 公開URL      :http://www.harmoney.jp/column/news/324
 

<調査サマリー>
  1. 理想の夏休みは「14日以上」と回答した人が36.8%、しかし現実は平均「6.0日」
  2. 夏休みに国内旅行に行く人は58.2%、海外旅行を大きく上回る
  3. 国内の人気旅行先1位は「北海道」、海外は「ハワイ・グアム・サイパン」
  4. 約8割が為替情報を気にする中、FX取引で両替ができることを知っている人は6割

<調査結果> http://www.harmoney.jp/column/news/324
<インフォグラフィック> http://www.harmoney.jp/column/news/325
※インフォグラフィックとは…情報をビジュアルで表現することで分かりやすく内容を伝え、見る人に効率よく理解していただくための表現方法です。

(1)  理想の夏休みは「14日以上」と回答した人が36.8%、しかし現実は平均「6.0日」
理想の夏休みの期間について聞いてみたところ平均「9.8日」となり、「14日以上」と回答した人が36.8%と最も高く占めました。次いで「7日(22.4%)」、「10日(16.7%)」となりました。しかし、実際の夏休み期間を聞いたところ「5日(19.7%)」が最も高く、次いで「3日(13.9%)」、「7日(12.6%)」、全体平均は「6.0日」という結果となりました。一方「0日」と回答した人も9.8%いました。理想と現実には約4日間の差があり、もう少し長い夏休みがほしいという人が多いようです。

(2)  夏休みに国内旅行に行く人は58.2%、海外旅行を大きく上回る
夏休みの旅行の予定について聞いたところ、「国内旅行(58.2%)」が「海外旅行(10.5%)」を大きく上回りました。なお、「旅行の予定がない」と回答した人は31.3%でした。また、旅行に行く際の一人あたりの予算を聞いたところ、全体の65%が「50,000円未満」となり、去年より「増えた」もしくは「少し増えた」と回答した人は14.8%となりました。夏休み期間が「5日(19.7%)」という人が最も多いことからも、今年の夏休みは海外への長期旅行などではなく、日帰り旅行や一泊旅行など短期旅行で休暇を過ごす人が多いことが想像できます。

(3)  国内の人気旅行先1位は「北海道」、海外は「ハワイ・グアム・サイパン」
行きたい旅行先を聞いたところ、国内旅行で最も人気が高かったのは「北海道(28.8%)」、次いで「四国(19.8%)」、「関東(13.0%)」、「中部(13.0%)」という結果になりました。昨年の富士山や富岡製糸場に続き、今年「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録されたことや、有名テーマパークに新たな目玉施設が登場したことなどが、国内旅行人気を後押ししたかもしれません。

海外の行きたい旅行先は1位が「ハワイ・グアム・サイパン(32.3%)」、次いで「ヨーロッパ(28.0%)」、「アジア(19.4%)」という結果になりました。

旅行に行く目的として一番多くポイントを獲得したのは「リフレッシュするため(230pt)」でした。次いで「観てみたい自然がある(94pt)」、「自分へのごほうび(83pt)」、「親孝行、家族サービス(80pt)」という結果になりました(複数回答)。


(4)  約8割が為替情報を気にする中、FX取引で両替ができることを知っている人は約6割
海外旅行に行く際、為替情報を気にするか聞いたところ、「非常に気にする、リアルタイムでチェックする(24.5%)」、「まあまあ気にする、ネットで調べたりする(54.7%)」と回答した人が約8割となり、多くの人が為替情報をチェックしていることがわかりました。続いて旅行先での両替について聞いたところ「かなり重視する、いろいろ回って一番良いレートで両替する(20.0%)」、「まあまあ重視する、2~3ヵ所回って両替する(45.8%)」となり、約65%の人が両替所のレートを重視するという結果になりました。多くの人がレートを重視する一方、レートの変動や外国為替の仕組みを用いた金融商品FX(外国為替証拠金取引)を用いると低コストで両替できることを知っている人は約6割に留まりました。

誰もが待ち遠しい夏休み。日ごろ頑張っている“自分へのごほうび”に、行きたい場所を訪れてやりたいことを思う存分楽しんでみてはいかがですか?Harmoney.jpのマネーコラム「Money for Value Travelers」では、現地通貨にお得に両替する方法や旅行者目線で感じるお金に関する様々な情報を配信しています。

■「Money for Value Travelers」はこちら
http://www.harmoney.jp/column/hobby/71

Harmoney.jpは今後も、お金・生活に役立つ調査結果やその他の情報を発信して参ります。

■Harmoney.jpの過去のアンケート調査結果はこちら
URL: http://www.harmoney.jp/column/tag/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88


【Harmoney.jpについて URL:http://www.harmoney.jp/
Harmoney.jpは「お金」について楽しく、しっかりと学びたい人のための資産運用ポータルサイトです。様々なお金事情について、皆さまが「知りたい!」と思うこと、「みんなはどう思っているのだろう?」といったことにアプローチし、FXのみに限らない様々な“お金”に関する情報を発信いたします。

【運営会社:株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)について】
2002年の創業来、「マネーゲームではない、資産運用としてのFX」をコンセプトに、外国為替証拠金取引(FX取引)における独自の商品・サービスを提供しています。社名の「マネースクウェア」という言葉には、「お客様の資産をスクウェア=2乗にも3乗にも増やしていただきたい」そして「投資家の方々が集まるスクウェア=広場でありたい」という想いが込められております。その実現に向けて、どの金融機関よりも高い規律を持ち、挑戦を続けていきます。マネーゲームから、人生に可能性をもたらす「資産運用」へ。私たちは、人とお金の新しい関係をつくりたいと思っています。

URL :http://www.m2j.co.jp/
会社名 :株式会社マネースクウェア・ジャパン(MONEY SQUARE JAPAN, INC.)
本社 :東京都港区赤坂9丁目7番1号 ミッドタウン・タワー
TEL(03)3470-5050 FAX(03)3470-5053
代表者 :代表取締役社長  相葉 斉
設立 :平成26年5月20日
資本金 :1,700,000千円(平成26年10月1日現在)
事業概要 :第一種金融商品取引業(主に外国為替証拠金取引(FX取引)業


株式会社マネースクウェア・ジャパン
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号 (加入協会)一般社団法人金融先物取引業協会

<発注管理機能に関しての注意事項>
発注管理機能である『トラップトレード®』『リピートイフダン®』『トラップリピートイフダン®』『ダブルリピートイフダン®』は取引の利益を保証するものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさっていただきますようお願いいたします。
同一通貨ペアで複数の『ダブルリピートイフダン®』を入れる、またはすでにポジションを持っている通貨ペアで新たに『ダブルリピートイフダン®』を注文すると両建て取引となることがありますのでご注意ください。

※『トラップトレード®』『リピートイフダン®』『トラップリピートイフダン®』『ダブルリピートイフダン®』は、株式会社マネースクウェア・ジャパンの登録商標です。

<お取引に関しての注意事項>
●取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引などの内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。当社の外国為替証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金でお取引を行うため、多額の利益となることもありますが、通貨価格の変動や金利動向の変化により預託した資金以上の損失が生じる可能性があります。また、外貨事情の急変、外国為替市場の閉鎖など、不可抗力と認められる事由により外国為替取引が不能となる可能性があります。
●取引手数料は価格上乗せ方式で、新規および決済取引のそれぞれに必要となります。手数料額は1,000通貨単位当たり10~100円(対ドル通貨は0.1~1ドル)で、通貨ペアおよび諸条件により異なります。
●当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異、戦争などによる相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。
●取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合取引総代金の4%、法人のお客様の場合取引総代金の2%となります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社マネースクウェア・ジャパン
  4. >
  5. 2015年夏休みの旅行先は円安で国内が人気!? 人気の国内旅行先、1位は「北海道」