エプソン 品川アクアスタジアム 新しい都市型エンターテインメントを目指して、2015年夏、全館リニューアルオープンへ!!

株式会社横浜八景島(所在地:神奈川県横浜市金沢区八景島、取締役社長:布留川信行)は、当社が運営する
『エプソン 品川アクアスタジアム』(所在地:東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内、館長:高橋
直人)を、2015年1月4日(日)の営業をもって一時休館し、同年夏、全館リニューアルオープンいたします。
なお、休館期間は2015年1月5日(月)から同年夏までを予定しております。

当館は、2005年4月8日、日本最大規模の客室数を誇る品川プリンスホテル内に開業し、都心の駅前という立地にありながら、総水量(4,800t)の約74%を自社で作る人工海水で運営し(残水量は八丈島沖から搬入される天然海水)、また、客席数1,350席のイルカプールで行われるエンターテインメント性高いパフォーマンスが、“都市型水族館のパイオニア”として話題になりました。

品川エリアは、昨年末、国際戦略総合特区(アジアヘッドクォーター特区)に指定され、「これからの日本の成長を牽引する国際交流拠点」が街づくりの指針として掲げられました。
当館は、この度の全館リニューアルで、まったく新しい都市型エンターテインメント施設として生まれ変わり、
“山手線新駅の開業”や“東京の南玄関口”としての発展など、今後、「“変貌ゆく品川”のエンターテインメントフラッグシップ」を目指します。


【リニューアルへ向けた、今後のスケジュール】

~2014年12月19日(金)
映画 『妖怪ウォッチ』プレゼンツ 「ゲラゲラポーな水族館」

2014年12月20日(土)~2015年1月4日(日)
休館前ラストイベント「Thanks and See you」
※12月20日(土)~12月25日(木)は、プレミアムクリスマスショーを実施。

2015年1月5日(月)~同年夏
休館
2015年夏、全館リニューアルオープン!!



「音・光・映像と生きものが融合した、都市型エンターテインメント」
既存の強みであるエンターテインメント性を活かしながら、①映像技術の導入、②水槽エリアの新設拡張をもって昼・夜の区別化を図った演出を凝らし、新スタイルの都市型エンターテインメントを目指します。

<主なリニューアル内容>
●メインコンテンツ「イルカパフォーマンス」のグレードアップ
・ウォーターカーテンやムービングライトなど、演出設備を強化

●映像・照明技術と水槽展示やアトラクションが融合
・生きものと映像がテーマをもってリンクする、新しい展示エリアの登場
・新設のイルミネーションや音楽と連動するアトラクション

●スタイリッシュな癒し空間を演出する、カフェ&バーを新設

●爬虫類や淡水魚など、当館初展示のジャングルゾーンが誕生

●アシカやオットセイのふれあい広場を新設

【イルカプール イメージ】



※エプソン 品川アクアスタジアム館内にあるライブホール「ステラボール」、レストラン「アクアダイニングトロピクス」、「ポート・オブ・パイレーツ」および「イルカプール売店」は、工事に伴い営業を一時休止します。

エプソン 品川アクアスタジアム
http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/aquastadium/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 横浜八景島
  4. >
  5. エプソン 品川アクアスタジアム 新しい都市型エンターテインメントを目指して、2015年夏、全館リニューアルオープンへ!!