AWS Marketplaceにて提供されるAMIMOTO AMIのセキュリティ対策として「Trend Micro Deep Security™ as a Service」を提供

~WordPressの安全な運用のための協業開始~

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)と株式会社デジタルキューブ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:小賀 浩通、以下、デジタルキューブ)は、デジタルキューブのWordPress運用パッケージ「AMIMOTO AMI」のセキュリティ対策として、サーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service(以下、DSaaS)」を提供開始することを発表いたします。

 「AMIMOTO AMI」は、デジタルキューブがアマゾンウェブサービス(以下、AWS)のAWS Marketplaceにて提供している、Amazon Machine Image (以下、AMI)を活用したWordPress運用パッケージです。この度、DSaaSもAWS Marketplaceで「AMIMOTO AMI」のオプションとして提供開始します。利用者は、サービス申し込みと同時に、月額課金でセキュリティを付加したクラウドサービスを利用することが可能になり、クラウドの利点である可用性のあるサービスをより安全に利用することができます。DSaaSのライセンス提供と運用管理はcloudpack(運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤 将平、以下、cloudpack)から提供されます。


 Trend Micro Deep SecurityはAWSのクラウド環境上のシステムにおいて豊富な実績がある、サーバ向け総合セキュリティ対策製品です。ウイルス対策、ファイアウォールや脆弱性対策、ファイルやレジストリの変更監視、セキュリティログ監視機能などサーバ保護に必要なセキュリティ機能を一元的に提供します。DSaaSはこれらの機能をクラウド型サービスとして提供するもので、導入にあたり管理サーバを構築する必要がないため手軽に導入できます。ユーザはクラウド上の管理サーバにログインすることで、セキュリティ設定の変更やログ管理を行うことができます。

 今回の3社の協業により、ユーザは「AMIMOTO AMI」を利用し、セキュリティが強化されたWordPressにて、手軽に素早くWebサイトを構築することが可能です。DSaaSはAWS Marketplaceにて「AMIMOTO AMI」を申し込む際に、オプションとして表示され、まずは30日間の無償利用ができます。「AMIMOTO AMI」と同時にDSaaSをオプション購入し起動すると、インストールされている、アプリケーションの保護に必要な最低限のDSaaSのセキュリティ設定が自動的に実装されます。また、DSaaSの運用管理はcloudpackより提供されるため、ユーザはサーバ管理にかかる負担を低減できます。

 トレンドマイクロ、デジタルキューブ、cloudpackは、今後もクラウドサービスにおけるお客様のニーズに応えたソリューションを提供してまいります。


<サービスイメージ図>

 

<サービス概要>
■サービス名称:「AMIMOTO AMI」

■DSaaSオプション価格※:
月額¥40,000/インスタンス(DSaaSへの侵入検知/変更監視/セキュリティログ監視のためのルール設定、およびその追加・変更作業、また、24時間365日のDSaaSのアラート監視、アラートが確認された場合の指定連絡先への通知などを含む管理運用料金およびライセンス提供料金が含まれます。)
※上記料金は税別、参考価格です。
※上記料金の他に、「AMIMOTO AMI」の月額利用料金が必要となります。
(参考) AMIMOTO AMI 料金表(英語サイト)
https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B00LWHVJH8/ref=sp_mpg_product_title?ie=UTF8&sr=0-3

■購入方法:
AWS Marketplaceのサイトから購入
https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B00LWHVJH8/ref=sp_mpg_product_title?ie=UTF8&sr=0-3

■提供開始日:
2014年9月24日

その他機能詳細については下記のページをご確認ください。
http://ja.megumi-cloud.com/

■Amazon Machine Image(AMI)とは
 AWS でサーバを動作させるにはAmazon EC2 (Amazon Elastic Compute Cloud)でインスタンスを立ち上げる必要がありますが、用途が特定されている同じ環境を複数立ち上げる場合には、毎回環境構築するのは効率的ではありません。そこで、このような手間を回避するためにAWSには構築済みのサーバの環境を丸ごと複製するAMIという仕組みがあります。

■トレンドマイクロについて:
 トレンドマイクロ株式会社は、より安全な情報社会とお客様の未来を創造する、インターネットセキュリティのグローバルリーダー企業です。最先端の技術を駆使した革新的なセキュリティ対策製品を通じて、お客さまの情報資産を守ります。実装や管理がシンプルで、お客さまの個々の環境にフィットしたソリューションを通じ、スマートな情報保護を実現します。
 詳細はhttp://www.trendmicro.co.jp をご覧ください。

■デジタルキューブについて:
 デジタルキューブは、WordPressとAWS (Amazon Web Services) のエキスパートが在籍する技術集団です。私たちは、これまで小規模ビジネス/大規模Webメディア/エンタープライズなど、500を超えるさまざまなWordPressサイト開発を支援しています。それらの豊富な経験を活かし、AWS(Amazon Web Services)を利用したWordPress専門のクラウドプラットフォームの開発やハイパフォーマンスなマネージドホスティングも提供しています。私たちのエンジニアチームは専門的なスキルを武器に、技術革新のエンジンとしてあなたのビジネスに貢献することが可能です。
 詳細はhttps://www.digitalcube.jp/ をご覧ください。

■cloudpackについて:
 cloudpackは、Amazon EC2やAmazon S3をはじめとする各種AWSを利用する際の運用・保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視、技術的な問い合わせに対するサポートを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナー(※2)の一社として認定されました。
 詳細は http://cloudpack.jp/ をご覧ください。

※1 AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)など各種ベンダー、システムインテグレーター(SI)、戦略コンサルタント、リセラー、代理店、VARで構成。現在、国内外のパートナーは世界で10,000社以上(2014年9月現在)
※2 APNの中でも、特にAWSの販売実績、顧客事例数、顧客満足度の高さなどで優れていると認定されたパートナー。


※本リリースに記載された内容は2014年9月24日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
※Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Marketplace、Amazon EC2およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※TREND MICRO、Trend Micro Deep Security、およびDeep Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。「AMIMOTO AMI」は株式会社デジタルキューブの登録商標です。その他記載の会社名、製品名およびサービス名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アイレット株式会社
  4. >
  5. AWS Marketplaceにて提供されるAMIMOTO AMIのセキュリティ対策として「Trend Micro Deep Security™ as a Service」を提供