中国オンライン独占販売で花畑牧場と業務提携

中国最大級の女性系SNS「美麗説HIGO」、 中国ECモール大手の「京東全球購」と戦略的提携を締結する『豌豆公主(ワンドウ)』

 Inagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区赤坂 以下、インアゴーラ)は、2015年12月1日に、株式会社花畑牧場(本社:北海道、代表取締役社長:田中義剛、以下花畑牧場)と中国インターネット上での独占販売で業務提携いたしました。

 

 インアゴーラは、ライフスタイル提案型ショッピングアプリ『豌豆公主(ワンドウ)』を2015年8月より提供しております。『豌豆公主』とは、中国人ユーザーに対して、日本の良質な商品を直送して提供する越境ECアプリであり、リリース開始後のダウンロード子数は、約50万件を突破するほど、中国電商取引市場でのシェアを伸ばしております。日本のライフスタイルを中国の女性ユーザーへ提案する越境ECプラットフォームを目指しているため、中国で人気の製品だけでなく、未だ一般的に認知されていない商品も積極的に取り揃えております。

 花畑牧場は、田中義剛氏によって1992年に設立された観光牧場です。北海道河西郡中札内村に本社を置き、口に入れた瞬間に溶けだす不思議な食感の「生キャラメル」 、馬の鞍の形をした幻のチーズ「カチョカヴァロ」 、脂身までまろやかでおいしい「ホエー豚」 これら3大自社ブランドを中心に、製造・販売をしております。

 今回の業務提携により、花畑牧場の製品を『豌豆公主』で独占販売することが可能となりました。中国では、中国産食品の安全性が問題となっている背景もあり、海外より食品への需要が高まっております。そのため花畑牧場は、中国で更なる認知度拡大を見込める注目の日本製品です。インアゴーラは、京東(ジンドン)や美麗説HIGO(ハイゴ)など、中国大手ECプラットフォームと提携をしているため、『豌豆公主』だけでなく『京東全球購』や『美麗説HIGO』のユーザーに対しても、自社ブランドを訴求することができます。

 インアゴーラは、他の中国大手越境ECサービスと比較し、より安価でかつ敏速に製品提供することができる「Wonderfullプラットフォーム※」通じて、多くのMade in Japanの良質な製品を、日本の最新ライフスタイルの情報と併せて、中国人ユーザーに提案し続けて参ります。

※Wonderfullプラットフォーム  イメージ図

 

Wonderfullプラットフォームは日本企業専用の越境ECサービスです。
中国人の運営チームが全商品情報の翻訳や商品ページの作成、顧客対応決済業務などの一連の作業を代行いたします。海外進出時に伴う、物流・決済・マーケティング作業をワンストップでサポートさせていただきます。
日本の事業者は、本プラットフォームに商品情報を登録し、日本の倉庫に納入するだけで、出店することが可能となります。

■株式会社花畑牧場  概要
本社         :北海道河西郡中札内村元札内東4線
設立         :1992年5月7日
代表者      :代表取締役 田中 義剛
URL         :http://www.hanabatakebokujo.com

■Inagora株式会社 概要
本社         :東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ3F
設立         :2014年12月15日
代表者      :代表取締役 翁 永飆
URL         :http://inagora.com/

Inagora株式会社は、キングソフト株式会社(https://www.kingsoft.jp/) 代表取締役である翁 永飆と、美容家でありMNC New York株式会社 代表の山本 未奈子と共に2014年12月に設立されました。

スマートフォンに特化した「ライフスタイル提案型」の新しいショッピングスタイルの提供を目指しております。さらに、中国向け越境ECプラットフォームを提供することで、Made in Japanの価値ある良い製品を、各業界において影響力のあるオピニオンリーダーが発信し、日本のライフスタイルを中国に向けて提案いたします。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Inagora株式会社
  4. >
  5. 中国オンライン独占販売で花畑牧場と業務提携