株式会社ビジョンメガネ、最先端技術ディープラーニングを活用した「ABEJA Dashboard」をテスト導入

〜小売業界で加速するテクノロジーの活用〜

画像解析テクノロジーやディープラーニングテクノロジーを活用したビジネスプロデュースをおこなう株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:岡田陽介、以下 ABEJA)は、株式会社ビジョンメガネ(本社:大阪府守口市菊水通 代表取締役社長:安東晃一、以下ビジョンメガネ)に最先端テクノロジーを活用した店内最適化プラットフォーム「ABEJA Dashboard(ABEJA ダッシュボード)」を導入いたしました。
【ビジョンメガネについて】
ビジョンメガネは、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器及びその関連商品を取り扱う小売専門店チェーンです。

株式会社ビジョンメガネ:ロゴ

株式会社ビジョンメガネ:店舗イメージ

 

【導入の背景:小売業界で加速するテクノロジーの利活用、店舗内最適化サービスを】
「O2O」「オムニチャネル」といったキーワードをはじめとして、昨今小売業界においてテクノロジーを利活用した店舗経営に注目が集まっています。そのような流れの中、ビジョンメガネでは、最先端テクノロジーを活用した取り組みの一環として、店舗内最適化プラットフォーム「ABEJA Dashboard」の導入を決定しました。

【導入により期待される効果:適切な仮説検証サイクルによる売上や集客力の向上】
これまで取得できなかった顧客属性や顧客行動といった店舗内顧客データを活用することによって、DM配信や店舗キャンペーンといったマーケティング施策の効果検証に加え、お客様に合わせた売り場づくりが可能になります。結果として、売上や集客力の向上が期待されます。

【ABEJA Dashboardとは】
「ABEJA Dashboard」とは、実店舗内のデータ取得から解析、可視化、マーケティング施策の効果検証までを一手に行うことができるマーケティングプラットフォームです。これまでもABEJAでは年齢性別推定サービス「ABEJA Demographic」、顧客行動解析サービス「ABEJA Behavior」を、国内多数の小売大手企業様にご提供してまいりました。「ABEJA Dashboard」は、これらのサービスで取得する情報をわかりやすく可視化するほか、購買データや従業員データなどと連携することも可能で、店舗内のあらゆるデータを一元管理することができます。
従来、実店舗でのデータ解析は、店舗内に解析インフラを構築する必要があり、高額な初期投資コストが必要でした。それに対して、「ABEJA Dashboard」は、SaaS型モデルにより、 誰でも手軽にサービスを導入できるようになりました。

【店舗経営にイノベーションを起こすABEJA】
ABEJAは、最先端テクノロジーを活用したビジネスプロデュースを手がける、日本発のスタートアップです。 2012年の創業当時より、画像解析技術やディープラーニング技術の研究開発に取り組み、現在はリアル店舗の解析サービスを中心にサービスを提供しております。データ提供にとどまらず、取得した店舗内データを元にオペレーションや施策に落とし込み、売上向上やコスト削減などの成果創出に寄与いたします。データ分析といった専門知識を必要とせず、使いやすいインターフェースである「ABEJA Dashboard」は、多くの企業様からご評価をいただいています。これからもABEJAは、リアル店舗にイノベーションを起こしていきます。

【株式会社ABEJA会社概要】
会社名:株式会社 ABEJA ABEJA Inc.
代表者:代表取締役CEO  岡田 陽介
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木5丁目 18-23 INACビル2階
事業内容:最先端技術を活用したビジネスプロデュース
URL:http://www.abeja.asia/

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社ABEJA 担当:楠瀬 田島
電話番号:03-5544-8848 メール:pr@abeja.asia

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ABEJA
  4. >
  5. 株式会社ビジョンメガネ、最先端技術ディープラーニングを活用した「ABEJA Dashboard」をテスト導入