業界初!センサメーカーが水質簡易測定からクラウドデータ管理までの一連のサービスを提供

現場の水質測定を簡易にし、中国での水質改善を促進

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、取締役会長兼代表取締役社長:小林 徹、以下「オプテックス」)は、下水処理場や河川などあらゆる現場の水質をセンサで簡易に測定し、データ収集までを自動化する簡易水質測定システム「WATER it(中国語名:水益特)」を開発、来年1月より中国でサービスの試験運用を始め、来春にサービスをスタートします。中国では、インターネットを用いた環境保護活動への展開に注目が集まる中、水質環境の改善にIoT(Internet Of Things)に対応したシステムとして業界を先駆けてのサービスとなります。

IoTとセンシング技術を融合した簡易水質測定システム「WATER it」

 

 昨今、中国経済の発展につれ、中国における環境汚染の課題は深刻化が進んでいます。世界保健機関の飲料水に鉛の基準値が大幅に超えていたという発表後、市民レベルにまで水質汚染への緊張感が高まっており、中国の水の安全確保は一刻の猶予も許さない状況にあります。中国の次期5か年計画にも環境対策の強化に全力を挙げるという草案も発表されました。
  現在水質測定の業界では、現場で採取したサンプリングを分析センターに持ち帰り測定しているため、時間を要していることや測定したデータの管理が困難な状況にあります。水質測定は、ある一時点のものではなく、定期的に観測して水質の変化をみる必要があり、測定や管理をいかに簡易に迅速に行うかが業界内では課題となっていました。
 このたび当社が開発した簡易水質測定システム「WATER it」は、専用試薬に反応させた現場の水を計測器にセットするだけで、含まれている物質の含有量がデジタルで測定されます。またそのデータはブルートゥースでクラウドサーバーに自動的にアップロードできます。これによりだれでも簡単に水質の測定を行うことが可能となるとともに、遠隔地にいる管理者も、各測定エリアの水質の状態をすぐに閲覧・管理することができます。
 このように簡易的にデータ収集・管理ができれば、測定対象の水質に異変があれば、即座に対応・措置を取ることにもつながります。

オプテックスでは、今年度より当社のセンシング技術にIoTを利用した新たなビジネスモデルへの挑戦を進めており、その活動の1つが水質測定ビジネスとなります。これらのサービスの提供によって、私たちの大切な水にもっと関心をもってもらい、安全な水環境の普及にも役立っていきたいと考えています。また、当社は、「安心・安全・快適」な社会づくりを目指すという方針のもと、水質だけでなく土壌や空気に至るまで自然環境の改善に貢献してまいります。


【関係者からのコメント】
中国の水質測定業界に従事する 范雲慧氏
「中国の水質測定市場は2013年より20%以上の速度で成長しており、これにクラウドの出現によってデータ
管理と情報の使用方法が変わり始めています。水質分析は高品質、多機能、集成化、自動化、系統化と知能
化へ進んでいくでしょう。オプテックスのWATER it(水益特)は、これを実現させたと私は思います。
こういった統合システムの分析を行うことにより、中国における水質管理を指導し、中国におけるさまざま
な地域での取扱いが広がっていくと思います。」

中国人民大学 環境学院副委員長 王洪臣氏
「オプテックスのWATER it(水益特)を活用した自動測定の信頼性検証に協力した結果、IoTを取りいれた新
しい水質測定手段を使えば、データの共有が現実となり、より広い範囲の水質の管理や安全性を政府、水質
管理、市民レベルで取り組めるようなっていくと思います。」

2015年11月29日には、「第9回日中省エネルギー・環境総合フォーラム」で、日中プロジェクトの調印式に参加し、環境公害問題で権威のある中国の常州大学教授との協力合意を交わしました。


WATER it Promotion video
http://www.waterit.optex.net.cn/#prettyPhoto[iframe]/1/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. オプテックス株式会社
  4. >
  5. 業界初!センサメーカーが水質簡易測定からクラウドデータ管理までの一連のサービスを提供