史上初!ハイネケンが宇宙からセルフィーを撮影

007デザインボトル・缶の期間限定発売を記念し開催!

2015年11月。ジェームズ・ボンドフィルムシリーズとのパートナーシップを記念し、ハイネケンは本日、世界初の宇宙からのセルフィー撮影について発表します。「Spyfie」と名付けられたこの宇宙からのセルフィープロジェクトは、米ネバダ州にあるフーバーダムにて、200人以上のゲストを招待したエクスクルーシブ・イベントとして、実施されました。

 

 

宇宙からのこの画期的なセルフィーを撮影するため、ハイネケンはUrtheCastという地球画像を製作するUrtheCastと提携。世界初、宇宙からのセルフィーは、超高解像度の衛星カメラDeimos-2と、それに搭載されたウルトラHDのビデオカメラIrisにて、国際宇宙ステーションから撮影されました。


地球の上空600kmを周回しながら、Deimos-2カメラはイベント会場にズームインし、宇宙からの全景をキャプチャ。この空中写真からカメラリレーにより、ゲスト一人一人にクローズアップし個々の写真を撮影しました。世界中から参加した200人を超えるゲストが、ソーシャルメディアの歴史に残るユニークな瞬間を、この時世界にシェアすることが出来たのです。

「Spectreキャンペーンでのわたしたちのゴールは、みなさまにボンドの世界を経験していただくことです。製品パッケージをスキャンすると視聴できる、Spectreの舞台裏映像を提供し、ダニエル・クレイグ出演のハイネケンのTVCMはFacebookを皮切りに展開しています。そしてユニークなSpyfieイベントを通して、その目的を達成することが出来たことをとても誇りに思っています。Spectreキャンペーンは今後実施するグローバルキャンペーンの評価の指標になるでしょう。」−ハイネケン・グローバル・スポンサーシップ・ディレクターHans Erik Tujit

「ハイネケンから年初に宇宙からのセルフィー撮影についての相談がありました。私たちも一度も試したことがありませんでしたが、技術的な部分で協力することに喜んで賛成しました。このSpyfieはDeimos-2の能力を独創的な形で見せることができ、私たちのカメラやウェブテクノロジーの進歩やクリエイティブなコラボレーションのためのツールになることが確認されました。」UrtheCast最高責任者Scott Larson

アルバート・R・ブロッコリのイーオンプロダクションズ、MGMスタジオ、ソニー・ピクチャーズ エンターテインメントによるジェームズ・ボンドフィルム第24作『007 スペクター』は10月26日に全英公開、11月6日に全米公開されました。今作は公開されたほぼ全ての国で、映画史上最高の興行成績を記録、イギリスでは史上最高のオープニング記録を達成しました。

ハイネケンとボンドのパートナーシップは1997年の「トゥモロー・ネバー・ダイ」からはじまり、今作『007 スペクター』にて7作目となります。

 

 

フーバーダム

 

 ★ハイネケンとボンドについて
このキャンペーンは、ハイネケンと007ボンドの1997年から始まったパートナーシップの7作品目を記念しており、ハイネケンは「トゥモロー・ネバー・ダイ」からはじまり、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」「ダイ・アナザー・デイ」「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」、そして2012年の「スカイフォール」に至るまでサポートしています。

★ハイネケンについて
ハイネケンは世界でもっとも国際的なビールメーカーです。Brewing a Better Worldプログラムを通してビジネスにサステナビリティを組み込み、すべてのステークホルダーに価値あるものを提供しています。ハイネケンは先進国と途上国の市場どちらに対しても、バランス良く地域に貢献しています。従業員数は81,000人、70ヵ国160以上の醸造所を稼働しています。ハイネケン社とハイネケン・ホールディング社の株はアムステルダムにあるEuronextで取引されています。普通株式の株価はブルームバーグではHEIA NAとHEIO NAの略称の元に、ReutersではHEIN.ASとHEIO.ASの略称の元にアクセスすることができます。ハイネケンはハイネケン(OTCQX:HEINY)とハイネケンホールディング(OTCWX:HKHHY)というレベル1のADRプログラムに出資。詳しくはハイネケンのウェブサイトをご参照ください  www.theHEINEKENcompany.com ツイッターアカウント@HEINEKENCorpでも最新情報を配信しています。

★イーオン・プロダクションズについて
イオン・プロダクションズとダンジャック社はブロッコリ/ウィルソンファミリーが所有し、管理しています。ダンジャック社は米国を拠点にする企業で、MGMスタジオとともに、現存するジェームズボンドフィルムの著作権を共同で所有し、マーチャンダイジングの世界展開と、将来のジェームズ・ボンドフィルム制作の権利を管理しています。ダンジャック社傘下のイオン・プロダクションズは、英国を拠点にする制作会社で、ジェームズ・ボンドフィルムの制作を担当しています。007シリーズは映画史の中で最長シリーズで1962年から23作品が制作されています。マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリがアルバート・R・ブロッコリの後を継ぎ、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」等の大ヒットしたジェームズ・ボンドフィルムをプロデュースしました。24作目「スペクター」は11月6日に全米公開されました。

★MGMスタジオについて
Metro-Goldwyn-Mayer(MGM)は業界のトップに立つエンターテインメント会社で、映画やテレビ番組のプロダクションとグローバルな配給にフォーカスしています。MGMは世界でもっとも貴重な映画やテレビ番組のライブラリを所有しています。また、MGMは国内外のテレビ局に投資をし、United Artists Media Group(UAMG)の配給者であり、所有者でもあります。詳細は、www.mgm.com をご参照ください。

★ソニー・ピクチャーズ エンターテインメントについて
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)はSony Entertainment Inc.および東京を拠点にするソニー・コーポレーションズの子会社です。SPEは映画制作、買収、配給、テレビ番組の制作、買収、配給、テレビジョンネットワーク、デジタルコンテンツの制作と配給、スタジオ施設の管理、新しいエンタメ商品、サービス、テクノロジーの開発をグローバルに網羅しています。詳細は、  http://www.sonypictures.com をご参照ください。

★「スペクター」について
007ジェームズ・ボンドは謎めいた写真を解明するために、メキシコシティとローマへ赴く。その後、滞在先のローマにて犯罪者の未亡人ルチア(モニカ・ベルッチ)と出会う。ボンドは秘密会議の場に潜入し、悪の組織スペクターの存在を掴む。一方ロンドンでは国家安全保障の新たなトップ、マックスがボンドの行動を疑問に思い、M(レイフ・ファインズ)にMI-6との関連性に意義を申し立てる。ボンドは極秘にQ(ベン・ウィショー)とマネーペニー(ナオミ・ハリス)を召喚し、スペクターの謎を紐解く重要なキーパーソンであり、ボンドの天敵Mr.ホワイト(ジェスパー・クリステンセン)の娘、マデリーン・スワン(レア・セドゥ)の捜索を依頼する。暗殺者の娘であるマデリーンは、ボンドのことを誰よりも理解していた。ボンドはスペクターの核心に近づくにつれ、ボンドと、彼が探し続けるクリストフ・ヴァルツ演じる宿敵についての恐ろしい関係を知るのであった。監督サム・メンデス。制作マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。脚本ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワース。

★Urthecastについて
UrtherCast Corp.はバンクーバーを拠点にしたテクノロジー企業で、世界で初めて宇宙から地球の姿をフルカラーのウルトラHDで映し出しました。世界中の優れた航空宇宙企業とパートナーを組み、UrtherCastは「Iris」というウルトラHDビデオカメラを建設し、ローンチしました。近々国際宇宙ステーションにて、2014年に初期容量(IOC)に達した中解像度カメラ(MRC)と共に、起動を予定しています。またUrtherCastはスペインの子会社を通してDeimos Imagingという名でDeimos-1とDeimos-2の二つの衛星を所有し、運営しています。カメラにて捕らえられたスチール写真とビデオは、宇宙を越え地上局とダウンリンクし、Urthercastのウェブ・プラットフォームで映し出されたり、直接パートナーやカスタマーに配給されます。UrtherCastのカメラは地球のウルトラHDビデオやスチール画像を提供し、地球環境、人道救助活動、ソーシャルイベント、農耕地などのモニタリングを可能にします。Urthercastの普通株はTronto Stock Exchangeにて「UR」の略称で取引されています。

★将来予想に関する情報
このプレスリリースはカナダ安全保障法の適用する範囲内で、幾つかの「将来予想に関する情報」を含みます。将来予想に関する情報は、未来のイベントに関連する記述に影響を与えますが、これに限定されるものではありません。ISSからのイメージ画像や、提案された画像、ビデオ動画をストリーミングする計画に関する記述も含みます。将来予想に関する情報は既知、あるいは未知の重大なリスク、または不確定要素による影響を受けることがありますが、2015年7月24日付けのハイネケン社の目論見書と、2015年7月19日に修正した短い文式のベース棚目論見書 (UrtheCast‘のSEDAR情報  www.sedar.com から参照可)上で論じられる要因に限定されるものではありません。将来予想の情報は目論見書に予想されている内容に基づき展開、及びUrtheCast’s SEDARプロフイールに於いて不定期に開示されています。UrtheCastは今後カナダ安全保障法に義務付けられる場合を除き、将来予想に関する記述を更新する義務を一切負いません。また本プレスリリースに記載している将来予想に関する情報は、実際と大きく異なる結果となりうることをご承知ください。

 

 

 

 

≪製品概要≫
商品名:ハイネケン007デザインボトル・缶
内容量:ボトル 330ml、缶 350ml
発売日:発売中 【期間限定】
※地域やお取り扱い店舗によって、価格、販売期間は異なります。
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ハイネケン・キリン株式会社
  4. >
  5. 史上初!ハイネケンが宇宙からセルフィーを撮影