制度変更に伴い生鮮野菜に「栄養機能食品」表示を導入

赤血球の形成を助ける野菜「マルチビタミンB12かいわれ」

 株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、今年4月の食品表示制度の変更に伴い、ビタミンB12を含有した野菜「マルチビタミンB12かいわれ」を、「栄養機能食品」として6月15日より発売します。

 

 













 「栄養機能食品」とは、国が定めた規格基準のもと、栄養成分の機能を表示して販売される食品です。これまでは加工食品と鶏卵のみが対象食品でしたが、栄養成分を高めた野菜が普及していることなどを背景に、今年4月から生鮮食品も対象に加わりました。

 

 「マルチビタミンB12かいわれ」は、本来野菜には含まれないビタミンB12を特許技術によって安定的に含有させたかいわれ大根です。ビタミンB12はレバーなどに多く含まれる、赤血球の形成に関わる必須栄養素ですが、肉を避けがちな高齢者やダイエット中の方、菜食を好む方では不足する恐れがあります。本商品は、ビタミンB12を摂取できる機能性の高い野菜として村上農園が2004年に発売を開始し、健康志向が高まるなか急速に売り上げを伸ばしています(右図)。

 

 今回の栄養機能食品の対象拡大を受け、商品パッケージに「ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です」の表示を追加し、6月15日より新パッケージにて販売を開始します。


<商品概要>

マルチビタミンB12かいわれ

 

商品名                        マルチビタミンB12かいわれ

容量                           60g程度 (可食部30g程度)

価格帯                        100円前後/1パック

                               (価格は販売店舗により異なります。)

新パッケージ発売日      2015年6月15日(月)

発売地域                    全国

ビタミンB12含有量        22〜130μg/100g当たり

商品特長

 ◆    村上農園と広島大学の共同研究で開発・量産化に成功した産学連携開発商品。

 ◆    1/3パック(10g程度)で、成人が1日に摂ることを推奨されているビタミンB12の量(2.4μg)を
   摂取することができます。

 ◆    見た目や味は通常のかいわれ大根と同じで、サラダや刺身のつま、薬味など幅広くご利用いただけます。 

<村上農園 会社概要>

設立                 1978年1月10日

代表者              村上清貴

売上高              46億2,500万円(2014年12月期)

事業内容          スプラウト、豆苗(とうみょう)、かいわれ大根など発芽野菜と高成分野菜の生産・販売

事業所              本社・研究開発部(広島)

                       生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)

                       営業所(千葉、大阪、広島)

                       広報マーケティング室(東京)

関連会社          株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)

ウェブサイト       http://murakamifarm.com

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 村上農園
  4. >
  5. 制度変更に伴い生鮮野菜に「栄養機能食品」表示を導入