ドルは「2022年に65円」になり、日本株は16年12月で底を打って反転する! 「相場の神様」若林栄四が最新相場予測を初公開!

国内外の個人&機関投資家から絶大な支持を得る若林栄四氏の新刊、『黄金の相場予測2016 覚醒する大円高』を発刊

株式会社日本実業出版社(東京都文京区、代表取締役社長:吉田啓二)は、若林栄四氏の新刊『黄金の相場予測2016 覚醒する大円高』を2月27日に発刊します。

若林栄四 著『黄金の相場予測2016 覚醒する大円高』

 

【発刊の背景】
2016年の市場は「大発会後、戦後最長記録となる6連続安」で幕を開けたのを皮切りに、悲観的な見方が先行しています。こうした動きを受け、日銀の黒田総裁は1月29日に「マイナス金利」をはじめとする新たな金融緩和策を決定しましたが、依然として相場の変動率は高く、先行きが見えない状況が続いています。

今年の相場はどうなるのか? そして、今後の日本経済の先行きはどうなるのか?

こうした疑問や不安に応えるべく、相場予測で絶大な人気を誇り「相場の神様」と称される、若林栄四氏の最新の相場予測を公開します。


【本書の概要】
  • 「日本株は2016年末に14000円(NYダウの下げ方次第では1万円割れ)まで下がり、そこから上昇基調に転じる」「為替は2022年に1ドル=65円を目指す」など、“後付けの経済評論”ではなく、「いつ、いくらになる」を明言する若林流の相場論が満載
  • 「為替相場の最前線雰囲気を味わえる」と過去の著作でも好評を博した、若林氏が東京銀行のディーラーだった時代の「奮戦記」や、現在ニューヨークに在住している若林氏の目から見た2016年米大統領選挙など、付録要素も充実!


【著者プロフィール】

 

若林栄四(わかばやし・えいし)

1966年京都大学法学部卒業。東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。同行シンガポール支店為替課長、本店為替資 金部課長、ニューヨーク支店次長を経て、1987年、勧角証券(アメリカ)執行副社長。1996年末退職。現在、米国(ニューヨーク)に在住。日本では外国為替コンサルタント会社である(株)ワカバヤシFXアソシエイツの代表取締役を務める。

歴史観に裏づけされた洞察力から生み出される相場大局観で、国内外の機関投資家、個人投資家に絶大な人気を誇る。『富の不均衡バブル』『不連続の日本経済』『デフレの終わり』(いずれも日本実業出版社)、『異次元経済 金利0の世界』(集英社)などの著書がある。

☆若林氏の過去の書籍と結果
  • 『ムック 勝ち残りのFX』(2007年11月発刊)で「2011年までに1ドル75円になる」と予測→2007年11月末に115円台だったドル円は2011年10月に75円をつけ、的中
  • 『デフレの終わり』(2011年7月発刊)で、「2012年が最後の超円高」と予測→2012年1月の76円台から2015年6月の125円台まで上昇し、的中
  • 『不連続の日本経済』(2012年12月発刊)で「2013年から従来とは不連続な動きで垂直的な株価上昇に入る」と予測→2013年1月の安値1万398円から2015年5月の高値2万655円まで、日経平均が大きく上昇し、的中
  • 『富の不均衡バブル』(2014年6月発刊)で「米国ダウは2015年が大天井」と予測→2015年5月19日に史上最高値となる18351.40ドルをつけ的中(2016年2月11日時点では1万5660ドルと下落中)


【書誌情報】
『黄金の相場予測2016 覚醒する大円高』(若林栄四 著)
税抜本体価格:1500円
判型:四六判/並製
ページ数:232ページ
ISBN:978-4-534-05361-9
2/27(土)より全国書店にて発売予定


【こちらからご購入いただけます】
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社日本実業出版社
  4. >
  5. ドルは「2022年に65円」になり、日本株は16年12月で底を打って反転する! 「相場の神様」若林栄四が最新相場予測を初公開!