アフリカの大地に日本製品を! モザンビークのカーニバルで日本製品をサンプリング!

~アフリカ市場が身近に?! 提携先拡大!~

中古車輸出販売世界一を目指す㈱ビィ・フォアードは、アフリカ市場での日本製品流通拡大を目的に、3月1日(土)、2日(日)のモザンビークのカーニバルで現地の人を対象に商品サンプリングを行い、現地のマーケット調査を行いました。
【プレスリリース】
報道関係者各位

2014年3月26日
株式会社 ビィ・フォアード
本社:東京

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
アフリカの大地に日本製品を!
モザンビークのカーニバルで日本製品をサンプリング!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


~アフリカの市場が身近に?! 提携先拡大!~

中古車輸出販売世界一を目指す(株)ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役社長:山川博功)は、2014年3月2日(土)、3日(日)にアフリカのモザンビーク共和国の首都マプトで行われたカーニバルにおいて、パートナーシップ企業のレック株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:永守貴樹 東証第一部上場:証券コード7874 以下レック)の商品23種類約1,000点を、サンプル品として無料配布いたしました。

マプトのカーニバルは、地元テレビ局SOICO TV(http://stv.sapo.mz/)と、地元メディアSAPO(http://www.sapo.mz/)の主催により運営されており、モザンビークの文化省、教育省、観光省および、マプト市議会と民間団体のスポンサーの支援を受けております。当社は文化交流、経済交流の機会創出の一環として、当イベントのメインスポンサーとして、その運営をサポートしました。



【背景】

当社のTシャツを着て行進する現地の中学生

近年、モザンビークではアルミ精錬事業や水力発電などの大型プロジェクトが経済を牽引しているものの、国民一人当たりのGNIが470ドル(世界銀行:2011年)と低く、依然として世界の最貧国のひとつとして位置づけられています。しかしながら、インド洋に面した2,500kmにわたる長大な海岸線は、ジンバブエ、マラウイ、ザンビアといった近隣の内陸国の海の玄関口として地理的な要衝を占めており、高い経済成長の潜在性を持っております。当社の主要サービスの一つ「シティーデリバリーサービス」では、陸送が困難とされる内陸部へのロジスティックシステムを構築しており、同国のマプト港はその重要な港の一つとなっております。

地域経済活性化に必要な企業活動が未発達な同国は、保健・教育等の開発の遅れにより、人間開発指数は187ヶ国中184位(UNDP:2011年)に低迷しております。当カーニバルは地元の中学校16校の生徒3,000人以上が参加しており、当社は文化交流と経済交流は教育開発支援の一環になると考え、当イベントのメインスポンサーを務めました。



【イベント参加者に特選中古車を寄贈】
今回のカーニバル参加者の中から抽選で1名の方に、当社の特選中古車を寄贈いたしました。

現地メディアと当社社員

プレゼント車両

 




【日本製品をサンプリング】

人気が高かったレック商品

毎年6~8%という高い経済成長を続ける同国において、都市部を中心に中間所得層の消費が増えており、その需要を探る目的でパートナーシップ企業のレックと連携し、現地のマーケット調査を行いました。

今回配布した商品は、生活雑貨を中心とした23種類の商材で、その個数は1,000点を超えました。中でも、「CRボトルキャップ&ボトルケース手提げ500ml用」(国内オープン価格:右写真)など数点の反響が大きく、今後の継続的な商品供給と供給拡大を検討しております。



【提携企業を募集開始】
当社は、日本が誇る最高品質の商品とサービスのボーダーレスな(世界の隅々までの)普及を目指しており、優れた商品・サービスをご提供いただける企業様のご提案をはじめ、お互いのインフラやシステムを生かした海外販売ルートの構築の業務提携のご提案の受付を、4月中旬を目途に開始いたします。

また、一般消費者向けの商品とサービスだけではなく、テスト販売、マーケティング、アンケートや市場調査、さらには、現地官公庁向けのインフラやシステムの共同開発、社会貢献活動(CSR)など、ご提案のジャンルを問いません。

▼海外における販売、物流インフラの強み
当社は、アフリカをはじめ、モンゴル、グルジア、チリ、ミャンマー、ニュージーランドなど世界各地に現地スタッフを約300名抱え、独自のロジスティックルートを構築。現地事務所の開設と人材の育成などハードとソフトの両面の強みを持ち合わせております。現地調査から輸出販売、納品に至るまで、現地のサポート体制が整っております。

  ※詳しくは、4月中旬ごろ当社ホームページにてお知らせいたします。



【2014年3月の販売見込みを1,000台上方修正】
2014年3月の販売台数見込みは、1月から引き続きECサイトのPV数が順調に伸びており(3月21日現在3,800万PV/月)、その好調を受け当初の見込みよりも1,000台上方修正し、対前年同月比65.4%増の11,000台(前年実績6,648台)を見込みます。



【モザンビーク共和国】
首都   マプト
面積   79.9万平方キロメートル(日本の約2.1倍)
人口   2520万(2012年世界銀行)
公用語  ポルトガル語
GDP  96億ドル(115位)
主要産業 農林、漁業、工鉱

・旧ポルトガル植民地。アフリカ大陸の東南に位置する同国は、1992年の内戦終了後は平和の定着とともに、各国の 支援のもと大規模プロジェクトが実施され、現在では年7~8%の経済成長を遂げている。豊富な資源を背景に、今後10年間で世界で最も高い成長が期待される国の一つ。(外務省HPより)

当社のモザンビークへの年間輸出台数は7,008台。(2013年実績)



【マプトカーニバル概要】
開催日時 2014年3月1日、2日(2日間)
場所   モザンビーク共和国 マプト
主催   SOICO TV(http://stv.sapo.mz/)-地元テレビ局
       sapo.mz(http://www.sapo.mz/)-地元ポータルサイト
協賛企業 国内外36社(一覧:http://carnaval.sapo.mz/patrocinadores/1



【パートナーシップ企業】

 

レック株式会社

代表取締役社長 永守 貴樹

創業      1980年10月1日
設立      1983年3月17日
所在地     東京都中央区日本橋浜町3-15-1 日本橋安田スカイゲート6F
資本金     5,491百万円
従業員数    428名
上場取引所   東京証券取引所市場第一部 証券コード:7874
事業内容    家庭用品、ギフト用品、企業向け販促品の製造販売並びに輸出入
URL      http://www.lecinc.co.jp/



********************************************************************************

■株式会社ビィ・フォアード

代表取締役  山川 博功
設   立  2004年3月10日(平成16年)
所 在 地  〒182-0024 東京都調布市布田4-6-1 調布丸善ビル8階
電   話  042-440-3445
F A X  042-440-3450
従 業 員  日本 131名  海外 298名(2014年1月現在)
資 本 金  1,000万円
売 上 高  187億円(2013年6月期)
主な事業内容 中古自動車の販売及び輸出入
自動車用部品の販売及び輸出入
その他
U R L  http://www.beforward.jp/
Facebook   https://www.facebook.com/pages/Be-Forward/180050085358616

≪世界98の国と地域へ中古車および製品を輸出≫
 -おもな輸出先-
タンザニア、ケニア、ウガンダ、マラウイ、ザンビア、コンゴ、モザンピーク、ボツワナ、ブルンジ、南アフリカ、スーダン、ジンバブエ、ナイジェリア、レソト、イギリス、アイルランド、ドイツ、フランス、キルギス、ジョージア、カナダ、ジャマイカ、アルバ、ケイマン、ハイチ、ドミニカ、アンチル、セントビンセント、セントルシア、グレナダ、セントキッツ、ガイアナ、スリナム、チリ、マレーシア、フィリピン、ミャンマー、パキスタン、オーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシア、サモア、トンガ、パプアニューギニア他


【取材・本件に関する問い合わせ】(土日を除く10:00~19:00)
株式会社ビィ・フォアード マーケティングオフィス
TEL:042-440-3445 E-mail:Ryutaro.tan@beforward.jp
担当:丹 龍太郎(たん りゅうたろう)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. BE FORWARD.JP
  4. >
  5. アフリカの大地に日本製品を! モザンビークのカーニバルで日本製品をサンプリング!