福岡市、ソフトバンク、ココネットと連携し、地域参加型の見守りサービス”otta”の見守り体制を強化。

株式会社ottaは、福岡市、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)、ココネット株式会社(以下、ココネット)の協力を得て、福岡市で実施している小学校に登下校する児童を地域のみんなで、みまもる新しい見守りサービス「otta(読み:オッタ)」の見守り体制を強化いたします。


地域参加型の見守りサービス”otta”は、登下校時における誘拐、塾への往復など子供を取り巻くリスク環境に対し、地元PTAとの連携など「みまもる人の運用体制」を補助する形でiBeaconを活用した見守りサービスの導入効果を実証するために、2015年9月より福岡市立警固小学校にテスト導入をしています。


福岡市は、PTAとの連携など見守る市民の参加を促し、ソフトバンクとottaは見守り拠点となる場所に通信と機器の提供をおこない、食品宅配やご用聞き事業、買い物弱者支援事業を手がけるココネットは、地域を巡回する社員が見守り人となることによって、見守り体制を強化していきます。

将来的に蓄積されたデータを元に、子どもが遊んでいるエリアや時間帯、パトロールをした方がよいエリアや時間帯など、地域の見守り活動をサポートする分析サービスの提供も目指しております。

【公式サイト】
https://otta.me
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社otta
  4. >
  5. 福岡市、ソフトバンク、ココネットと連携し、地域参加型の見守りサービス”otta”の見守り体制を強化。