国連国際デーに向けたユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンのグローバルキャンペーン女性に対する暴力撤廃のために

ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンとある1人の女性 今すぐ女性に対する暴力に終止符を打とう!

花びらを女性に「投石」する男性のグループ。これは11月25日の「国連女性に対する暴力撤廃の国際デー」の折に、男女平等、女性の地位向上を促進する国連ウィメン協会を支援してユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンが実施する新キャンペーンの強力で驚くべきシンボルイメージです。
ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンと国連ウィメン協会は、情熱にほんのちょっぴり詩心を加えて、すべての形の差別と虐待に終止符を打つよう訴えています。
国際報道機関によりソーシャルネットワーク上に発表される1枚の画像とオンラインビデオを中心としたグローバルキャンペーンは、女性はもはや不快感、苦痛、不幸な生活に甘んじるべきではない、即ち、女性は伴侶、男性、宗教、社会がそうあってほしいと願う存在ではなく、あるがままの姿であるべきだということを世界に喚起しようとしています。
多彩なバックグラウンドを持つ若い才能溢れる芸術家により運営されるコミュニケーション・リサーチ・センター、ファブリカによって考案、制作されたキャンペーンの目標は、個々の違いを認め尊重すること、平等な機会に基づいた文化を発展させる若い男女の教育を推進する努力をはじめとして、女性を支援する具体的な行動の必要性と予防プログラムの必要性に対する国際社会の意識を高めることでもあります。

キャンペーンは、このコミュニケーションをステレオタイプや偏見の破壊に代表されるような新しく型破りな道に向かわせ、暴力文化に終止符を打つよう呼びかけると共に、男女が社会や人生において平等の権利と機会をもつことを強く肯定しています。また、男女が共に行動することが急努であることも強調しようとしています。それはノーベル平和賞受賞作家であるエリ•ヴィーゼルが次のように述べているからです。「中立性は迫害者を助けても、決して犠牲者を助けはしない。沈黙は拷問者を助けても拷問を受ける者を助けはしない。」

国連ウィメン協会の事務局長プムジレ・ムランボ-ヌクカ氏は次のように述べています。「私達は女性や少女の3人に1人を脅かしている暴力の世界的流行を止めることができるはずです。しかし、一人ではできません。私達の意識を高め、現在蔓延している人権侵害に向かって一切許容しない文化を促進するパートナーが必要です。ベネトンは、そのようなパートナーなのです。女性に対する暴力撤廃の国際デーに発足したベネトンのキャンペーンは私達のグローバルな取り組みをサポートしてくれています。この大義に対する献身に感謝いたします。」

ファブリカの社会貢献キャンペーンの責任者兼キャンペーン・ クリエーティブディレクターのエリク•ラベロ氏は次のように述べています。「私達は、常に社会的責任を果たすコミュニケーションの取り組みに焦点を当て、女性に対する暴力の問題についての意識を高める努力の一環として創造性を役立てることに歓びを感じてきました。すべての社会階層が内省し、永久的に肉体的、精神的に傷を残す人権侵害にノーと言うため、私達は石の代わりに花を選びました。」

ファブリカはまた、肯定的な観点で、暴行を受け変形した女性の顔を表す一連のメタルプレートで構成されるフェイシングというアート・インスタレーションをデザインしました。実際の人生のように奪い去られない美しさを創造するのに酸が使用されています。これらの作品は2015年にオークションにかけられ、その収益は国連ウィメン協会に寄付されます。

酸と石は女性に対して行なわれる暴力に使われる拳、ナイフ、武器などのメタファーとして機能しています。キャンペーンは、お祝いと警告という二重の意味を同時に持っており、女性が尊敬の対象ではなく、頻繁に暴力の被害者となるのはなぜかとういう質問を私達に突き付けています。

12月10日に終了する女性の権利を巡る闘いに敬意を表した国連ウィメン協会の取り組み「オレンジデイ」が公式にスタートする日で、世界中に様々なイベントが開催されます。

この日、ベネトングループの社会活動の中心となっているアンヘイトファンデーションは、世界中の18歳から30歳までの若者からの寄付により、国連本部広報部とのコラボレーションの結果としてのunhatenews.comデジタルプラットフォームを開きます。このプラットフォームで、ユーザーは世界的に重要だと考えられ、国連のアジェンダ(ミレニアム開発目標、ポスト2015年開発アジェンダと呼ばれるもの)を尊重した、発展、環境、テロとの闘い、民主主義と女性の権利を中心とした人権の維持などの現代的問題について実現したい「ニュース」ストーリーを製作してアップロードすることができます。最も人気のある100項目のうち10項目がアンヘイトファンデーションによって選ばれ、国連本部広報局と連携して、2015年に実現予定の持続可能なプロジェクトとなります。

ベネトングループとアンヘイトファンデーション、国連ウィメン協会との協力は2014年、ルワンダのキガリ市における女性に対する暴力のない安全な街プロジェクトとして実現しました。これは若い女性に対する暴力と闘うために芸術的、創造的アプローチを通して世界5都市で開催される国連プログラムの一環です。このコラボレーションは、2015年にも継続されます。

■キャンペーン動画は下記よりご覧いただけます。

Youtube :http://goo.gl/ECT7qA

■Credits:
Executive Creative Director: Erik Ravelo
Art Director: Erik Ravelo, Karen Oetling
Photography: Martina Cirese
Post production Erik Ravelo, Karen Oetling
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ベネトンジャパン株式会社
  4. >
  5. 国連国際デーに向けたユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトンのグローバルキャンペーン女性に対する暴力撤廃のために