アストロラボ、「アポロ休暇」制度の運用を開始。

社員一人ひとりの “人生で初めて” を支援。新たな知見を広げるきっかけに。

アストロラボ株式会社(代表取締役CEO 日下ヤスユキ:東京都世田谷区)は、福利厚生制度のひとつとして、独自の休暇制度「アポロ休暇」を新たに制定、運用を開始いたしました。
http://www.astrolab.co.jp/

[ アポロ休暇制度の概要 ]
 アポロ休暇とは、社員一人ひとりが今までの人生で一度も経験したことのない、新しいものを楽しむ、もしくはチャレンジするために取得することができる有給休暇です。就労年に応じて支給されている通常の有給休暇とは別に、社員全員が年に1日取得することができます。

《取得条件》
  • 人生で初めての体験をする場合に限って取得が可能(「初めて」の基準は自己判断に委ねる)
  • 数日間を必要とする場合、通常の有給休暇と組み合わせて使用することも可能
  • 取得後は、その様子の写真を1枚以上と、2〜3行程度の簡易レポートを提出

[制定の背景]

アポロ計画


 私たちの業界だけではなく、世界の市場は日々めまぐるしく変化を続けています。その変化にただ流されるだけではなく、様々なことに興味を持ち、未知の領域に足を進めることで、自分の知見や選択肢を増やし、今までにない新しいアウトプットができるようになってほしいという思いから制定された休暇制度です。


 アメリカ航空宇宙局(NASA)が1961年から1972年にかけて実施した、人類初、月への有人宇宙飛行計画「アポロ計画」。この計画の中でアポロ11号に乗り、月面へ降り立ったニール・アームストロング船長は、「これは1人の人間にとっては小さな1歩だが、人類にとっては偉大な1歩である」という言葉を歴史に残しています。

社員一人ひとりにとってその経験が、その後の人生に大きな影響を残すかもしれない1歩になるように、そしてその小さな1歩が、企業にとっては偉大な1歩になるように、という意味を込め、休暇制度の名称を「アポロ」としました。

[実際に取得した社員のレポート]

 「アポロ休暇が設定されてから、何をしようか色々と考えました。初めての一人旅にしようか、初めての空中散歩にしようか、それとも他に楽しいことは何かないか。でも楽しいことは、有給休暇や週末を使って体験することが多かったので、今回はあえて「一番嫌いなこと」にチャレンジする休暇にしようと思い、1人長距離マラソンを選びました!30km近く離れた場所に住む家族に、自分の足で手紙を届けてみました。
ハプニングもたくさんあり、最後は9割ウォーキングになってしまいましたが、なんとか手紙をサプライズで届けることができました。週末の間足は動かなかったけれど、すごい達成感が得られました。でも次に取得するアポロ休暇は楽しいことにしたいと思います!」


[今後について]
 社員7割以上の休暇取得率を達成できるよう、定期的な取得推奨をしてまいります。



<会社概要>
アストロラボ株式会社 - Astrolab.inc
http://www.astrolab.co.jp/

所在地|154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル18階
設立 |2012年12月
資本金|301,600千円(準備金含む/2015年7月現在)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アストロラボ株式会社
  4. >
  5. アストロラボ、「アポロ休暇」制度の運用を開始。